あらすじ

おっさんずラブ-in the sky-6話あらすじ・感想~新キャラ怜二の春っぴ呼び~

シノさんとお試しで一週間付き合うことになり、急展開な「おっさんずラブ-in the sky-」。

6話では獅子丸怜二という新しいキャストも加わり、ますます面白くなりそうな予感です。

しょっぱなから「春っぴ」と親し気に呼ぶキャラクターですが、一体何者なのでしょうか。

「おっさんずラブ」6話のあらすじと感想をご紹介していきます。

おっさんずラブ-in the sky-5話あらすじ・感想~成瀬に告白からのキス?~成瀬や春田の気持ちも動き始めたおっさんずラブ-in the sky-。5話では自分の気持ちに気づく春田が成瀬にキス?一方で四宮の気持ちも抑えが効かなくなってきました。ドラマおっさんずラブ5話のあらすじと感想をお送りします。...

おっさんずラブ6話のあらすじ

「おっさんずラブ」6話のあらすじをお伝えしていきます。

獅子丸怜二の加入

四宮からお試しで、四宮のプランで一週間過ごして欲しいと言われ受け入れる春田。

成瀬にキスしてしまったことも思い出し、動揺します。

 

根古に一週間お試しの話をすると、あっさり相手が四宮だとバレます。

そこに新しいCA・獅子丸怜二が加わります。

春田と同い年でドバイ航空にいたと言う怜二は、仕事ができる上に気さくで話しやすいキャラクター。

早速春田のことを「春っぴ」と呼び、なれなれしく接してきます。

そんな怜二の教育係を春田が担当することになります。

 

一通り案内した後、自分が男にばかりモテると打ち明ける怜二に「分かる」と同調する春田。

好きになるかどうかは人の問題で、男でも女でもいいと言う怜二でした。

 

怜二の歓迎会に来た緋夏は、春田にフラれたことを告白します。

春田のことをいいヤツだと感じていた怜二は、緋夏は見る目があると慰めるのでした。

黒澤と成瀬が協力

四宮の考えたプランが書かれたカードを、1日一枚ずつ引いて実行していく春田は、寮で四宮とオムライスを作ります。

その後も四宮と和やかに時間を過ごし今までと変わらない雰囲気に、付き合うことの意味を考えますが答えは出ません。

 

成瀬と食事をする黒澤は、春田が四宮と付き合っていることを聞かされて驚きます。

緋夏のために身を引いたと話しますが、流される春田のせいだと言う成瀬。

それに対し、付き合う気がないと言った四宮が悪いと言う黒澤と意見が対立します。

四宮を庇う姿を見て黒澤は、それは恋じゃないのかと言われて動揺する成瀬でしたが、お互い利害が一致していると協力体制を取る2人。

 

バッティングセンターを訪れた黒澤と成瀬でしたが、偶然にも春田と四宮が来ていました。

2人の話を盗み聞きしようとする2人でしたが、何も聞こえません。

仕方なくバットを振っていると、2人に気づく春田たち。

並んで座る4人に変な空気が流れる中、四宮と春田がお試しで付き合っていることに触れる黒澤。

それぞれに気まづい思いをしながらも、思いをぶつけながらバットを振る4人でした。

 

翌日、お客のチケットを預かりながら忘れてしまうという失態を犯す春田。

黒澤に励まされるものの、落ち込んでしまいます。

お試し終了


風邪気味の春田でしたが、怜二の初フライトのため無理して行こうとしますが、途中で倒れてしまいます。

行けると言う春田でしたが、倒れたのが機内なら保安要員としての役目も果たせないと厳しく言われてしまいます。

その後、初フライトに発つ怜二からも、元気を出すように励まされるのでした。

寮に戻った春田は、最後の四宮のプラン「手をつなごう」を実行します。

すると「俺は春田とは付き合わない」と言う四宮。

春田も、四宮に対しては先輩としての好意や友情としての感情しかなく、付き合えないと伝えます。

2人とも泣きながら、ありがとうと言うのでした。

成瀬の思いが動き出す

成瀬のところに話しに行った春田は、四宮に断ったことを報告し、成瀬に自分の気持ちを押し付けたことも謝ります。

落ち込む四宮のそばに行った成瀬は、四宮の手に触れながら「俺はお試しなんかいらないです」と言います。

「俺が忘れさせてあげる」と言いながら、四宮を押し倒してキスしようとする成瀬。

怒り出す四宮に、どうしてあげたらいいか分からないと告白するのでした。

春田が雨の中歩いていると、初フライトから戻った怜二と遭遇します。

顔を見て泣き出した春田を見て抱きしめ「頑張ったんだな、春っぴ」と言うのでした。

 

翌朝出勤した春田は、根古たちが騒いでいるのを見つけてPCを覗くと、怜二の写真の上に「執行役員」と書いてあったのでした。

おっさんずラブ6話の感想


「おっさんずラブ」6話の感想です。

どうなることかと心配したお試し一週間でしたが、やはり予想通り、シノさんの思いは届くことはありませんでした。

シノさんも一緒にいて、春田の気持ちが分かったからこそ辛かったでしょうね。

むしろ嫌いになってくれた方がスッキリするのでしょうけど、職場が同じだと難しいですね。

忘れることができるのかは分かりませんが、とりあえず思いを伝えられたのはよかったのかな~と思います。

 

強力なキャラの出現に、この先まだまだこじれていきそうな予感です。

獅子丸怜二という名前からして濃そうですが、執行役員で会社の組織改革を推し進めて行く怜二と、対立するのでしょうか。

既に春田に対して好意的な怜二が、4人の中にどんな風に絡んでいくのかも見ものです。

 

そして、シノさんに思いを伝えてしまった成瀬。

春田にフラれたばかりで受け止められるとは思えませんが、どんどん複雑になっていくことだけは確かですね。

 

おっさんずラブの全話を見返すならU-NEXTの無料トライアルがオススメ!


おっさんずラブ-in the sky-6話あらすじ・感想~新キャラ怜二の春っぴ呼び~まとめ


「おっさんずラブ-in the sky-」6話のあらすじと感想をお伝えしました。

新しいキャストが加わり、ますます波乱の予感しかありません。

春っぴ呼びもなんだか新鮮でした。

誰と誰がどうなるのか、目が離せない展開が次々と起こりそうですね。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)