あらすじ

テセウスの船1話あらすじネタバレ感想動画・31年前の真犯人は父親ではない?

いよいよ日曜劇場の「テセウスの船」がスタートしました。

31年前の父親の事件を追う中で、タイムスリップしてしまう主人公・心。

事件の真相や展開が気になりますね。

「テセウスの船」1話のあらすじネタバレ、感想や動画についてご紹介していきます。

テセウスの船キャスト相関図・原作あらすじ・主題歌・放送日【日曜劇場】2020年1月スタートのテセウスの船。豪華なキャストに期待も大。原作やあらすじなどの情報も調査。日曜劇場テセウスの船のキャスト・相関図・原作・あらすじ・主題歌・放送日をお伝えしていきます。...

 テセウスの船を2週間無料体験で観る

テセウスの船1話のあらすじネタバレ

https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/chart/より引用

「テセウスの船」1話のあらすじネタバレをお伝えしていきます。

文吾に会いに行く心

31年前に父親が起こした死者21人の無差別殺人事件のせいで、隠れるようにして生きてきた心。

今は妻の由紀とともに、お腹の赤ちゃんが無事に産まれてくることを祈りながら、幸せな生活を送っていました。

お腹の赤ちゃんに、ハーモニカで曲を聴かせる心。

子供の頃から耳について離れない曲でしたが、何の曲かは分かりませんでした。

 

由紀と父親の話になり、事件のあった音臼小のことを調べてみたと打ち明ける由紀。

ノートにはビッシリと新聞記事や調べたことが書かれていました。

死刑判決を受けながらも未だ冤罪を主張していることからも、他の人が父親の文吾に罪を着せたのかもしれないと言います。

ですが心は、今の由紀との生活や生まれてくる子との生活を守りたいと言うのでした。

その直後、突然お腹の痛みを訴えた由紀。

病院に搬送されて赤ちゃんが生まれますが、由紀は妊娠中毒症で危険な状態だと言われてしまいます。

急いで由紀のそばに行き手を握る心でしたが、「お父さんを信じてみたい、真実から逃げないで」と言い残し、息を引き取ってしまうのでした。

 

由紀の葬儀の場で、由紀の父親から子供はうちで引き取ると言われてしまう心。

途方に暮れながらも由紀の最後の言葉を思い出し、子どもを守ることを誓うのでした。

 

由紀のノートを見ていた心は、母親の和子に文吾の冤罪の可能性について話すと「やめなさい」と強い口調で言われます。

それでも心は、文吾に会って直接話を聞いてみると言うのでした。

 

文吾に会う前に、事件のあった音臼村を訪れます。

事件後には廃村になった旧音臼村の慰霊碑の前で、花を供えて手を合わせる心。

すると突然霧が濃くなり、心を包みます

31年前にタイムスリップ?

倒れていた心が意識をとり戻すと、目の前には無くなったはずの音臼小学校がありました。

高いところから見渡そうと神社の方に行くと、そのふもとに倒れている女の子を発見します。

近くの三島医院に運び帰ろうとすると、病院内にあるカレンダーが1989年1月7日になっていて驚く心。

31年前にタイムスリップしていたのです。

自体が飲み込めないまま由紀のノートを見ると「1989年1月7日に佐野鈴が神社の階段から転落」とありました。

頬のアザに見覚えもあったことから、たった今助けた女の子が姉の鈴であることに気づきます。

そこに「鈴!」と声がして警察官の制服を着た男が現れます。

振り向いたその男は佐野文吾・心の父親でした。

心が鈴を助けたのだと教えると手を差し出してお礼を言う文吾でしたが、動揺した心は逃げるようにその場を去るのでした。

過去は変えられる?

病院の外に出ると、小さな女の子がいました。

急いでノートを確認すると「1989年1月7日、三島千夏ちゃんが自宅倉庫の除草剤パラコートを誤飲して死亡」とありました。

今日、目の前の女の子が死ぬと知った心は、倉庫を見せて欲しいと千夏に頼みます。

倉庫の中を探しパラコートを見つけた心は「泥棒!」と千夏に叫ばれながらもそれを持ち出します。

その様子を新聞配達員の長谷川が目撃していました。

心は雪の中にパラコートを撒き捨て、容器も埋めます。

すると目の前を千夏を連れた文吾が雪の中を歩いて行くのが見え、追いかけようとします。

ですが見失ってしまい立ち尽くしていると、子供連れの女性に声をかけられます。

母親の和子でした。

 

再び三島医院に連れて行かれた心は、鈴の恩人だと知った心にお礼を言います。

心が早く発見したおかげで、頬のアザは凍傷にならず残らないと言う医師。

過去は変えられるんだと気づいた心でしたが、その直後、文吾の叫ぶ声が聞こえます。

行くと千夏が倒れていて、そのまま亡くなってしまうのでした。

 

パソコンの文字ーパラコートは予想外に時間がかかった。やはり『本番』は、あの薬でいこう。計画通り、次はもっと大きい人間で試してみるー

 

パラコートは心が処分したので、誰かが故意に飲ませたのかと考えます。

直前に文吾が千夏といたのを目撃した心は文吾を疑い、駐在所に話をしに行くのでした。

千夏の死に文吾が関与?

https://twitter.com/takeuchi_ryoma/status/1218891554468663298

新聞を届けに来た長谷川が心に気づき、三島医院の倉庫で千夏といたことを指摘し、心に掴みかかります。

 

千夏は毒で死んだのかと聞き、千夏と一緒にどこに行こうとしたのかと聞く心でしたが、そこに和子が来て心をご飯に誘います。

和子を始め、姉の鈴や兄の慎吾が楽しそうにしているのを見て、笑顔になる心。

心はしばらく、文吾の家で世話になることになります。

 

千夏のことを事件を調査する刑事の金丸。

パラコートを服用していたことが分かりますが、倉庫にはパラコートは無く、それを持ち去った目撃情報もあると報告します。

 

和子たちが千夏の葬儀に参列している隙に、駐在所を調べる心。

文吾の机の引き出しを探すと箱が出てきて、その中からパラコートの空の容器が見つかります。

「やっぱりあの男じゃねぇか」と泣き崩れる心でした。

雪崩を予言する心

ノートによると「1989年1月9日、木村メッキ工場の木村が、荒川橋付近で雪崩に巻き込まれて死亡」、「1989ねん1月16日、千夏の姉の明音が失踪」と、立て続けに事件が起こることが書かれていました。

他にもある事件の全てを防ぐことができれば、音臼小学校の事件も防ぐことができるかもしれないと考える心。

 

心が慎吾とお風呂に入っている隙に、持ち物を調べる文吾。

財布から出て来たお札は、見たことのないものでした。

さらに免許証を見ると、有効期限が平成32年になっていることに驚く文吾。

 

翌日、木村メッキ工場に向かった心は、荒川橋の近くで雪崩が起きるから行かないようにと止めますが取り合ってもらえません。

そこに通りがかった文吾のパトカーに乗せてもらい、木村の車を追いかけます。

娘のさつきも同乗する中、車の中から「止まって!!」と叫ぶと、仕方なく車を止める木村。

その直後、目の前で雪崩が起き、さつきも文吾も驚くのでした。

繋がっていた文吾と心

文吾の家に金丸が来て連行され、倉庫からパラコートを持ち出した容疑をかけられる心。

このまま拘留されていると明音の失踪事件を止められないと考えていると、帰っていいと言われます。

指紋のついたパラコートが見つかれば終わりだと言う金丸の言葉を聞き、容器を探しに行きますが見つかりません。

その様子を金丸は見張っていました。

 

明音が居なくなったと聞かされ探しに行くと銃声が聞こえ、その方向に進むと足跡と血痕を見つける心。

崖に辿り着いた心は、その下で倒れている明音と文吾を発見します。

迷子になった明音を助けた文吾でしたが、クマが出て発砲し、逃げているうちに崖から落ちてしまったのだと言います。

必死の思いで明音を引き上げた心は、文吾も引き上げようとしますが、自分はいいから明音を助けてくれと言う文吾。

「子供を守るのが大人の使命だろ」と言う言葉を聞いた心は、明音を運びます。

途中で会った井沢に明音を任せ、文吾の元に戻る心。

崖の下で倒れている文吾に声をかけますが、脚をケガして無理だと言います。

「俺は、あなたに生きてて欲しいんだ!」と心が叫ぶと「じゃ頼むわ」と笑いながら手を伸ばすのでした。

手を握り懸命に引き上げ、助かった文吾の顔を見て「俺の父さんは殺人犯なんかじゃない」と信じる心でした。

 

二人で温泉に入っていると、心の免許証を見たことを打ち明ける文吾。

「2020年の未来から来た」と言うと、笑いながら信じると言い、パラコートの容器も自分が回収したのだと告白します。

口笛で「上を向いて歩こう」を吹く文吾。

和子のお腹の中の子にも聴かせていると言ったその歌は、心が由紀のお腹の子にハーモニカで聴かせていた曲でした。

父親とずっと繋がっていたのだと分かった瞬間でした。

 

パソコンの文字ー次のモルモットを決めた。いよいよ『本番』に向けてカウントダウンだ。ワクワクするー

 テセウスの船を2週間無料体験で観る

テセウスの船1話の感想と考察・視聴率

「テセウスの船」1話の感想や視聴率をご紹介していきます。

テセウスの船1話の感想

1話から泣かされました!

ラストの心が文吾を助けるシーンは、本当に感動です。

31年間ずっと父親を恨み、殺人犯だと思い込んできた心。

それが一瞬にして雪が解けるかのように、父親を信じることができたのです。

理屈ではなく、目の前の父親の言葉や表情に全ての思いを感じたのでしょうね。

それはやはり、親子だからとしか説明のできないことだと思います。

 

一緒に温泉に浸かりながら、父親との繋がりを感じた「上を向いて歩こう」も感動的でした。

その繋がりを感じた時の、竹内涼真さんの表情がなんとも言えなかったです。

 

千夏の死は、誤飲ではなく故意に誰かに飲まされたものでしょう。

メインの事件である音臼小学校の無差別殺人も、青酸カリという毒殺です。

千夏の事件はメインの事件を起こすための実験的な意味があったのでしょうね。

そしてさらに今後も、実験的な事件を企んでいるようです。

テセウスの船1話の視聴率

「テセウスの船」1話の視聴率は、11.1%でした。

さすがの2ケタ突破ですね。

竹内涼真さんはもちろん、鈴木亮平さんの熱演も好評だったようです。

このまま2ケタキープなるのでしょうか?

テセウスの船1話の見逃し動画配信は?

「テセウスの船」の1話を見逃してしまった時の、動画配信についてご紹介します。

「テセウスの船」」1話は、放送終了後からParaviで独占配信されています。

登録すれば2週間無料で視聴が可能なんです。

無料期間中に解約すれば、料金はかからないというのは嬉しいですよね。

その後も引き続き視聴したいという場合や、他にも観たい作品があり継続したいという人は、そのまま継続することもできます。

その場合、無料体験終了日の翌日から、月額1,017円(税込)の料金がかかります。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

まずは2週間無料体験してみてはいかがでしょうか?

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

テセウスの船1話のあらすじネタバレ感想動画まとめ

「テセウスの船」1話のあらすじネタバレ、感想、動画視聴についてご紹介しました。

1話からミステリー要素も濃く、謎が渦巻く中、親子の感動シーンも堪能できました。

2話遺以降で、心は父親の冤罪を晴らすことができるのか、見逃せません。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)