あらすじ

シャーロック【月9】3話あらすじ・感想・考察~主犯守谷はモリアーティ?21憶円地面師詐欺の正体~

ディーンフジオカさんの演技が評判の「シャーロック」も、第3話を迎えました。

相棒の岩田剛典さんとの息も合って来て、ますます面白くなってきましたね。

3話では21憶円の地面師詐欺事件の関係者が遺体で発見されます。

主犯格の守谷とは一体誰なのでしょう。

月9「シャーロック」3話のあらすじと、感想や考察をお伝えします。

シャーロック【月9】2話あらすじ・感想・考察~美しき偽善者を演じた菅野美穂~好評なスタートを切った月9ドラマシャーロック。2話では菅野美穂さんがゲストキャストとして出演し、見ごたえのある演技を披露してくれました。「シャーロック」2話のあらすじと感想、考察をご紹介します。...



シャーロック3話のあらすじ

「シャーロック」3話のあらすじをご紹介します。

地面師詐欺の犯人の遺体が見つかる

獅子雄が若宮に嘘発見器の実験をしているところに、江藤がやってきます。

身元不明の遺体現場に行った帰りだと言う江藤に話しを聞く獅子雄だったが、つまらない事件だと言います。

逆に興味を示した獅子雄は、現場に向かいます。

現場は5年前に21憶円の地面師詐欺事件の物件だった。

被害に遭った建設会社は倒産し、社長は自殺したと言います。

遺体があった現場を見た獅子雄は、そこに枝が3本落ちていることに興味を持ちます。

遺体の安置所に行った獅子雄は、頸椎骨折による頚髄損傷で亡くなったことを聞いていたところに、身元が判明したと小暮が報告に来ます。

身元は5年前の地面師詐欺グループの一人で、唯一捕まった吉野と言う男だった。

そこに捜査二課の市川がやってきます。

市川は吉野を逮捕した刑事でした。

市川は、5年間の事件で物件を担当した古田が、坂東邸付近で目撃情報があると漏らします。

5年前の関係者

早速古田に会いに、現在働いているプレンターハウスと言う会社に行く獅子雄。

5年前の事件の話をすると、何も知らないと席を立とうとします。

以前の会社の同僚たちからも疑われ、もう事件のことは忘れたいのだと言う古田でした。

帰ろうとすると、会社の上司が声をかけてきます。

その頃、吉野が生前連絡を取っていた人物を調べていた小暮。

細川保奈美と言う坂東邸の家政婦をしていた女性と連絡を取っていたことが分かります。

獅子雄はプレンターハウスの上司から聞いた話を、江藤に話します。

古田が、13憶円の物件の話を持ってきていて、その物件は坂東邸と同じく渋谷にあると言います。

若宮は保奈美の家を尋ね、事情を聞きます。

吉野は保奈美に、5年前の事件について謝罪に来たのだと言います。

その後も何度か訪ねてきて、誕生日にはプレゼントを持ってきてくれたと、木彫りの小物入れを若宮に見せる保奈美。

古田との接触

レオに尾行させていた古田に接触する獅子雄。

13憶円の取引の話を持ち出すと、前の会社で世話になった先輩が持ってきてくれたのだと説明します。

その取引に同行させろと言う獅子雄でした。

その後古田から連絡があり、契約の延期を申し出ると言います。

段々不安になってきたと言い、家を売ることに全く迷いが無いことに違和感を抱いたのだと説明します。

すると獅子雄は、騙されたフリをして犯人グループを捕まえようと言います。

売主は斎藤順子という女性で、息子と一緒に暮らしていました。

そこに仲介業者で古田の先輩でもある丹波と、司法書士でした。

花屋に変装し、古田からの花を順子に届けに行く獅子雄。

「お孫さんのかな?」とミニカーを順子に渡すと、「そうね」と受け取ります。

その頃レオは、市川を尾行させていました。

そこに現れた獅子雄を見て警戒する市川でしたが、地面師詐欺は最も高級な詐欺だと説明します。

主犯格の守谷は海外に潜伏し、姿を全く現さないのだとも言います。

12憶円の契約に立ち会う獅子雄

取引当日、古田の待つ銀行に訪れた獅子雄は一緒に契約の場に向かいます。

その頃若宮は市川に、古田の契約に立ち会っていることを知らせていました。

契約の場に、順子や丹波たちも顔を合わせ、契約事項の説明がされます。

若宮は保奈美の家を尋ね、プレゼントの木箱を見せて貰います。

中を確認すると数枚の写真が出てきて、そこにはある人物が写っていたのでした。

契約が締結され、古田が経理部に連絡しようとすると、獅子雄がストップをかけます。

そこに若宮から連絡が来ます。

外で見張っていた江藤でしたが、そこに市川が駆けつけます。

中に入ろうとする市川に、中の様子を聞かせる江藤。

中では獅子雄が、吉野が死んだことを話し、出所した吉野が仲間をゆすったのではないかと指摘します。

今日は契約は止めると言う順子に、「偽物ですよね」と言う獅子雄。

そこに入ってきた市川は、順子たちを詐欺師未遂罪で逮捕すると言います。

そのまま立ち去ろうとする市川に「待て!」と言い、吉野を殺したのはあんただと言います。

守谷グループと繋がっていると言う獅子雄に「証拠は?」と言う市川。

獅子雄は市川に写真を見せます。

そこには市川と丹波が写っていたのでした。

写真は保奈美に渡した木箱の中に入っていました。

取調べを受ける市川に、吉野を殺した際まだ息のあった吉野。

小枝を折ってモールス信号で「ほ」と示したのです。

観念する市川だったが「守谷のためならなんだってできる」と言いながら、高らかに笑うのでした。

シャーロック3話の感想・考察

「シャーロック」3話の感想と考察を書いていきます。

結局主犯格の守谷という男は出てこないままでした。

それだけに獅子雄は守谷に興味を持っているので、今後どこかの事件でまた出てくることがあるのかもしれませんね。

名前から察するに、守谷(モリヤ)=モリアーティ教授?と推察すると、最終回あたりで獅子雄と対峙することになるのかも?

市川が吉野の遺体を熱心に見ていた時から、市川に対して何かしらの関心を持っていた獅子雄。

いつもながら、鋭い観察眼です。

若宮もすっかり獅子雄とのコンビが板についてきて、言われるがままですよね。

それがまんざらでも無さそうなのが可愛かったりします♪

毎回何かしらに変装する獅子雄さんですが、今回はお花屋さんでした。

お花届けにきてくれないかな~と思いながら見てしまいましたが、次回はどんな変装を披露してくれるのでしょうね。

シャーロック【月9】3話あらすじ・感想・考察~主犯守谷はモリアーティ?21憶円地面師詐欺の正体~まとめ

地面師詐欺という特殊な事件で、しかも犯人が刑事。

でも最後に詐欺師グループを一掃できた時は、スッキリしました。

メガネ男子獅子雄さんも見られて、大満足の「シャーロック」3話でした。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)