DCU

「DCU」1話あらすじネタバレ・瀬能が思い出した15年前の記憶とは?

ドラマ「DCU」1話のあらすじネタバレです。

DCU発足直後、ダム湖で遺体の一部が発見されます。

その後、ダム建設を巡ってある社員が失踪していることも判明。

「DCU」1話のあらすじネタバレ、感想や動画配信についてお伝えします。

DCU・1話のあらすじネタバレ

「DCU」1話のあらすじネタバレを、ご紹介します。

15年前

15年前、船の自動運行システムの情報を東都重工海洋研究所の博士・瀬能陽一が外部にリーク。

海上保安庁の中にスパイがいることが判明し陽一の確保を命じられる新名正義(阿部寛)と成合淳(吉川晃司)でしたが、陽一の乗った船が爆破されます。

爆破直前、陽一は一緒に乗っていた瀬能陽生(のちの横浜流星)を助けるため咄嗟に海に放り投げます。

爆風を受けて一時気を失った新名は海に浮かんでいる陽生を発見して自分とロープを繋げた状態で待っているように言い、成合のもとへ。

船の残骸内の陽一の身体を探っている成合を見つけた新名は、成合にカギを見せて「お前がスパイだったのか」と追及。

その直後、成合の足に船の残骸が絡まって沈みそうになり、咄嗟に潜って手を握るものの繋がっている陽生までが海中に引きずり込まれ…。

成合は陽生を助けるよう新名に首を振って伝え、新名も仕方なく成合の手を放すのでした。

ダム湖で遺体が発見される?

海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称DCUが発足し、隊長である新名に命を救われた瀬能も配属されます。

発足式の最中に事件の連絡が入り、現場である群馬県のダム湖に向かう新名班の副隊長・西野斗真(髙橋光臣)や成合隆子(中村アン)たち。

ダムで京国建設前社長・毛利新の遺体の一部が発見されたため、水深100メートルの水底をDCUが捜査することに。

新名と瀬能が潜り探索をした結果、発見された遺体の一部が毛利の物であることが判明するとともに、塩酸を使って殺害されたことや上流の吾妻川に捨てられた遺体がダム湖に流れ着いたことも分かります。

毛利は5年前に会社の金300憶円を横領し、国外逃亡。

その後社長に就任した小山内正一(中村芝翫)は、5年前には常務として毛利に信頼されていて、ダム事業を担当。

5年で会社を立て直したものの実は毛利の横領にも手を貸していたとの噂もあり、容疑者として浮上します。

新名に反発する西野

新名と瀬能が小山内に1ヶ月前の行動について尋ねると、トンネル建設事業の視察でサンフランシスコに滞在していたと答える秘書の若林朱里(高梨臨)。

一方、吾妻川での捜索は県警に任せたものの遺体の一部は全く見つからなかったと聞き、川もDCUで捜索すると言い出す新名。

新名の態度に腹を立てた県警は撤退してしまい、元から新名と対立気味な副隊長の西野が猛反発。

新名のことをフォローする瀬能に対しても、15年前に新名が瀬能を助けた件も裏があるかもしれないと煽り怒らせます。

瀬能を励ます隆子に、爆発のショックで事故の際の記憶がないことや自分を助けるために隆子の兄が死んでしまったことに触れて落ち込む瀬能。

その後、新名の恋人で科学捜査ラボ班長でもある黒江真子(市川実日子)が隆子を訪ねてきて、新名との結婚を報告。

新たな容疑者?

翌日、ダム湖付近の防犯カメラに朱里の姿を見つけ事情を聞きに行くと、ダムにある老舗の釜飯屋・野田食堂の店主の野田に会いに行ったとのこと。

野田の一人息子で元京国建設の社員・浩正(宮野真守)と朱里は元婚約者だったのです。

浩正は会社の金を使い込んでいて、ロシア出張の際に失踪。

捜査のために新名と隆子は野田食堂に行き、朱里や浩正のことを口にすると怒り出してしまう野田。

ですが、釜飯用の釜に塩酸を薄めた希塩酸が使用されていることが判明し、入手ルートを調べることに。

一方、瀬能と西野はダム建設について調べ、浩正がダム建設に関わっていたことも判明。

小山内を襲おうとしたのは?

さらに調べて行くと、ダム建設に対する反対派を説得するために毛利と幼いが浩正をプロジェクトに参加させたものの、浩正は故郷を守るために拒絶していたとのこと。

裏で反対派の地元民と協力し会社の情報を横流しをし、さらに会社の金を使い込んで反対運動の資金源にしていたことも分かります。

そこに、隆子の調べで、朱里名義の別携帯に朱里自身が何度もかけていることから、浩正が日本に戻ってきていて朱里と連絡をとっていると推察。

野田は5年前に小山内のロシア出張に同行中逃亡していたため、小山内を訪ねて野田が帰国していることを匂わせる新名。

一方、塩酸を入手している工場の防犯カメラに、朱里とともに浩正の姿も。

小山内を張っていると、瓶を持って近づく朱里の姿があり取り押さえる新名たち。

咄嗟に「逃げて」との朱里の声で逃げていく男性を見つけて確保すると、野田でした。

浩正の行方は?

瓶の中身は水で、浩正の居場所を探るために小山内を脅そうと思っていただけだと自供する朱里。

ロシアに発つ前日に会社の秘密を掴んだと言い、引き換えにダム建設を中止させると言っていたとのこと。

その後、失踪したことで小山内の秘書となって探っていた朱里。

その夜、新名は真子の言葉とテレビのニュースからあることに気づきます。

遺体は川には捨てられておらず始めからダムの中に沈んでいるのだと主張し、小山内が出国するまでの2日間で遺体を探し出すと言う新名。

そこに、公安一課の清水健治(山崎育三郎)から小山内が出国を早めたと連絡があり、残りあと半日しかなくなります。

DCU・1話の結末のあらすじネタバレ

https://twitter.com/oricon/status/1482671471797293057?s=20

「DCU」1話の結末のあらすじをネタバレしていきます。

瀬能の記憶

結末をチェックする

台風が近づく中、当てがあると主張する新名の判断で新名と瀬野がダムに潜ることに。

ダムに沈んだ町の中でも、野田が塩酸を使っていた焼き窯に遺体があると睨んだ新名。

水深120メートルに加え視界の悪い中捜索を進める瀬能でしたが、物音に気づいて止まっていた新名。

ロープが流木に引っ掛かっているうちに、15年前のことがフラッシュバックする瀬能。

動揺しながらも続行すると穴窯を発見し、遺体も見つかるのでした。

防腐作用のある泥炭に埋められていたため腐敗しなかったその遺体は、5年前に殺された浩正の物でした。

組合長に裏金を振り込んだことを浩正に知られ殺害して釜に埋め、毛利を浩正としてロシアに出国させた小山内。

さらに、浩正が宿泊していたホテルを毛利の潜伏先として通報したため、そこで採取された毛髪等のDNAが毛利の物として登録されてしまったのでした。

さらに、浩正が握っていた小山内のパスポートの切れ端が証拠となり、逮捕されるのでした。

一方、フラッシュバックで蘇ったのは、15年前に助けてくれたのも「スパイはお前だったのか」と追及していたのも成合で、その成合を海に沈める新名の姿だったのです。

新名のロッカーから15年前のカギを手にした瀬能は、新名が自分の父親からカギを奪い成合に罪を着せて海に沈めたのだと言うのでした。

 

DCUを2週間無料体験で観る

DCU・1話の感想と視聴率

https://twitter.com/DCU_japan/status/1482678049170591745?s=20

「DCU」1話の感想や視聴率をご紹介します。

DCU・1話の感想

感想を見る

想像以上に潜水シーンが多く、撮影の過酷さが伝わってきます。

水の中だけでなく陸でも捜査するというのは、ワンシチュエーションではないので見ごたえもありますね。

そして、やはりキャストの豪華さが際立ちます。

新名のことを信頼しているはずの瀬能でしたが、フラッシュバックにより今後どうなってしまうのでしょうか。

冒頭シーンのやり取りには、まだ隠された何かがあったのか、気になります。

DCU・1話の視聴率

「DCU」1話の視聴率は、16.8%でした。

  • 1話:16.8%

 

DCU・1話の見逃し動画配信は?

「DCU」の1話を見逃した場合の、動画配信についてご紹介します。

「DCU」1話はTVerやTBSFREEで1週間限定で見逃し配信されます。

Paraviでは見逃し配信の他、2週間の無料体験なら無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

登録すれば2週間無料で視聴が可能なので、イッキ見できます。

その後も引き続き視聴したいという場合や、他にも観たい作品があり継続したいという人は、そのまま継続することもできます。

その場合、無料体験終了日の翌日から、月額1,017円(税込)の料金がかかります。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

まずは2週間無料体験してみてはいかがでしょうか?

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

DCU・1話のあらすじネタバレまとめ

「DCU」1話のあらすじネタバレ、感想や動画配信についてご紹介しました。

第1話から濃い内容で、潜水シーンも見応えがありました。

瀬能の思い出したことが気になりますが、真実の解明はまだまだ先になりそうです。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)