まだ結婚できない男

まだ結婚できない男2話あらすじ・感想・考察~警察に連行される桑野・婚活の行方は?~

「まだ結婚できない男」 1話で偏屈健在ぶりを披露してくれた桑野。

2話では婚活アプリで新たな女性との出会いが訪れます。

果たして上手くいくのでしょうか?

「まだ結婚できない男」2話のあらすじと感想、考察をお伝えします。

まだ結婚できない男1話あらすじ・感想・考察~帰ってきた桑野の日課はエゴサーチ~結婚できない男の桑野信介が帰ってきました!偏屈ぶりに磨きがかかった桑野をまた見ることができて、テンション上がります。まだ結婚できない男1話のあらすじや感想・考察をお伝えします。...

 

まだ結婚できない男2話のあらすじ

「まだ結婚できない男」2話のあらすじを書いていきます。

婚活アプリで婚活デビュー?

「やっくんのブログ」を訴えるための打ち合わせのため、まどかの事務所を訪れていた桑野。

プロバイダーへの開示請求は予想通り通らず、裁判所に訴状を出すと説明するまどか。

事務所に戻った桑野は英治たちから、勝手に桑野のプロフィールで婚活アプリに登録したことを告白されます。

「暇人のすることだ」と馬鹿にする桑野でしたが、まんざらでもない様子でした。

その後有希江のカフェを訪れた桑野は、有希江の元気そうな姿を見て安心するのでした。

家に帰ると、隣の早紀の声が聞こえて来ます。芝居の練習をしていた早紀でしたが、とんでもない男とつきあっていると勘違いする桑野。

一方婚活アプリを削除し忘れたことに気づき確認すると、女性たちからのメールが23件も届いていました。その中にヨガのインストラクターという女性に興味を持った桑野は、その女性とメールのやり取りをするのでした。

女性と待ち合わせをする桑野

事務所にまどかが訪ねてきます。

驚く桑野でしたが、英治が設計している住居で、隣人トラブルが起きていて、その相談に乗るまどか。

相談が終わり、桑野の婚活アプリの話題になります。

メールのやり取りをしていることを知った英治たちは、まどかと一緒になって会うことを勧めてきます。

翌日カフェに行くとまどかも来ていて、桑野の婚活アプリの話も既に聞いていた有希江。会ってみればいいと言う有希江の言葉に、その気になる桑野でした。

待ち合わせ当日

ハロウィンの日、鏡の前でコーディネートを考える桑野。

ホテルのラウンジでコーヒーを飲みながら、相手の女性を待つ桑野がいました。

そこに興味深々の英治たちが、様子を伺いに来ます。

一向に現れない女性。

時間を持て余し、英治に電話をします。

英治の電話口の反応がおかしいことに気づいた桑野は、辺りを見回します。

そして2階から見ている英治たちに気づくのでした。

するとその時、突然現れた2人の男性が、桑野を抱えて連れて行ってしまいます。

慌てた英治は、まどかに「桑野さんが拉致された」とメールします。

連れて行かれた場所は?

桑野は警察に連行されていました。

ホテルで何をしていたのかと尋ねられますが、黙秘します。

ホテルにお見合いに来た女性たちに、お見合い相手だと勘違いさせて連れ出すという事件が横行していたため、桑野はその犯人に間違われたのでした。

そこにまどかが駆けつけ、簡単に解放されるのでした。

待ち合わせの相手に謝罪メールを送ると、返信が来ます。

桑野以外の男性ともやり取りしていて、その男性からプロポーズされ結婚することにしたとのメールでした。

帰り道、ペットショップに行くと、値下がりしていたパグがいませんでした。

驚く桑野に、若い女性が買って行ったと言う店員。

ホッとした顔をする桑野でした。

芝居で役を下ろされた早紀は、落ち込んで部屋でも泣いていました。

その早紀の横には、パグが座っているのでした。

 

まだ結婚できない男2話の感想・考察

「まだ結婚できない男」2話の、感想や考察をしていきます。

まどかの結婚観に食いつく桑野が意外でした。

結局参考にはならなかったものの、予想外に結婚に興味があるのでは?と思った瞬間でした。

有希江に対して好意を持っているようなそぶりも見え、有希江の方もまんざらでもなさそう?と思ってしまいました。

そこにまどかも参戦してくるのでしょうか?

2人とも仲良くしているだけに、お互いに遠慮しそうな気もしますね。

そしてそして!あのパグ、やはり早紀が飼うのですね!

お隣にやってきて、桑野が喜ぶ顔が早くみたいです。

対面するのが楽しみですね。

 

まだ結婚できない男2話あらすじ・感想・考察~警察に連行される桑野・婚活の行方は?~まとめ

「まだ結婚できない男」2話の、あらすじと感想、考察をお伝えしました。

まさかの婚活でしたが、お相手が結婚と聞いて少し寂しそうでしたね。

3話では隣人の早紀と本格的に絡んでいくようなので、それも楽しみです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村