あらすじ

塔の上のラプンツェルあらすじネタバレ・結末で刺されたフリンの運命は?

2010年に公開されたディズニーアニメ映画「塔の上のラプンツェル」。

原作はグリム童話で、プリンセス物の作品としても幅広く人気です。

塔の外の世界を冒険するラプンツェルはフリンと出会いますが、結末では結ばれるのかも気になりますね。

アニメ映画「塔の上のラプンツェル」の簡単なあらすじと、結末までのネタバレをしていきます。

 

↓塔の上のラプンツェルをU-NEXTの無料トライアルで観る↓


塔の上のラプンツェルの簡単なあらすじ

「塔の上のラプンツェル」の、簡単なあらすじをご紹介していきます。

主人公・ラプンツェルは、森の中の塔の上で、外の世界を知らずに18年間暮らしてきました。魔法の力がある長い髪を持つラプンツェルは、毎年自分の誕生日に空に浮かぶ光に魅せられ、外に出たいと思い始めます。

そんな中、盗みを働き指名手配されていたフリンが、塔に逃げてきます。ラプンツェルはフリンに頼み込み、外の世界への冒険へと踏み出すのでした。

↓塔の上のラプンツェル↓

塔の上のラプンツェルあらすじネタバレ・フリンと出会ったラプンツェル

「塔の上のラプンツェル」のあらすじをネタバレしていきます。

老婆ゴーテルによって塔に閉じ込められたラプンツェル。

指名手配中のフリンとの出会いで、初めて外の世界へ。

さらわれるラプンツェル

ある国に国王とお妃がいて、お妃は子供を授かりましたが病で倒れてしまいます。

お妃の病を治すためゴーテルという老婆が独り占めしていた魔法の花を探し出し、お妃に煎じて飲ませると、元気に女の子を出産。

女の子にはラプンツェルと名前がつけられますが、その髪に魔法の力を持っていたことからゴーテルがさらってしまいます。

さらわれたラプンツェルのため誕生日にはランタンを飛ばし、無事に戻る日を願っていました。

ゴーテルにさらわれた子供として育てられたラプンツェルは、外は危険だと教えられ塔の上に閉じ込められたまま18年間過ごしていました。

ただ一つ、誕生日に空にたくさん浮かぶランタンの灯りを見て、外の世界に憧れを抱くラプンツェル。

フリンとの出会い

お城でティアラが盗まれ、その犯人であるフリンとスタビントン兄弟は指名手配されます。

逃走途中にフリンはスタビントン兄弟を裏切り、1人でラプンツェルの塔に逃げ込んできますが、ラプンツェルにフライパンで殴られ気絶。

気絶している間にティアラを隠してしまい、ランタンが飛ぶ場所まで連れていくことを条件にティアラを返すと言うラプンツェル。

ゴーテルが出かけている隙に、ラプンツェルの21メートルもある髪を地上に垂らしてハシゴ代わりにし、塔から抜け出すのでした。

初めて見る外の世界に興奮する一方で、ゴーテルの言いつけを破った後ろめたさも感じるラプンツェル。

途中、フリンが見つかりそうになるものの、何とか逃げ切ります。

 

↓塔の上のラプンツェルをU-NEXTの無料トライアルで観る↓

塔の上のラプンツェルあらすじネタバレ・惹かれ合うラプンツェルとフリン

「塔の上のラプンツェル」のあらすじを、引き続きネタバレしていきます。

徐々に惹かれ合っていくラプンツェルとフリンですが、ゴーテルはラプンツェルを追ってきます。

惹かれ合うラプンツェルとフリン

徐々に打ち解け合い、次第に惹かれ合っていくラプンツェルとフリン。

ラプンツェルはフリンに、自分の髪に傷を癒す魔法の力があることを打ち明けます。

するとフリンは、自分の本当の名前がユージーン・フィッツハーバートで、孤独な過去を歩んできたことを告白するのでした。

二人はランタンの灯りが浮かぶ場所に辿り着きます。

ラプンツェルの18歳の誕生日を祝うため、国王たちがランタンを飛ばしていました。

空に舞い上がっていくランタンの灯りに魅せられるラプンツェル。

思いを遂げたラプンツェルはフリンにティアラを返そうとしますが、フリンはティアラよりもラプンツェルへの思いの強さに気づきます。

塔に戻るラプンツェル

ラプンツェルがフリンとともに塔を抜け出したことを知ったゴーテルが、スタビントン兄弟とともに二人を見つけ出します。

スタビントン兄弟に気づいたフリンは、ティアラを兄弟に渡そうと考えますが、気絶させられて捕らえられてしまうのでした。

スタビントン兄弟はラプンツェルを連れ去ろうとしますが、そこに現れたゴーテルによって助けられます。

フリンがティアラを持って逃げたと聞かされたラプンツェルは、ガッカリして塔に戻ります。

その頃、フリンは兵隊に捕まり死刑を宣告されていました。

 

↓塔の上のラプンツェルをU-NEXTの無料トライアルで観る↓


塔の上のラプンツェルの結末のあらすじネタバレ・刺されたフリンの運命は?

「塔の上のラプンツェル」の結末のあらすじネタバレをご紹介します。

塔に戻されたラプンツェルを助けに来たフリンですが、ゴーテルに刺されてしまいます。

ゴーテルに刺されるフリン

他の仲間により、何とか逃げ出すことができたフリンは、ラプンツェルの元に向かいます。

その頃、塔に戻ったラプンツェルは、城の様子を思い出しながら自分が王女であることに気づいていました。

ゴーテルにさらわれたことも分かり怒りをぶつけますが、逆に襲われてしまうラプンツェル。

そこに、塔に辿り着いたフリンの元に、ラプンツェルの髪が下ろされます。

助けに向かうため髪をつたって塔の上に上りますが、隠れていたゴーテルに刺されてしまうフリン。

ラプンツェルはゴーテルとずっと一緒にいることを条件に、自分の髪でフリンを助けさせて欲しいと懇願するのでした。

ラプンツェルの涙

フリンに近づき髪を巻き付けて傷を癒そうとするラプンツェルでしたが、フリンは自分の犠牲にするのを拒みラプンツェルの髪の毛を切ってしまいます。

たちまち魔法の力は消え、黒髪になるラプンツェル。

するとゴーテルは老婆の姿に変わり、苦しみながら塔の下へ落ちて行ってしまいます。

フリンの傷を癒すことができなくなった悲しみに、涙を流すラプンツェル。

その涙がフリンにこぼれ落ち、魔法の力で傷を癒したのです。

その後、ラプンツェルは無事城に戻り、改心したフリンとともに幸せに暮らすのでした。

 

↓塔の上のラプンツェルをU-NEXTの無料トライアルで観る↓


塔の上のラプンツェルあらすじネタバレ・結末で刺されたフリンの運命は?まとめ

「塔の上のラプンツェル」の簡単なあらすじとともに、結末までネタバレしてお届けしました。

魔法の力は髪の毛だけでなく、ラプンツェル自身に宿っていたのですね。

お互いが犠牲になっても相手を守りたいという気持ちが、奇跡を起こしたのでしょう。

ラプンツェルを利用したゴーテルでしたが、自分の若さのためだけでなく、ラプンツェルと一緒に暮らしたい気持ちもあったのだと思いたいです。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)