あらすじ

「ミステリと言う勿れ」9話あらすじネタバレ・喜和の事件の真相とは?

月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」9話のあらすじをネタバレします。

ミステリー会参加者の観察を続ける整は、ある違和感に気づきます。

そんな中、整がカレーを作ることになり…。

「ミスなか」9話のあらすじネタバレや感想、動画配信などをご紹介していきます。

「ミステリと言う勿れ」8話あらすじネタバレ・別荘で起きた事件とは?月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」8話のあらすじをネタバレ。天達に誘われて風呂光とともにミステリー会に参加することになった整。「ミスなか」あらすじネタバレや感想、動画配信などをご紹介。...

↓2週間無料でお試し↓

「ミステリと言う勿れ」9話あらすじ

https://twitter.com/thetvjp/status/1500796401738936321?s=20&t=Ose0GwbD3xKC2Mzrtx2ugA

「ミステリと言う勿れ」9話のあらすじネタバレを、お伝えします。

ガレージに閉じ込められる整と風呂光

天達(鈴木浩介)に誘われてミステリー会に参加した整(菅田将暉)と風呂光(伊藤沙莉)。

朝、参加者たちが雪かきをしている際に、事件の日も雪が積もっていて、裏口まで犯人の足跡がありカギも壊されていたことや、玄関の周りだけ雪かきされていて犯人の足跡の一部が消されていたことを聞きます。

一方、風呂光は庭のキョウチクトウが数本折れていることを発見。

その後、ガレージで片付けをしていると停電でシャッターが開かなくなり、閉じ込められてしまう整と風呂光。

橘高(佐々木蔵之介)のテントからランタンを借りようとして、そこにあった山荘付近の地図を眺める整。

山荘の中でも停電に気づき、天達と橘高が外の様子を見に行くと電線が雪の重みで切れてしまっていました。

天達たちが気づいてくれて外に出ることができた整と風呂光でしたが、復旧が夕方になるとのこと。

昼食に整がカレーを作ることになり、作りながらも参加者たちを観察していてスリッパと食器類の数が参加者の数よりも1つずつ足らないことに気づきます。

嘘をついている人間は?

橘高がワインを飲もうと提案すると、整は突然それを制止。

さらに、天達にゲームがまだ続いているのかと尋ねると、続いていると答える天達。

その上で、天達から頼まれた「嘘をついている人」は橘高だと指摘します。

山荘に到着した時に「冬に来たことがない」と言った時や他にも2回鼻を触ったことに触れ、それは嘘をつく時の行動だと説明する整。

風呂光も、逆に橘高が蔦(池内万作)のゲームに対して不謹慎だと激高した時は嘘をついていなかったと指摘。

喜和(水川あさみ)の事件に触れられたくなかったのは、橘高自身なのではないかと言う風呂光。

すると、天達も、事件の際に山荘には来ていないにも関わらず、現場の様子を熟知していることに言及。

「あの日の朝に時間を巻き戻せたら」との発言も、犯行に関わる行動をしているからこその言葉だと整に指摘されると、観念したように話し始める橘高。

喜和の事件の真相

事件の朝、喜和から電話があり、高校時代の友人・若宮から電話があったら居場所を教えて欲しいと頼まれた橘高。

その後、友人だと名乗る男性からの電話を受けた橘高は、相手が名乗る前に「若宮さんですね」と聞いて住所を教えてしまいますが、それがストーカーだったのです。

そのことに気づいた橘高が慌てて別荘に向かうと部屋の中は煙が充満していて、窓から見ると男と喜和は既に亡くなっていたのでした。

自分のミスを隠すために、自分の足跡とともに犯人の足跡の一部も消してしまったと告白。

すると、それまで黙って聞いていたデラ(田口浩正)とパン(渋谷謙人)が、最近西東京市で起こっている3件のストーカー殺人について話し始めたかと思うと、自分たちは刑事の奥寺と小麦だと打ち明けます。

3件とも犯人は非通知の電話により被害者の避難場所を知らされていて、橘高が務めている市役所ではストーカーやDV被害者の支援手続きのため避難場所も把握していることに言及。

喜和の事件も酷似していたことから橘高が関係者だと分かり、天達たちに捜査協力の要請をしてミステリー会が開かれたのでした。

追及された橘高は開き直り、喜和のことで後悔しているうちに疲れ果て、母親の介護のストレスも加わって犯行に及んだと告白。

すると、整は「やっと動機が分かりました」と口にします。

「ミステリと言う勿れ」9話の結末

https://twitter.com/fujitvview/status/1500561861661667330?s=20&t=Ose0GwbD3xKC2Mzrtx2ugA

「ミステリと言う勿れ」9話の結末のあらすじをネタバレします。

透明人間

結末をチェックする

整は、橘高がこのミステリー会で透明人間になろうとしていたと言い、食器やスリッパが6人分であることやベッドを使わずテントで寝たこと、常に手袋や帽子を身に着けていて自分の痕跡を残さないようにしていたと指摘。

それは、6人を天達による無理心中と見せかけて殺害する計画を進めていることを意味していました。

来る際は蔦の車の後部座席でずっと寝ていたためカメラには映っておらず、帰りは暗渠を通って行くつもりだった橘高。

さらに、途中天達に自分のスマホに電話をかけさせたのも、自宅に置いてあるスマホへの着信で東京にいることが証明できるから。

おまけに、別の山荘で一家4人がキョウチクトウの煙で無理心中した事件が起きていて、それも橘高による予行練習だったことが判明します。

整は、喜和の事件は橘高のせいではないし、ミスをしたことが問題ではなくそれを言えなかったことが問題なのだと告げます。

話していれば他の事件を起こすことも無かったし今日別荘に来ることも怖くなかったのではないかと言うと、憑き物が落ちたように涙を流す橘高でした。

後日、大隣総合病院に立ち寄った風呂光はライカ(門脇麦)を見かけますが、突然その場に倒れてしまいます。

すぐさま看護師が駆けつけ「千夜子さん」と呼びかけていると、気づいたライカはそれまでの人とは違うようにおどおどとした様子で運ばれていくのでした。

「ミステリと言う勿れ」を最新話まで観る


「ミステリと言う勿れ」9話の感想と視聴率

https://twitter.com/not_mystery_/status/1500743768072343552?s=20&t=Ose0GwbD3xKC2Mzrtx2ugA

「ミステリと言う勿れ」9話の感想や視聴率をお伝えします。

「ミステリと言う勿れ」9話の感想

9話の感想

佐々木蔵之介さん、ラストの演技はさすがでしたね。

整の言葉はいつも心の奥深いところに優しく触れる感じで、だからこそみんな救われるのでしょうね。

後悔やストレスがあそこまで人を凶悪にしてしまうのだと最初は驚きましたが、凶悪ではなく怖かったんですよね。

プライドが高く自分に自信があるからこそ評価を落としたくない。

でもそれがストレスをためることになってしまうのでしょう。

またしても、いろいろ考えさせられるエピソードでした。

「ミステリと言う勿れ」9話の視聴率

「ミステリと言う勿れ」9話の視聴率は、11.6%でした。

  • 1話:13.6%
  • 2話:12.7%
  • 3話:13.2%
  • 4話:13.3%
  • 5話:10.0%
  • 6話:10.2%
  • 7話:12.3%
  • 8話:10.6%
  • 9話:11.6%

「ミステリと言う勿れ」9話の見逃し動画配信は?

https://twitter.com/not_mystery_/status/1500667735558148097?s=20&t=_Q6dFb-xScIvwbc7VdkgOQ

「ミステリと言う勿れ」9話を見忘れてしまった方のために、情報をお伝えしたいと思います。

フジテレビの公式オンデマンドFODでは、期間限定で無料で見逃し動画配信しています。

配信期間が終了した後も、フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】で初回2週間の無料おためしで視聴できます。

↓2週間無料でお試し↓


 

期間内であれば「ミステリと言う勿れ」はもちろん、他の気になるドラマや映画なども観ることができますよ。

期間終了までに解約すれば、料金はかかりません。

もちろん継続することもでき、月額976円(税込)で見放題です。(ポイント対象作品を覗きます)

※2022年3月現在の情報です。

「ミステリと言う勿れ」9話あらすじネタバレ感想・まとめ

月9「ミステリと言う勿れ」9話のあらすじネタバレや感想、動画配信についてご紹介しました。

怪しい人物ばかりのミステリー会でしたが、ラストは少し切ない展開でした。

残りも少なくなってきて、寂しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)