あらすじ PR

ブルーモーメント8話あらすじ・灯が5年前に危険区域に向かった訳とは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「ブルーモーメント」8話のあらすじをネタバレします。

晴原を庇って土石流に飲み込まれた上野が命を落とし、SDMは活動停止に。

そんな中、気象予報士の試験に合格した雲田が、危険な雷が発生すると予測し…。

「ブルーモーメント」8話のあらすじネタバレや感想をご紹介していきます。

ブルーモーメント7話あらすじ・進路を変えた土石流が襲った先は?ドラマ「ブルーモーメント」7話のあらすじをネタバレ。5年前の豪雨の際に灯と一緒にいた上野は、晴原に当時のことを告白。そんな中、海上竜巻により気象観測船と漁船が接触事故を起こし...。「ブルーモーメント」7話あらすじネタバレや感想をご紹介します。...

「ブルーモーメント」8話あらすじ

「ブルーモーメント」8話のあらすじネタバレを、お伝えします。

5年前の真相を打ち明けるひかる

土石流の巻き込まれそうになった晴原(山下智久)は、目覚めると自分を庇って土石流に飲み込まれた上野(平岩紙)のもとへ。

優吾(水上恒司)らが見守る中上野の手を握る晴原でしたが上野の手は力が抜けてしまい、時刻を読み上げて亡くなったことを告げる早霧(夏帆)。

重い空気が流れる中でひかる(仁村紗和)が口を開き、5年前に何が起こったのかを話し始めます。

5年前、灯(本田翼)と一緒に避難所にいた上野のもとに、海斗(石塚陸翔)が保育園に残っていると連絡が入ります。

保育園は危険区域にあるためすぐに迎えに行こうとする上野でしたが、避難の際に足を負傷していたため灯が行くことに。

その保育園で保育士として働いていたひかるはもう1人の園児と3人で避難しかねていて、迎えに来た灯とともに避難を開始。

園児を抱っこして懸命に走っている最中に氾濫した川に飲み込まれそうになり、その際に海斗を抱っこした灯とはぐれてしまいます。

ひかると園児はどうにか助かったものの、灯は自分のレインコートで海斗を高い木に縛り付けて助けようとして亡くなってしまったのでした。

その後SDMは活動停止となり、3か月後には気象予報士の試験に合格した雲田(出口夏希)がTVのお天気コーナーに出演していました。

一方、上野が亡くなったことを引きずる晴原は緊急性のない研究で気を紛らわせていて、灯の死の真相を知り考えを変えた立花(真矢ミキ)から問われているSDM再開の意思も保留に。

そんな中、雲田は埼玉県で危険な雷が起こる可能性があると予測し、晴原に報告するものの研究で忙しいから自分で予測しろと言われてしまうのでした。

危険な雷を予測する雲田

テレビ局で藤村(田中圭)に雷のことを報告した雲田は、夕方のニュースで時間を割いて貰えないかと頼みます。

ですが、近々発表される内閣改造について新リーダーと言われている新島元樹(伊藤英明)をゲストに招いているため、枠は取れないと断られてしまいます。

さらに、予測に確実性がなければテレビでは流せないと言われ…。

諦めきれない雲田は山形(岡部大)に協力を仰ぎ、山形はひかるにも声を掛けます。

その頃、晴原のもとに上野の夫・雄介(是近敦之)から電話があり、灯に助けられた際のレインコートを見つけた海斗が居なくなったと相談されます。

すぐに外に探しに行くと海斗の姿を見つけ、SDMのメンバーに聞きたいことがあるのだと話す海斗。

SDM本部に晴原だけでなく優吾や早霧たちも集まり、5年前に自分を助けてくれた灯の顔を思い出したと告白。

上野もまた晴原を助けて命を落としたけれど、息子である自分のことは考えなかったのだろうかと問いかける海斗。

それに対し、灯が生まれたばかりの海斗を抱っこしながら大切な命の連鎖を守りたいと口にしたことに触れ、灯も上野も目の前の命を守ることしか考えていなかったのだと思うと答える晴原。

海斗と同じように苦しくて体が動かない時があると打ち明けると、海斗は上野が生前に残してくれた動画を流し始め…。

晴原が気象予測を再開

動画で上野は苦しみは財産で人を強くすると言い、どうしても苦しみに耐えらない時は大切な人に頼りまくるようアドバイスしていました。

見終えるた晴原が海斗が頼る人の中に自分も入れて欲しいと伝えると、晴原に抱き着く海斗でした。

海斗が帰ると、雲田は晴原に力を貸して欲しいと告げます。

天気予報は命を救うためにあるけれどそれだけでは救えない命があるからSDMが必要だと答え、すぐさま予測を開始。

その間に優吾は、晴原がSDMが必要だと言ったことを園部に報告。

その後、晴原は沢渡(橋本じゅん)と合流して現場に赴き、他のメンバーらも各地に散らばって水蒸気の観測データを集めます。

晴原が動き出したと聞いた藤村は内閣改造ネタだけは飛ばせないのだと二の足を踏みますが、晴原の熱い思いに言葉を返せず…。

その後も各地の観測データや気象状況と合わせ、埼玉県小束市を中心に危険な熱雷が発生すると絞り込んだ晴原。

流すかどうか決めるのはお前だと晴原からの報告を受けますが、新島がスタジオに現れたため頭を悩ます藤村。

「ブルーモーメント」8話の結末

「ブルーモーメント」8話の結末のあらすじをネタバレします。

SDM再始動?

結末をチェックする

考えた結果インタビューを飛ばして晴原との中継を放送し、新島に頭を下げながらも「たかが天気予報」と言われると声を荒げて「人の命に係わる問題だ!」と反論する藤村。

すると、人の命を守ることが最優先だと藤村の判断を支持し、自分もそのために政治家になったのだと告げる新島。

その後、予測通り危険な熱雷が発生しますが、晴原の建物内への避難呼びかけにより感謝の声がテレビ局に殺到。

SDMは再始動することになり、本部にメンバーが集まり再開を喜びあいます。

そこに藤村から電話が入りニュースを見ると、国家防災プロジェクトの工場でのガス爆発事故を受けて園部の責任が追及されていました。

さらに、住人らが緊急記者会見を開き、事故は人災だと主張し国を訴えると声を荒げていました。

そんな中、緊急アラートが鳴り響き、発生したばかりにも関わらず急発達する台風の目に緊迫した空気が流れるのでした。

「ブルーモーメント」8話の感想

「ブルーモーメント」8話の感想をお伝えします。

「ブルーモーメント」8話の感想

8話の感想

灯だけでなく上野まで失ってしまった晴原は、喪失感ハンパなかったです。

ですが、自分以上に苦しんでいるであろう海斗くんとの対話によって、乗り越えたのですね。

灯の5年前の行動の意味も判明し、バッシングも全て払拭することができました。

そして、SDM再開かと思いきや、まさかの園部さんへの追及でまたもや活動が危うくなりそう。

伊藤英明さん演じる新島議員が次週も登場するようで、晴原やSDMにとっては障害となりそうです。

山Pと伊藤さんの共演「ブザービート」以来なんですね!

また「ブザービート」観たくなりました。

「ブルーモーメント」8話あらすじネタバレ・まとめ

「ブルーモーメント」8話あらすじでした。

一時は解散の危機かと思われたSDMでしたが、海斗との再会をきっかけに上野の死から少しずつ立ち直る晴原。

ですが、新たな問題が勃発し、SDMは本格運用にこぎつけるのでしょうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)