あらすじ

「真犯人フラグ」20話あらすじネタバレ・真犯人の正体と真帆の行方は?

ドラマ「真犯人フラグ」最終回20話あらすじをネタバレします。

河村と瑞穂が対峙する場面を見守る凌介と日野。

ですが、凌介は小説について気づいていることがあり…。

「真犯人フラグ」最終回20話のあらすじネタバレや感想、動画情報をお伝えしていきます。

「真犯人フラグ」19話あらすじネタバレ・一星が語った真相とは?ドラマ「真犯人フラグ」19話あらすじをネタバレ。朋子と山田が隠していたことを全て告白。一星も光莉の言葉で真実を話し始め…。「真犯人フラグ」あらすじネタバレや感想、動画情報をお伝えしていきます。...

真犯人フラグ最終回20話のあらすじネタバレ

「真犯人フラグ」最終回20話のあらすじを、ご覧ください。

瑞穂の告白

真帆(宮沢りえ)が好きだった場所に入っていった河村(田中哲司)を待ち構えていたのは、瑞穂(芳根京子)でした。

河村を追ってきた凌介(西島秀俊)と日野(迫田孝也)は、驚きながらも対峙する2人を見守ります。

瑞穂は去年の7月に林(深水元基)が婚約することを知り、許せない気持ちが募って林を尾行するとホテルから真帆と出て来るのを見て写真を撮りネットに流します。

すると、瑞穂の仕業だと気づいた林はけん制のために襲ったものの、瑞穂もまた告げ口しないようけん制。

3年前から真帆に近づいて復讐の機会を狙っていたものの、凌介と関わるうちに幸せを奪うことに躊躇してしまった瑞穂。

その頃、阿久津(渋川清彦)と落合(吉田健悟)からネットに流出した小説について聞かれていた一星(佐野勇斗)は、瑞穂と河村、日野、凌介の4人のパソコンのハッキングデータを瑞穂に託したことを告白していました。

河村にナイフを突きつけてその場に小説が書かれた原稿用紙をばらまき、凌介の視点と事件を裏で操る黒幕の視点で書かれていることに言及する瑞穂。

さらに、このデータが週刊追求内の河村のパソコンに入っていたと言い、勝手に発表することで犯人をおびき出そうと考えたと告白。

河村の告白

瑞穂の話に第三者から掲載して欲しいと送られてきたと答える河村でしたが「違う!」と飛び出した凌介は「あおぐろい」という字が難読漢字で書かれていることを指摘して、書いたのは河村だと断言します。

すると「やっぱり分かるか?」と嬉しそうに言う河村。

河村は真帆が好きだったと言い、失踪前日に電話で待ち合わせをして呼び出した真帆を眠らせて隠れ家に連れて行ったことを話し始めます。

その後は凌介も眠らせてアリバイ作りや証拠隠滅作業をしたものの、篤斗(小林優仁)や光莉(原菜乃華)まで失踪したのは誤算だったとのこと。

そのうち、一星が光莉の失踪に関わっていることに気づいた河村は、脅迫文を送りつけて脅し指示を送ることに。

一方で、真帆と林のことを朋子(桜井ユキ)が話してしまったため、それ以上真帆から聞いたことを話させないために清明(桑名愛斗)に口止めをしたり真帆が持っていた朋子の部屋のカギでふすまに赤い文字を書いたりしたのでした。

さらに、バタコ(香里奈)が篤斗を「かがやきの世界」に連れ込んだことは、教祖(相築あきこ)と取引をして黙っている代わりに篤斗を送り返すよう指示した上に病室で篤斗に凌介が犯人だと吹きこんだ河村。

理由を尋ねる凌介

林と真帆の浮気を偶然目撃して写真を撮った河村は、最初は林に罪を着せて自殺に見せかけて殺害しようと計画していました。

ですが、アリバイがあったことで計画は流れ、その後別荘に隠れている林から連絡が来たことで助けると嘘をついて殺害。

話を聞いていた凌介が理由を尋ねると「お前だよ!」と憤る河村。

小説で自分を負かしたにも関わらずあっさりと止め、自分の好きな真帆も手に入れた凌介から大切なものを奪って痛めつけたかったのだと告白。

凌介の力になることで盛り上げて、最高のノンフィクション小説を書き上げることが目的だったと力説。

そんな河村に怒りながら「真帆に会わせろ」と言うと「この小説には1つミスリードがある」と笑いながら言う河村。

瑞穂になぜここに来たのかと聞くと、小説のラストシーンがここだったからと答えます。

真犯人フラグ最終回20話の結末のあらすじネタバレ

「真犯人フラグ」最終回20話の結末のあらすじをネタバレしていきます。

真帆の行方は?

結末をチェックする

河村の言葉を聞いて凌介が真帆と初めて会った時のイスに近づいていくと、持っていたボイスレコーダーを再生する河村。

失踪の日、待ち合わせの場所に来た真帆に林との浮気の写真を見せ、それをネタに関係を迫りますが拒否されます。

河村の動画を撮りながら真帆は凌介に全て話す覚悟をしたものの、動画を消すよう迫って揉み合ううちに真帆の首に手をかけてしまったのでした。

イスのあった場所に掛けられた白い布をはずすとそこには棺があり、蓋を開けると中には綺麗にエンバーミングされた真帆の遺体が横たわっていました。

アイスピックを向けて真帆は生きているはずだと迫る日野に、流星群の写真を送ったのも自分で美容院の予約などの声もビデオから抜き取った物だと説明する河村。

自分のことも小説のことも認めてほしいのは凌介が好きだからだと泣きながら訴える日野でしたが、アイスピックを取り上げて日野の足に刺します。

凌介に、小説の最後はどう仕上げるかと尋ねながらアイスピックを投げて挑発する河村。

凌介は真帆の頬に触れながら、真帆が居なくて寂しかったけれど一緒に真帆を探しているような気持ちだったと言います。

そして、自分と光莉と篤斗がどう過ごしたか、一日一日を幸せに過ごす日記のような本を書くと続ける凌介に河村は苛立ち始めます。

思わずアイスピックを手にして凌介に振り下ろそうとしますが、その手を握って「光莉と篤斗は俺が守る」と言うと崩れ落ち「やっと、お前の新作が読めるな」と答える河村。

そこに、阿久津と落合が駆けつけ、隠れていたぷろびんに「生配信してますよね」と声をかけると「そうですけど何か?」と答えます。

下僕である太田黒(正名僕蔵)がぷろびん(柄本時生)に凌介の汚名返上動画を撮って欲しいと頼んで情報を送っていたことで、現場に居合わせることができたのでした。

情状酌量で釈放された一星は光莉とプロキシマの社員たちに迎えられ、瑞穂は大阪の本社に異動が決まり凌介への想いはしまいこみます。

そして、完成した新居で3人の生活が始まるのでした。

↓「真犯人フラグ」を今すぐみる↓

真犯人フラグ最終回20話の感想・視聴率

「真犯人フラグ」最終回20話の感想や、視聴率をご紹介します。

真犯人フラグ最終回20話の感想

感想を見る

やはり瑞穂は真犯人ではなかったものの、そのものずばり河村だったんですね。

しかも、凌介に対するコンプレックスが動機だったとは…。

真帆に対する執着は並々ならない物がありましたが、結局は犯さなくてもいい罪を重ねてしまった感じでした。

凌介の真帆への想いよりも、駆けつけた阿久津の「よく頑張りました」の一言が刺さりました。

刑事コンビ、最高でした。

真犯人フラグ最終回20話の視聴率

「真犯人フラグ」最終回20話の視聴率は、12.4%でした。

  • 1話:8.4%
  • 2話:7.2%
  • 3話:7.3%
  • 4話:7.0%
  • 5話:6.4%
  • 6話:6.6%
  • 7話:6.6%
  • 8話:6.8%
  • 9話:5.9%
  • 10話:6.6%
  • 11話:6.7%
  • 12話:7.4%
  • 13話:7.4%
  • 14話:8.1%
  • 15話:8.6%
  • 16話:8.4%
  • 17話:9.0%
  • 18話:8.6%
  • 19話:8.9%
  • 20話:12.4%

真犯人フラグ最終回20話の見逃し動画配信は?

https://twitter.com/shinfla_ntv/status/1502807064007278593?s=20&t=yiF5lFF4SpdsmDi9POe8XA

「真犯人フラグ」最終回20話を見逃してしまった場合の動画配信についてご紹介。

「真犯人フラグ」最新話は、huluやTVerで放送後から期間限定で見逃し動画配信されています。

その期間内にも見逃してしまったという人も、見る方法があります。

huluの 2週間無料トライアル があるので、無料期間中に視聴すれば料金はかかりません。

最終回20話~最新話以降も見逃す恐れがある人などは、解約しなければそのまま継続することもできます。

その場合は月額1,026円(税込)がかかります。※2022年3月現在

真犯人フラグ最終回20話のあらすじネタバレ・まとめ

「真犯人フラグ」最終回20話のあらすじやネタバレ、感想や動画情報をお伝えしました。

やはりラストはハッピーエンドとはいきませんでした。

子供たちが笑顔だったのが救いでしたね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)