シャーロック

シャーロック【月9】1話あらすじ・感想・考察~パセリとバターが伝えた愛~

月9「シャーロック」がスタートしました。

ディーンフジオカさんや岩田剛典さんのコンビネーションが、初回から絶妙でした。

「シャーロック」1話のあらすじや感想、考察を書いていきます。



シャーロック1話のあらすじ

「シャーロック」1話のあらすじを、ご紹介します。

医師が転落死

都内の病院で、医師・赤羽栄光の転落遺体が見つかります。

夜勤の看護師・麻里が第一発見者で、その後駆けつけた警備員・石井が通報し、警察が駆けつけます。

石井や麻里に事情聴取をしていた江藤たちでしたが、そこに獅子雄が現れます。

獅子雄は2人の矛盾点を指摘し、赤羽が精神科の薬を飲んでいたことを聞き出します。

その直後、部屋を出て行く若宮を不審に思った獅子雄は、後を追って部屋まで行きます。

生前の赤羽の様子や精神状態を尋ねると、一般的な疲労によるものだと説明します。

獅子雄の部屋に江藤が訪ねてきて、捜査状況を説明します。

赤羽の死因などを述べた後、胃の内容物を伝える江藤。

バターとパセリだけだと聞かされた獅子雄は、その謎に興味深そうに食いつくのでした。

赤羽と若宮の関係

赤羽の家を訪ねた獅子雄たちは、妻の汀子から赤羽について聞き出します。

赤羽の父は大学教授をしていて、格差を感じる汀子は肩身の狭い思いをしていました。

嫁として認められようと家事をこなし、4歳の娘の育児にも熱心で、左利きを矯正したり食事を残さず食べるようしつけていたのでした。

その後、赤羽の出身大学を尋ねた獅子雄は、赤羽と若宮が入っていたサークルについて調べます。

するとその中に、1人だけ医師になっていない人物がいることに気づきます。

郡司というその男性について麻里に確認すると、赤羽を訪ねてきた相手であることが判明します。

同僚たちと共に赤羽に線香をあげに来た若宮。

外で江藤たちが見張っていると、突然何かが割れる音がします。

慌てて中に入ると、怯えて泣いている汀子と、うろたえる若宮がいました。

若宮が帰った後、以前若宮から告白されたことがあると告げた汀子は、アルバムの写真を見せます。

赤羽と汀子、若宮が写ったその写真は、若宮の顔が破り取られていて、赤羽が嫉妬から破ったのだろうと言う汀子。

任意同行を求められる若宮

若宮の部屋を訪ねた獅子雄。

郡司に最近会ったかと聞きますが、卒業後は付き合いがないと答えます。

赤羽の娘が折っていた鶴の折り紙が、ファミレスで貰ったものだと知った獅子雄。

レオに、赤羽の家族がファミレスを訪れた日について調べるよう指示します。

一方、赤羽家所有のクレオパトラ号を調べた獅子雄は、赤羽と共に汀子と郡司が乗船していたことを突き止めます。

江藤に電話をすると、若宮が任意同行に応じたことを知らされます。

若宮が犯人だと思っている江藤に、汀子に捜査が進展していて解決も時間の問題だと伝えるように支持します。

獅子雄の指示通り汀子に連絡すると嬉しそうに微笑み、よそいきに着替えて娘と出掛ける汀子。

その頃獅子雄は、レオからファミレスの調査結果を聞いていました。

クレオパトラ号で

江藤に、若宮を釈放するよう指示する獅子雄。

出てきた若宮と合流した獅子雄は、汀子と会う約束をするよう言います。

翌日、クレオパトラ号で汀子と会った若宮。

大学時代、サークルで郡司の親の知り合いから医師国家試験の問題を聞き出し、不正をして医師になった若宮たち。

ですが郡司だけが受からず、そのことで赤羽を脅迫していたのでした。

その話を汀子にすると、郡司をクレオパトラ号に誘い、2人で手にかけたことを告白します。

「赤羽は誰が?」と言い、その場に崩れる若宮。

汀子に出された飲み物には、睡眠薬が大量に入っていたのでした。

若宮を海に投げ捨てようとした汀子でしたが、そこに獅子雄が乗った船が近づいてきて、クレオパトラ号に乗り移ります。

赤羽は娘に保険金を残すため、誰かに追われている芝居をし、自ら飛び降りたのだと言う獅子雄。

「証拠がない」という汀子に、死ぬ直前にファミレスで汀子と娘に会っていたことを話します。

汀子は焼き魚定食、娘はお子様ランチ、赤羽はドリンクバーだけを注文していました。

そこで娘が残したパセリにバターを付け、汀子に叱られないように代わりに食べてやったのでした。

病院を辞めた若宮の部屋に、荷物を持って訪れる獅子雄。

「一緒に暮らそう」と言うのでした。

シャーロック1話の感想・考察

「シャーロック」1話の、感想と考察を書いていきます。

思っていた以上に、ディーンフジオカさんのシャーロック役はハマってました。

共演の岩田剛典さんや佐々木蔵之介との相性もバッチリでしたし、ストーリーもテンポがあって面白かったです。

何より獅子雄のキャラクターが秀逸でした。

今までディーンフジオカさんの演技をちゃんと見たことがなかったのですが、三枚目もお似合いなことが判明!

2話以降も楽しみです。

ストーリーも、さすが本格ミステリーが原作だけあって、伏線も回収も正統派な構成でした。

ゲストキャストで未亡人を演じた松本まりかさんの悪女ぶりも、見ごたえがありましたね。

毎回豪華なキャストが出演するようで、今後のストーリーにも期待できそうです。

ラストで判明したパセリとバターのくだりには、切ない気持ちになりました。

シャーロック【月9】1話あらすじ・感想・考察~パセリとバターが伝えた愛~まとめ

月9「シャーロック」1話のあらすじと、感想や考察をしてみました。

キャストもストーリーも月9らしい仕上がりになっていて、次回も楽しみです。

ディーンフジオカさんの新たな魅力も発見できました♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA