あらすじ PR

いちばんすきな花9話あらすじネタバレ・椿の家に5人が集合?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ドラマ「いちばんすきな花」9話のあらすじをネタバレします。

4人と1人ずつ再会を果たした美鳥は、ゆくえとの約束の場に赤田を呼び出します。

その後、椿の家で4人が集まるからと誘われた美鳥は…。

「いちばんすきな花」9話のあらすじネタバレや感想などをご紹介していきます。

いちばんすきな花8話あらすじネタバレ・美鳥との再会を果たすゆくえたちドラマ「いちばんすきな花」8話のあらすじをネタバレします。4人の知る美鳥が同一人物だと分かり、それぞれに再会することに。美鳥の過去も4人の思い出を通して明らかになり…。「いちばんすきな花」8話のあらすじネタバレや感想などをご紹介していきます。...

「いちばんすきな花」9話あらすじ

https://twitter.com/sukihana_fujitv/status/1732749809168396345

「いちばんすきな花」9話のあらすじネタバレを、お伝えします。

赤田を呼び出す美鳥

椿(松下洸平)の家にいた紅葉(神尾楓珠)は、自分が表紙のイラストを描いた本を椿にプレゼントしようとします。

ですが、その時椿の前にあったダンボールの中には、その本が大量に入っていて自腹で買ったと自慢する椿。

一方、ゆくえ(多部未華子)は美鳥(田中麗奈)と本屋で待ち合わせをし、一緒に食事に。

ファミレスで、親の面倒を最後まで見るつもりだったけれど東京に戻ってきたくなったと話す美鳥。

以前住んでいた家の近くで物件を探していたところ、不動産屋から「前の家買い戻せるかも」と言われたとのこと。

椿が住んでいたことももちろんですが、一番驚いたのは4人が出会っていたことだと話すのでした。

さらに、こっちにいるうちに会いたい人がいると切り出したかと思うと、そこに赤田(仲野太賀)が現れます。

峰子(田辺桃子)にはちゃんと説明して了承してもらっているという赤田の話を聞いたゆくえは、カラオケに行きたい気持ちをさりげなくこぼします。

すると、察した赤田がそれを煽り、美鳥も察してカラオケに行きたいと言ってくれたため3人でカラオケへ。

2人と別れた後、美鳥は紅葉のバイト先であるコンビニを訪れます。

美鳥と再会する紅葉

バイトを終えた紅葉が美鳥と一緒に歩いていると、紅葉と出会った頃が変わっていた頃だったと話す美鳥。

紅葉が高校生の頃、数学の教師をしていた美鳥はいつもイライラして不機嫌で生徒たちから嫌われていました。

そんな中、成績が悪く補習を受けることになった紅葉は、友達との付き合いのカラオケに行かなくて済むためむしろ嬉しく思っていて…。

何度か補習を受ける中で美鳥とのやり取りが楽しくなっていた紅葉は、成績が上がってもわざと分からない問題を探すように。

帰り際に「6時までには着かないと」と、家に帰ると言わない美鳥の言葉を聞いて、帰りたくない気持ちの表れだと察していた紅葉でした。

コンビニの前にいた夜々(今田美桜)は、美鳥との過去を思い出していました。

部屋を引き払って彼氏の部屋で住むことになっていたのに、突然ダメになりコンビニの前で途方に暮れていた夜々。

そんな夜々に偶然通りかかった美鳥が声を掛けたことで再会し、美鳥の部屋に居候することに。

再び椿の家を訪ねた美鳥

結婚していたことや去年離婚したこと、今は教師を辞めて塾の講師をしていることなどを美鳥から聞かされた夜々。

子どもの頃の夢を尋ねると、理想の家があってそこで塾を開きたいとの答えが返ってきます。

現実は難しいと考える美鳥でしたが、夜々のポジティブな言葉に後押しされるのでした。

その後、家を購入し塾を開くことができた美鳥でしたが、母親の介護のために北海道に行くことになってしまった美鳥。

椿の家で窓の寸法などを測っていた美鳥は、椿に遠慮して他の物件も一応探していると告げます。

ですが、この家は広すぎるから出ることにしたのだと答え、この家が初めて帰りたいと思った家なのだろうと聞く椿。

すると、目を潤ませながら「うん。帰りたい」と答える美鳥。

帰り際、ゆくえたちが夜集まることを伝えると一旦は帰ると答える美鳥でしたが、夜々がご飯作って欲しいと言っていることを伝えるとその気になり買い出しに行くのでした。

美鳥が買い出しから戻ると既にみんな集まっていて4人の笑い声が聞こえてきて玄関で緊張する美鳥でしたがリビングに入ると4人から「おかえり」と迎えられ「ただいま」と笑顔に。

「いちばんすきな花」9話の結末

「いちばんすきな花」9話の結末のあらすじをネタバレします。

椿の家で集まる5人

結末をチェックする

みんなで手伝いながら料理を作っていると、自分の家のように何がどこにあるかゆくえたちが知っていることに驚きます。

出来上がった料理を4人でダイニングで食べていいよと声を掛けると、リビングの方に運んでいたゆくえが「そっちだと席足りないから」と答えます。

5人でご飯を食べながら、料理は椿の母である鈴子(美保純)から教わったことだけでなく将棋も椿から教わったことを説明する美鳥。

全員が驚きながらも、椿がいちばん弱いことを遠慮なくみんなでツッコむ様子を見て居心地の悪さを感じてしまった美鳥は料理を持ってくると席を立ちます。

ダイニングテーブルに置かれた色違いの4つのカップを見てさらに4人の仲の良さを感じ…。

食事の後、ゴミ袋の場所を尋ねると4人が声を揃えて教えたため、ゴミ袋の場所が分かるのは暮らしているっていうことだと言い「よかった。みんなに帰る家あって」と言う美鳥。

その言葉を聞いて4人は思わず手が止まり美鳥の方見つめ、椿が引き出しを開けてゴミ袋の場所を教えるのでした。

空港まで見送りに来てくれたゆくえに、2人でいるのが好きなのだと口にする美鳥。

それを聞いたゆくえは意外そうな顔をし、最初に椿の家で初めて話したのが2人組を作るのが苦手だという共通点だったと打ち明けます。

すると、4人とはそれぞれに2人で話すのが好きだったし、再会して2人ずつであってみてやっぱり好きだと思えたと話す美鳥。

ですが、5人で会ってみると楽しかったけれど、5人ではなく4人と1人だったと感じたことを打ち明けます。

それでも、4人を見てよかったと思ったことや今までのことが無駄じゃなかったんだと思えたと告げ、一旦北海道に帰って行くのでした。

「いちばんすきな花」9話の感想

「いちばんすきな花」9話の感想をお伝えします。

「いちばんすきな花」9話の感想

9話の感想

田中麗奈さん、やはり演技派だな~と改めて思いました。

セリフというよりは、微妙な表情の演技が秀逸。

緊張している顔や驚いた表情、居心地の悪さを感じている様子などそれぞれに絶妙でした。

ラストの空港で去っていく表情も、どっちともとれるような絶妙さで、妄想を掻き立てられました。

5人ではなく4人と1人だったという感情、すごくよく分かります。

邪魔にされている訳でも嫌われている訳でもないことは分かっていても、あまりにも4人の空気のような関係に居心地の悪さを感じずにはいられなかったんでしょうね。

優しいし人の感情に敏感で空気を読む人だからこそ、そういう雰囲気を察知するのだと思います。

自分の家に帰りたいけれど、それは自分の好きな人たちの居場所を奪うことにもなる。

複雑な心境になっちゃいますよね。

5人が会うことで、あの家がみんなの帰る家になればいいじゃん!なんて単純に考えてごめんなさい。。。

「いちばんすきな花」9話あらすじネタバレ・まとめ

「いちばんすきな花」9話のあらすじネタバレでした。

初めて5人で集まることになり、自分まで緊張してしまいました。

美鳥ちゃんが登場したことで、今まではちょっと違った空気感が味わえた9話でした。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)