あらすじ PR

ブルーモーメント9話あらすじ・観測史上最大級の台風が関東直撃?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「ブルーモーメント」9話のあらすじをネタバレします。

SDMが再始動する中で、園部が窮地に立たされます。

そんな中、観測史上最大級のスーパー台風が関東に近づいていると予測した晴原は…。

「ブルーモーメント」9話のあらすじネタバレや感想をご紹介していきます。

ブルーモーメント8話あらすじ・灯が5年前に危険区域に向かった訳とは?ドラマ「ブルーモーメント」8話あらすじをネタバレ。晴原を庇って土石流に飲み込まれた上野が命を落としSDMは活動停止に。そんな中、気象予報士の試験に合格した雲田が危険な雷が発生すると予測し...。「ブルーモーメント」8話あらすじネタバレや感想を紹介。...

「ブルーモーメント」9話あらすじ

「ブルーモーメント」9話のあらすじネタバレを、お伝えします。

観測史上最大級の台風が接近

上野(平岩紙)の死後活動を休止していたSDMが再始動した矢先、園部(舘ひろし)が国家防災プロジェクトのガス爆発事故により窮地に立たされます。

そんな中、観測史上最大級クラスの台風が発生し。

園部を訪ねた晴原(山下智久)は新島(伊藤英明)に呼び止められ、今後SDMを園部から引き継ぎたいと考えていると告げられます。

その後、SDM本部を訪れた園部は、晴原や優吾(水上恒司)らにガス爆発事故について隠ぺいはもちろん工場からのガス漏れは100%なかったと説明。

一方、台風のシュミレーションによると関東で260万人の避難者が出ると推測され、一都四県の指揮をSDMが執ることに。

晴原らは防災危機管理の責任者を集め上陸の2日半前からの避難を提案しますが、現実的に難しいし不確実な予測だと反論されてしまいます。

東京都の責任者である倉田英子(映美くらら)は、予想が外れた際に住民らの労力だけでなく莫大な損失が発生すると指摘し提案を保留に。

その頃、事故が人災だと主張する住民たちに説明するため、地域を訪れていた園部。

ですが、自治会長の北里健二(羽場裕一)を始め、住民らから猛反発を受けるのでした。

山形(岡部大)とひかる(仁村紗和)が、事故前にガスの臭いがしたとの証言を聞き出してきます。

ガス自体は無臭のはずなため、プロパンガスが流出したと推測する晴原たち。

ガス爆発事故の原因を調査

園部の疑惑を払拭するために、晴原たちも指揮車両で現場に駆け付けます。

台風の解析と並行し調査を行ったところ事故の直前に気温や気圧の変化があったことが判明し、放射冷却により工場の外からガスが漏れた可能性があると推測。

医師の調整協力を依頼した志賀(神保悟志)に一旦は断られたものの、再び会いに行った優吾は早霧(夏帆)が災害医療に長年携わっていた志賀の誇りを信じていることを伝えます。

そんな中、園部は会見を開き、疑惑の渦中にある自身のために台風に関してSDMが指揮を執ることに同意が得られないことに言及。

そのために自身の制作活動費の詳細を開示すると明言する園部。

園部の会見を目にした晴原らは、その後自分たちの本来の使命である台風の予測と事故原因についての調査を再開します。

その結果、ガスが漏れたと思われる建物が坂和公民館だと特定しますが、事故の際は改修工事中だったためあり得ないと職員から言われてしまいます。

ですが、防犯カメラ映像や改修工事の日報、ガスの使用履歴などを沢渡(橋本じゅん)らが手分けして収集するのでした。

ガス漏れを発生場所を特定する晴原

調査の結果、事故の2時間前に公民館からガス漏れが起こり、そのガスが低地にある工場に溜まっていき静電気による引火で爆発が起こったとみられました。

公民館に集まった住民らは改修工事中だからあり得ないと反論しますが、工事業者がガスの元栓を閉め切れていなかったと説明。

その証拠となるガスの使用履歴を提示し、納期の遅れに責任を感じた作業員の一人で北里の息子であるまさる(今井悠貴)が一人で作業を行っていたと防犯カメラの映像も見せる沢渡。

まさるは既に自分の責任ではないかと気づいていたものの、怖くて言い出せなかったとのこと。

ですが、晴原の言葉でまさるは謝罪し、園部からも工場の継続を検討してほしいと言われたため謝罪しながら継続を快諾する北里。

その後、園部が一都四県の責任者らとの話し合いの席にのぞむと、活動費の大半を防災プロジェクトに回していることに触れた倉田が全指揮系統をSDMに委ねることを了承。

さらに、優吾や早霧の言葉に動かされた志賀も、医師の調整に協力することに。

「ブルーモーメント」9話の結末

「ブルーモーメント」9話の結末のあらすじをネタバレします。

避難誘導中に地鳴りが?

結末をチェックする

台風周辺の水蒸気量に疑問を抱いていた雲田(出口夏希)でしたが、その原因が判明しないためヘリでの現地観測を行うことに。

台風上陸まで60時間を切り、広域安全避難のオペレーションや医師の協力要請なども進みます。

その頃、園部の前に現れた新島は、自身が離党することを打ち明けて一緒に党を立ち上げないかと誘っていました。

ですが、党を離れるつもりはないと断る園部。

一方、ヘリでの観測を行った結果関東に流入する水蒸気が多く、PRE(遠隔豪雨)が起きることが判明。

半日後に埼玉県の鷹江市と尾沼市で遠隔豪雨が起きる可能性が高いと予測し、SDMが緊急出動することに。

緊急で避難誘導も行われますが、避難時の群衆事故が多発し重軽症者も多数にのぼります。

2割が非難未完了の地域で河川の氾濫が予想され、5年前のことを思い出した晴原は居てもたってもいられず現場の避難誘導に向かいます。

ですが、その直後に地鳴りがしたかと思うと道路が陥没し、避難者らが巻き込まれて落下!

道路下の空洞化が原因で優吾ら消防班がすぐさま落下した救助を開始しますが、3名の心肺停止を確認したとの報告に言葉を失くす晴原たちでした。

「ブルーモーメント」9話の感想

「ブルーモーメント」9話の感想をお伝えします。

「ブルーモーメント」9話の感想

9話の感想

次から次へと襲い来る災害に、ハラハラしてしまいました。

確実な予測を行う必要があるというプレッシャーの中、予測や解析だけでなく現地での避難誘導まで行う晴原。

灯のことを思うと指揮車両の中でジッとしていることはできなかったのでしょうね。

遠隔豪雨に加えて道路の陥没まで引き起こしてしまう災害に、必死に誘導や救助を行う晴原や優吾たち。

ですが、その目の前で心肺停止という被災者が出てしまい、無力さを思い知ってしまいます。

全話を通して、自然災害の怖さを感じるとともに人間の無力さも感じてしまいました。

とうとう次週は最終回ですが、スーパー台風から避難者たちを守ることができるのでしょうか。

「ブルーモーメント」9話あらすじネタバレ・まとめ

「ブルーモーメント」9話あらすじでした。

緊迫する中での予測や避難にハラハラ。

そんな中で再び山Pのヘリシーンもみられ、見ごたえたっぷりな9話でした。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)