あらすじ

「イチケイのカラス」6話あらすじネタバレ・前科6犯の窃盗犯が盗んだものは?

月9ドラマ「イチケイのカラス」6話のあらすじをネタバレします。

12年前の事件の関係者宅に空き巣が入った事件を担当することになるみちお。

いつものように職権を発動して調べるみちおでしたが…

「イチケイのカラス」6話のあらすじネタバレや感想、動画配信などをご紹介していきます。

「イチケイのカラス」5話あらすじネタバレ・石倉の初恋相手が事件現場に?月9ドラマ「イチケイのカラス」5話あらすじをネタバレ。バレエ団の代表が起こした傷害事件の関係者が石倉の中高生時代の同級生で初恋相手?「イチケイのカラス」5話あらすじネタバレや感想、動画配信などをご紹介。...
月9「イチケイのカラス」放送日・キャスト・相関図・原作あらすじ・主題歌フジ系月9ドラマ「イチケイのカラス」がスタート。竹野内豊さんが久々に月9の主演を務めることで話題に。「イチケイのカラス」のキャストや相関図、原作やあらすじ、主題歌などの情報をお届けします。...

↓2週間無料でお試し↓

「イチケイのカラス」6話

「イチケイのカラス」6話のあらすじネタバレを、お伝えします。

被害者は12年前の事件の関係者?

前科6犯の岸田茂(バカリズム)が、オメガ会計事務所所長の志摩総一郎(羽場裕一)宅で現金113万円奪った事件を担当することになるみちお。

岸田は犯行後に自転車を盗んで逃走したものの新聞配達員と接触事故を起こし自首。

第1回公判で、お金が余っている家しか狙わないことや人は絶対に傷つけないことなどの泥棒の美学について饒舌に語る岸田。

その一方で、逃走用の自転車を事前に用意していなかったことを指摘すると、急に口が重くなります。

第2回公判で接触事故を起こした新聞配達員から事情を聞くと、岸田が逃走時にかなり重そうな荷物を持っていたと証言。

荷物の中身について岸田を追及しますが、泥棒に必要な道具とだけ答えて言葉を濁ししたため防犯カメラの映像を確認すると告げるみちお。

公判後、千鶴はみちおに12年前の事件のことについて尋ねます。

岸田が盗んだものとは?

みちおが弁護士として最後に扱った事件は、東丸電機の経営戦略部長である布施元治(中野剛)が研究員の仁科壮介(窪塚俊介)とトラブルになり殺害された事件でした。

ですが、仁科が現場に来た時には布施は既に亡くなっていたと主張し、現場から走り去る不審な男も目撃していました。

弁護士であるみちおはその男が志摩の可能性が高いことを調べ上げ、証人尋問を要請したものの日高はそれを却下。

その結果、無期懲役を言い渡された仁科は、その後「私は無実です」との遺書を残して自殺したのでした。

一方、防犯カメラの映像を調べていたところ、他にも映像を見せて欲しいと現れた人物がいたことが判明。

その男とは新聞記者の真鍋伸で、数日前に誰かに突き飛ばされて階段から転落し脳死状態であるとのこと。

みちおは職権を発動すると言い、裁判所主導で捜査をすることになります。

防犯カメラの映像から割り出した結果、岸田は志摩の家から20㎏程度の物を盗み出していることが判明。

それが現金であるならば2億円相当。

圧力をかけられる井出たち?

 

真鍋の妻から、真鍋が事件前に元国税庁官僚の志摩が天下りのコーディネーターの役割を担っていたことについて調べていたと聞き出すみちおたち。

さらに、岸田の取調べを担当した小宮山(テイ龍進)が送検を急がせたことも判明し、取調べの録画映像を提出するよう要請したものの不見当と答える小宮山。

そこに、次長検事の中森(矢島健一)までが現れて、城島たちに圧力をかけてきます。

第3回公判で岸田に盗んだ物について追及すると、壺を盗んだものの模造品だったと証言します。

証人尋問で志摩に壺について尋ねますが、盗まれたことも気づかなかったと答えた上にみちおにからんでくる志摩。

その後、小宮山の事務官から検察が警察よりも先に岸田を発見しようとしていたことを聞き出した井出。

真鍋が亡くなってしまい、事件前に釣りに行っていたようだと聞いたみちおたちは真鍋の友人に会いに行きます。

「イチケイのカラス」6話の結末

「イチケイのカラス」6話の結末のあらすじをネタバレします。

真鍋の船から見つかったものとは?

結末をチェックする

第4回公判で小宮山を呼び、事件後に元検察官で現在弁護士の畠山が警察よりも先に岸田と接触していたことに触れる駒沢。

その後、岸田を証言台に立たせたみちおは、盗んだのが2億円ではないかと指摘します。

傍聴席に座っている真鍋の妻を見るように促し、真鍋が岸田の事件を調べている最中に何者かに突き落とされて亡くなったと告げるみちお。

それは、人を傷つけないという岸田のポリシーに反するのではないかと言及。

すると、観念したように2億円を盗んだことを自白します

表に出せないお金だと察して盗んだものの畠山から1000万円で買収されたと告白し、真鍋の妻に対し頭を下げる岸田でした。

その後、真鍋の船から見つかったUSB内に志摩の事務所が扱う大手企業の脱税の可能性がある裏帳簿が見つかり、逮捕される志摩。

そこには、12年前に東丸電機が脱税していたことも記されていたのでした。

 

「イチケイのカラス」を6話~最新話まで観る


「イチケイのカラス」6話の感想と視聴率

「イチケイのカラス」6話の感想や視聴率をお伝えします。

「イチケイのカラス」6話の感想

12年前のことがかなり明らかになってきて、動き始めたという感じでした。

みちおが弁護士から裁判官になった理由もハッキリし、立ち向かおうとしているものの大きさも判明。

日高がどこまで関わっているのかは分かりませんが、みちおのことを信頼し始めている千鶴にとっては板挟み状態ですね。

窃盗事件をきっかけにして、脱税や12年前の事件にまで波及していくというのは繋がりもスムースです。

次週以降、12年前の事件の真相を明らかにすべく、みちおの行動も加速していきそうです。

 

↓イチケイのカラス原作を読む↓

「イチケイのカラス」6話の視聴率

「イチケイのカラス」6話の視聴率は、13.4%でした。

  • 1話:13.9%
  • 2話:10.5%
  • 3話:12.7%
  • 4話:12.4%
  • 5話:12.3%
  • 6話:13.4%

12年前の事件のことが、少しづつ明らかになってきました。

殺害した犯人は、一体誰なのでしょうか。

「イチケイのカラス」6話の見逃し動画配信は?

「イチケイのカラス」6話を見忘れてしまった方のために、情報をお伝えしたいと思います。

フジテレビの公式オンデマンドFODでは、期間限定で無料で見逃し動画配信しています。

配信期間が終了した後も、フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】で初回2週間の無料おためしで視聴できます。

↓2週間無料でお試し↓


 

期間内であれば「イチケイのカラス」はもちろん、他の気になるドラマや映画なども観ることができますよ。

期間終了までに解約すれば、料金はかかりません。

もちろん継続することもでき、月額976円(税込)で見放題です。(ポイント対象作品を覗きます)

※2021年5月現在の月額料です。

「イチケイのカラス」6話あらすじネタバレ感想・まとめ

月9「イチケイのカラス」6話のあらすじネタバレや感想、動画配信についてご紹介しました。

次長検事まで出てきて圧力をかけられたみちおでしたが、イチケイのメンバーも含め屈することなく事件を裁いたのはさすがでした。

12年前の事件についても、今後どんどん明らかになっていくのだと思います。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)