MENU
ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~ PR

ONE DAY2話あらすじネタバレ・誠司には別の名前が?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話のあらすじをネタバレします。

逃亡している容疑者が学生時代の知り合いであることに気づく桔梗。

一方、誠司は柚杏とともに蜜谷に会うべく警察署に向かい…。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話のあらすじネタバレや感想などをご紹介していきます。

ONE DAY1話あらすじネタバレ・記憶喪失で逃亡を続ける誠司月9ドラマ「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」1話あらすじネタバレ。目覚めると男の死体を見つけ逃走する誠司。一方クリスマスディナーの準備中だった時生は誠司の姿を見て…。「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」1話あらすじネタバレや感想をご紹介。...

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話あらすじ

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話のあらすじネタバレを、お伝えします。

蜜谷に会いに行く誠司

発砲殺人事件の容疑者である誠司(二宮和也)が、学生時代の知り合いであることに気づいた桔梗(中谷美紀)。

社長の命令に逆らって事件の特集を組むべく、大学時代の知り合いに探りを入れ始めます。

その頃、記憶を失ったまま謎の女性・柚杏(中村アン)と行動をともにしていた誠司は、警視庁組織犯罪対策部監理官の蜜谷(江口洋介)に会うために横浜警察署に向かっていました。

到着するとそこにはマスコミが押し寄せていて、愛犬のフランを探して回っている謎の男・真礼(佐藤浩市)の姿も。

桔梗の指示で横浜警察署前で査子(福本莉子)と待機していたカメラマンの国枝茂雄(梶原善)に、フランを知らないかと話しかける真礼。

一方、警察署前で帰ろうとする柚杏に誠司が素性を尋ねると名刺を渡され、そこにはフリージャーナリストと書かれていました。

蜜谷には気をつけるようにと忠告されて柚杏と別れた誠司は、報道陣に紛れて警察署内に入り込みます。

警察署内で蜜谷と対面

局に戻ると、スタッフの前島洋平(加藤諒)から都内の洋食屋で拳銃が見つかったとの一報が入ったことを知らされる桔梗。

「葵亭」という店名を聞いたデスクの黒種草二(大水洋介)が査子の父親が経営する店だと気づきます。

既に一報を受けた他の報道陣が「葵亭」に押しかけていましたが、すぐさま桔梗は査子に電話をし、時生(大沢たかお)に取材を受けないように伝えて欲しいと依頼。

「スクープとってきて!」と桔梗から言われた査子は、俄然やる気を起こし「葵亭」に向かいます。

制作局長の折口(小手伸也)から事件特集はやらないよう命令を受けていた黒種でしたが、桔梗に伝えるタイミングを失ったままで…。

一方、誠司の行方を手下の牧瀬に追わせていたミズキ(中川大志)は、誠司が横浜警察署の中に入ったという知らせを受けて警察署前にいる牧瀬と合流。

その頃誠司は、不審者として署員に発見された真礼が質問されている隙に蜜谷のいる部屋にたどり着いていました。

蜜谷は誠司の顔を見るなり「何でやったんだ?」「何があった?」と尋ねてきて、何も覚えていないことを伝える誠司。

そこにカレンが現れたため蜜谷を殴って咄嗟に逃げる誠司でしたが、誠司が警察署に来たことに違和感を覚えたカレンは蜜谷を追及。

すると、容疑者の名前が「勝呂時誠司」であることを告げる蜜谷。

社長の筒井(丸山智己)に呼び出された桔梗は折口とともに社長室に行き、容疑者が学生時代の知り合いであったことを報告。

すると折口は「スクープ」だと前のめりになりますが、この局に報道は必要ないため認められないと却下する筒井。

ミズキと合流する誠司

出口が封鎖されたため非常口から屋上に逃げた誠司でしたが、怪しんだカレンが追ってきます。

行き場を失った誠司は仕方なく隣のビルに飛び移り、カレンの追跡を逃れるのでした。

その頃、スクープをとるため「葵亭」で取材をしていた査子は、デミグラスソースが無くなってしまったのにクリスマスディナーを出すのかと時生に尋ねていました。

クリスマスイブの日に生まれた査子でしたが、その日は同時に母親が亡くなった日でもあるため複雑な思いを抱えていた査子。

ですが、母親は査子を産むことが願いでもあったため、クリスマスはわが家にとっていい日なのだと答える時生。

一方、誠司はミズキと牧瀬が待機する車を見つけていて、車に乗り込み警察署から離れることに成功。

局に戻った査子が「葵亭」での取材映像を桔梗に見せると、取材を受ける梅雨美(桜井ユキ)の後ろに映った時生の顔を見て驚く桔梗。

その「葵亭」ではクリスマスディナーのためのソース作りに試行錯誤していましたが、上手くいかず苛立った時生がつい愚痴をこぼしたことで自分自身がデミグラスの鍋を倒したことをカミングアウトしてしまい…。

ミズキとともに事務所に戻った誠司は、記憶は戻っていないことを伝えるとともにミズキを必要としていると告げ、見張りやGPSで自分を追うなとけん制するのでした。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話の結末

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話の結末のあらすじをネタバレします。

ミズキのもとに戻った誠司は?

結末をチェックする

鍋を自分が倒したことがバレ、梅雨美や菊蔵(栗原英雄)、細野(井之脇海)から責められる時生。

事務所の外にいた柚杏に会いに行った誠司は、蜜谷に会えたことや自分のことを知っていたことを報告。

再度会うつもりだと言うと誠司が犯人だとは思ってないと答え、蜜谷のことで何か分かったら教えて欲しいと言い立ち去る柚杏。

局では、折口が事件特集は組まずクリスマス特集を放送するとスタッフたちの前で報告し、桔梗も了承済であることを伝えていました。

納得がいかない査子が桔梗の意思を確認すると、自分の責任で事件を報道するつもりであると答えます。

その答えに査子は自分も手伝いたいと申し出て、桔梗の制止を聞かず一緒にスクープをとりましょうと言うのでした。

そんな査子の耳元に「天樹勇太」と囁き、それが逃亡中の犯人の名前だと教える桔梗。

柚杏と別れ、警察署内での蜜谷とのやり取りを思い返す誠司。

実は、カレンが部屋に近づいてきたため、咄嗟に自分のことを殴って屋上に逃げるようにと指示したのは蜜谷本人だったのです。

その時の蜜谷の声は、誠司がクリングル号記念公園で目覚めた直後にかかってきた電話の声と同じだと気づく誠司でした。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話の感想

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話の感想をお伝えします。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話の感想

2話の感想

「勝呂時誠司」とは仮の名前なのでしょうか。

桔梗が知る学生時代の知り合いが同一人物であれば「天樹勇太」というのが本名のようですが、その辺りは次週に持ち越しです。

フリージャーナリストと名乗った柚杏ですがまだ謎も多く、さらに真礼に至っては挙動が謎過ぎます。

蜜谷と誠司の関係も分かりませんし、ミズキが誠司を必死に追ったり見張ったりと固執する目的も謎。

さらに、桔梗は時生のことを知っていそうですし、3人とも何らかの形で繋がりがあるのでしょうか。

クリスマス1日のことをワンクールで描くだけあって、進み方がスローテンポでなかなか謎が解明されません。

蜜谷と知り合いであることや誠司を逃がそうとしたことから考えると、もしや誠司は警察組織の人間だったり?

あの身軽な身のこなしからも、只者ではなさそうです。

「ONE DAY~聖夜のから騒ぎ~」2話あらすじネタバレ・まとめ

2話でもニノのアクションシーンが登場し、見ごたえある展開でした。

謎の男や女の正体はまだまだ謎が多く、今後メインキャストとどう関わっていくのか見ものです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)