あらすじ

「元彼の遺言状」4話あらすじネタバレ・誰が小説を読んだのか?

月9ドラマ「元彼の遺言状」4話のあらすじをネタバレします。

13年ぶりに新作を出版することになった小説家が、会見場で死体がある場所を公表。

その場所から本当に死体が発見されますが…。

「元彼の遺言状」4話のあらすじネタバレや感想、動画配信などをご紹介していきます。

「元彼の遺言状」3話あらすじネタバレ・殺人と放火の真犯人は?月9ドラマ「元彼の遺言状」3話あらすじをネタバレし。不動産屋の社長が殺され、疑われた第一発見者のホストから依頼の電話が入ります。「元彼の遺言状」あらすじネタバレや感想、動画配信などをご紹介。...

↓2週間無料でお試し↓

「元彼の遺言状」4話あらすじ

「元彼の遺言状」4話のあらすじネタバレを、お伝えします。

犯人が2人?

とある日、麗子(綾瀬はるか)はネットで企業の顧問弁護士について調べていました。

調べていくうちに目を付けたのは84歳の弁護士で、高齢なため引退も間近と睨み代わりに自分を売り込もうと画策していたのでした。

一方、篠田(大泉洋)は、敬愛するミステリー作家である秦野廉(宮田早苗)が13年ぶりに「胡桃沢啓二シリーズ」の最新作を発表することになり、オンライン配信されている記者会見を視聴。

すると、会見の場で「私は人を殺しました」と告白したため、いつもの読者への挑戦状だと受け取る篠田。

ですが、続けて死体があると告げた住所を警察が調べると本当に死体が発見され、会見場は大騒ぎになります。

その後、首を吊った状態で発見された男性・清宮浩平(岩永ひひお)の妻・加奈子(中島亜梨沙)が夫を殺したと自首してきて、犯人が2人という奇妙な状況に…。

秦野の本は白河出版から出版されると聞いた麗子は、すぐさま白河出版に篠田と向かいます。

先程目を付けていた84歳の弁護士が、まさに白河出版の顧問弁護士だったのです。

小説が人を殺す?

白河出版に到着すると、麗子と同じ魂胆でやってきた津々井(浅野和之)と遭遇。

マウントを取り合いながら一緒に出版社の担当編集者である吉村(夙川アトム)から事情を聞く麗子。

秦野が警察に連行されていると聞いて早速売り込む麗子と津々井でしたが、篠田の受け売りで秦野の作品に対する愛を力説した麗子が今回の事件の担当となることに。

麗子の働きで釈放された秦野は「甘い殺人」の生原稿を見せながら、夫の暴力に耐えかねた妻が自殺を装い殺すというストーリーであることを説明します。

「妻が夫の好物の最中に睡眠薬を混ぜ、眠ったところを背後から電気コードで絞殺した後ドアノブにかけて自殺に見せかける」というストーリーで、その原稿を秦野の家の家政婦である加奈子は会見の前の週に読んだとのこと。

殺人を加奈子から告白されたため会見場で公表した秦野は、殺人教唆の罪に問われる可能性もあると言及する麗子。

本来なら作品は発売直前まで読ませない秦野でしたが、13年前に書いた小説が酷評されたことが不安で加奈子に読んでもらったとのこと。

その話を聞いて、殺人教唆には当たらないと思われると安心する麗子。

娘の希と話をする麗子

事務所に紗絵(関水渚)が訪ねてきた際吉村からの知らせでTVをつけると、津々井が殺人教唆の可能性について言及していました。

ライバル出版社にお金を積まれたのだろうと言いつつ加奈子に接見した麗子が事情を聞くと、時間がなくて小説は読んでいないのだと答える加奈子。

安心して帰ろうとすると、刑事の橘(勝村政信)と松田(古屋呂敏)から呼び止められ、加奈子は誰かを庇っているのでは?と言い、娘の希(白鳥玉季)の存在を明かします。

加奈子たちが住んでいたコーポを訪れた篠田は、希と遭遇して事務所に連れて帰ってきます。

仕事から戻った麗子に「お母さんを助けてください」と言いますが、断る麗子。

黒丑(望月歩)の協力を得て、加奈子が勤めていた職場の同僚たちから加奈子たちが浩平から暴力を受けていたことや希が包丁を持ち出したことがあることなどを聞き出す篠田。

秦野の小説を読んだ篠田は、小説と事件の一致点が多過ぎることから犯人は小説を読んだ人物だと推察。

その後、白川出版で秦野と吉村に会った麗子は、秦野が殺人教唆の罪には問われないと断言し顧問弁護士の座を物にします。

希の告白

喜びながら出版社を出たところで橘から電話があり、加奈子が供述を変えたと知らされます。

すぐさま加奈子に会いに行くと、本当は小説を読み、その上でマネて殺人を実行したのだと泣きながら主張する加奈子。

事務所に帰ると希が訪ねてきていて、浩平を殺したのは自分で、加奈子は自分を庇っているのだと告白します。

さらに、これから1人で警察に出頭すると言い、歩きながら「担当の刑事が胡桃沢刑事みたいだったらいいな」とつぶやく希。

その言葉を聞いた麗子と篠田が理由を尋ねると「女の子には日本で一番甘い刑事さんなんでしょ」と答える希。

麗子は警察に行くのは明日にするように告げ、希が帰ってから篠田と2人で豚しゃぶを食べながら推理をするのでした。

「元彼の遺言状」4話の結末

https://twitter.com/modelpress/status/1521093393803264000?s=20&t=Tlcql7Ig-rWpLYL6DGge3Q

「元彼の遺言状」4話の結末のあらすじをネタバレします。

誰が小説を読んだのか?

結末をチェックする

夜、秦野の家を篠田と訪れた麗子は、加奈子は誰かを庇っているのではないかと指摘します。

すると、殺したのは小説を読んでしまった希だと答える秦野。

そのことに気づいた秦野は、浩平が殺された際に加奈子とそのことを話した上で2人だけの秘密にしようと約束したのだと打ち明けます。

加奈子の家に行ったことはないと言う秦野に、13歳の希が本当に小説の通りに浩平を殺すことができるのかと細かな違和感を指摘していく麗子と篠田。

殺す際に大きな物音がして隣人などに気づかれる恐れがあると指摘すると「あのアパートは電車や工事の音がうるさいから物音は気にならない」と答える秦野。

なぜ電車や工事のことを知っているのかと追及した上で、希は本当は小説を読んでおらず加奈子を庇うために読んだと嘘をついたのだと告げる篠田。

希はパティシエの「胡桃沢啓二」のことを音を聞いただけで読んでいないため「胡桃沢刑事」だと勘違いしていたのです。

観念した秦野は、加奈子の家をモデルに書いたことや加奈子か希のどちらかが読んで実行することを想定して小説を渡したと告白。

ですが、2人とも実行しなかったため、しびれを切らして自らが手を下したのでした。

その後「甘い殺人」は自主回収され、本格的に顧問弁護士の話が出るものの秦野の小説を侮辱する吉村の言葉にカッとなった篠田は、勝手に断ってしまうのでした。

 

「元彼の遺言状」を最新話まで観る


「元彼の遺言状」4話の感想と視聴率

「元彼の遺言状」4話の感想や視聴率をお伝えします。

「元彼の遺言状」4話の感想

4話の感想

秦野が怪しいことは想像がついたものの、殺人教唆ではなく実際に手をくだしていたとは…。

結局誰も小説を読んでいなかったというオチで、篠田には愛着のある小説なのでしょうが何だか切ないラストでした。

麗子の気持ちいいほどブレないお金への執着ですが、どこか冷酷にはなり切れないキャラクター、いいですよね。

真逆の篠田とのバディぶりも、さらに磨きがかかってきたようです。

「元彼の遺言状」4話の視聴率

「元彼の遺言状」4話の視聴率は、分かり次第お伝えします

  • 1話:12.1%
  • 2話:10.3%
  • 3話:10.3%
  • 4話:

「元彼の遺言状」4話の見逃し動画配信は?

「元彼の遺言状」4話を見忘れてしまった方のために、情報をお伝えしたいと思います。

フジテレビの公式オンデマンドFODでは、期間限定で無料で見逃し動画配信しています。

配信期間が終了した後も、フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】で初回2週間の無料おためしで視聴できます。

↓2週間無料でお試し↓


 

期間内であれば「元彼の遺言状」はもちろん、他の気になるドラマや映画なども観ることができますよ。

期間終了までに解約すれば、料金はかかりません。

もちろん継続することもでき、月額976円(税込)で見放題です。(ポイント対象作品を覗きます)

※2022年5月現在の情報です。

「元彼の遺言状」4話あらすじネタバレ感想・まとめ

月9「元彼の遺言状」4話のあらすじネタバレや感想、動画配信についてご紹介しました。

麗子と篠田のやり取りのテンポの良さが、今回も気持ちよかったです。

ですが、篠田はやはり何か訳ありのよう…。

正体が気になります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)