あらすじ

リメンバー・ミーあらすじネタバレ・結末でミゲルは死者の国から戻れる?

ピクサーによる長編アニメーションの「リメンバー・ミー」。

あらすじのネタバレが気になるところですが、どんな結末を迎えているのでしょう。

「リメンバー・ミー」は、生者と死者との間で紡がれる家族の絆が感動的に描かれた作品として、多くの人の涙を誘った作品です。

死者の国に行ってしまった主人公・ミゲルは、戻ってこられるのでしょうか。

「リメンバー・ミー」のあらすじを、結末までネタバレしていきたいと思います。

リメンバー・ミーあらすじネタバレ・死者の国に行ってしまうミゲル

リメンバー・ミーのあらすじをネタバレしていきます。

死者の日に、死者の持ち物を盗んでしまったことから死者の国に迷い込んでしまったミゲル。

生者の国に戻ることはできるのでしょうか。

ミゲルの祖先

メキシコでミュージシャンをしていたパパは、世界中に歌を届ける夢を叶えるため、ギター一つ持って出て行ってしまいます。

残されたママ・イメルダは娘を育てるため、音楽を禁止 し、靴づくりに励んだのです。

その靴づくりを娘や婿、孫たちにも引き継いでいき、そのおかげで靴屋は繁栄。

そして現在、ママ・イメルダの娘ママ・ココは既に年老いていましたが、ひ孫のミゲルたちと楽しく暮らしていました。

 

音楽は禁止の家系に育ちながらも、ミゲルはミュージシャンになるのが夢でした。

中でもエルネスト・デラクルスという伝説のミュージシャンに憧れていたミゲル。

ですが、祖母のエレナを始め家族みんなから音楽を止められ、屋根裏部屋でコッソリとデラクルスの曲を弾いていたのでした。

死者の日

年に1度の死者の日、先祖代々の写真が飾られる中、ママ・ココの父親の顔だけが切り取られていました。

ですが、その写真に写った父親はデラクルスと同じギターを持っていることに気づくミゲル。

喜んだミゲルは自分も音楽をやると言い出しますが、怒ったエレナはミゲルのギターを壊してしまいます。

絶望したミゲルは家を飛び出し、デラクルスが祭られている場所からギターを拝借してしまいます。

すると不思議なことが。

死者が骸骨に見えるようになり、生きている人からミゲルは見えなくなってしまったのです。

ヘクターとの出会い

ミゲルは、次々と集まってくる骸骨姿の自分の先祖たちと遭遇します。

先祖たちと一緒に死者の国に行ったミゲルは、写真が飾られていないために生者の国に行けないでいるママ・イメルダと合流。

呪いを受けてしまったミゲルは、生者の国に戻るためには先祖から許しをもらうように言われます。

ママ・イメルダガ早速許しを与えますが、音楽をしないという条件をつけてしまい、戻ってすぐにまた死者の国に舞い戻ってしまいます。

デラクルスに許しを貰えばいいと考えたミゲルは、先祖たちの前から逃げ出してデラクルスを探すのでした。

 

ママ・イメルダたちから逃げるミゲルは、デラクルスと友人だと話すヘクターという死者に出会います。

ミゲルがデラクルスのやしゃ孫だと聞いたヘクターは、お互いに助け合おうと言い手を組むことに。

ヘクターは、生者の国にいる娘に会いに行きたいにも関わらず、写真を飾って貰えないため行けずにいたのでした。

デラクルスに会わせる代わりに自分の写真を生者の国で飾って欲しいと頼み、自分の写真を渡します。

 

リメンバー・ミーを無料トライアルで観る


リメンバー・ミーあらすじネタバレ・デラクルスに対面するミゲル

引き続き、リメンバー・ミーのあらすじをネタバレしていきます。

ようやく憧れのデラクルスと対面するミゲルでしたが、やってきたヘクターの死の真相が判明。

チチャロンの二度目の死

バレないように骸骨のペイントをしてもらったミゲル。

デラクルスは豪邸でパーティーをしていると聞き出したミゲルでしたが、音楽コンテストで優勝すればパーティーに招待されることが分かります。

ヘクターはミゲルを連れて、友人のチチャロンの元へ。

 

連れて行かれた所には、写真を飾ってもらえず生者の国に行けない死者たちが集まっていました。

チチャロンに会いに行き、ギターを貸して欲しいと頼むヘクターでしたが、チチャロンは二度目の死 を迎えようとしていました。

ギターを弾いて欲しいというチチャロンのために、歌を歌うヘクター。

「思い出が蘇ったよ」と言いながら目を閉じたチチャロンは、その後跡形もなく消えてしまいます。

生者の国の誰からも忘れ去られてしまうと、死者の国でも消えてしまうのでした。

コンテストで喝采を受けるミゲル

チチャロンから譲り受けたギターを手に、コンテスト会場に向かうミゲルとヘクター。

「リメンバー・ミー」を演奏すると言うミゲルでしたが、人気がありすぎるとヘクターからダメ出しされます。

「ウン・ポコ・ロコ」を演奏することに決め、死者たちの前で緊張しながらもヘクターも加わり演奏するミゲル。

観客からは大喝采を受けます。

ですがそこにママ・イメルダたちが探しに来てしまい、おまけにヘクターとケンカをしてしまうミゲル。

 

一人で逃げ出そうとすると、ママ・イメルダが追ってきます。

音楽が好きだと言う気持ちを伝えると、歌い出すママ・イメルダ。

歌うことは好きだったものの、ココが生まれて家族の方が大切になったのだと打ち明けるのでした。

ヘクターの死の真相

パーティー会場に潜り込んだミゲルは、ようやくデラクルスを見かけます。

気づいてもらえないため、ギターを弾き歌い出しますが、噴水に落ちてしまうミゲル。

ミゲルを噴水から引き上げてくれたのはデラクルスでした。

自分がデラクルスのやしゃ孫だと伝えると大喜びし、許しを与えると言います。

 

そこにヘクターがやってきて、写真を飾って貰えないのはデラクルスのせいだと文句を言います。

生前、デラクルスと一緒に音楽をしていたヘクターでしたが、娘に会いたくなり家族の元に戻ろうとします。

ですがデラクルスは、最後に乾杯しようと言いお酒を渡します

その後駅まで行く途中でお腹が痛くなったヘクターは、目覚めた時には死んでいたのでした。

デラクルスに毒をもられた ことに気づいたヘクターはデラクルスに襲いかかりますが、警備員に取り押さえられてしまいます。

さらに真実を知ってしまったミゲルも、閉じ込められてしまうのでした。

リメンバー・ミーを無料トライアルで観る


リメンバー・ミー結末のあらすじネタバレ・ミゲルは死者の国から帰ることができるのか?

リメンバー・ミーの結末のあらすじをネタバレしていきます。

日の出までに、ミゲルは死者の国から帰ることはできるのでしょうか?

また、二度目の死が近づくヘクターを救うことができるのかにも注目です。

本当の家族?

閉じ込められた場所でヘクターと再会したミゲルでしたが、ヘクターの体に異変が起きます。

娘が忘れかけているため、ヘクターにも二度目の死が訪れようとしていたのでした。

家に帰ろうとしていたことを娘に伝えたいと言うヘクターは「俺のココ」と口にします。

それを聞いたミゲルは、祭壇から持ち出した写真を見せます。

そこには、ママ・イメルダとママ・ココ、そして顔が破られたヘクターがいたのでした。

俺たち、家族? 」と言い、微笑む二人。

近づく二度目の死

自分を覚えているのはココしかいないため、写真を飾る前に忘れられてしまうと二度目の死が訪れてしまうのです。

ココのために作った歌だと言い「リメンバー・ミー」を歌い出すヘクター

それをデラクルスは、曲もギターもヘクターから盗んだのでした。

ヘクターが家族でよかったと言うミゲルの元に、ダンテと共にイメルダが助けに来ます。

 

ヘクターに怒りをぶつけるイメルダでしたが、全てデラクルスのせいなのだととりなすミゲル。

その最中に再び倒れかけてしまうヘクターを見て、二度目の死が近づいていることを察するイメルダ。

ミゲルは「ヘクターのことを許さなくてもいいから、忘れないで」と懇願します。

生者の国へ帰るミゲル

ヘクターの写真はデラクルスが持っていることを思い出したミゲルは、ヘクターたちと共にデラクルスの元に向かいます。

デラクルスから写真を取り戻し許しを与えようとしたイメルダでしたが、そこにデラクルスが追ってきます。

追い詰めながらミゲルが語ったデラクルスの悪事は、観客席に中継されていました。

突き落とされたミゲルでしたがアレブリヘによって助けられますが、写真を落としてしまいます。

拾いに行こうとするミゲルでしたが、日の出が近づいているため生者の国に返します

帰ってすぐママ・ココの元に行き、ヘクターのギターを見せ「リメンバー・ミー」を歌うミゲル。

するとママ・ココは、思い出したように微笑みながら一緒に歌い出します。

その後、ママ・ココが引き出しから取り出した手帳の中に、破られた部分の写真とヘクターから送られてきた曲の詩 が取ってあったことが分かります。

おかげでヘクターは生者の国でもミュージシャンとして、名を馳せるのでした。

リメンバー・ミーを無料トライアルで観る


リメンバー・ミーあらすじネタバレ・結末でミゲルは死者の国から戻れる?まとめ

リメンバー・ミーのあらすじを、結末までネタバレしてご紹介しました。

結末で、ママ・ココと「リメンバー・ミー」を歌うミゲルのシーンは、本当に感動でした。

記憶を思い出していく時のママ・ココの表情が何とも言えず、リアルで絶妙です。

それを見守るエレナたち家族の嬉しそうな顔も、とても印象的で必見。

まだ観たことがないという方は、ぜひ観て家族の大切さを感じて欲しいと思います。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)