シャーロック

シャーロック【月9】8話あらすじ考察~S.Aは安蘭世津子・守谷との関りは?~

毎回華麗な推理を披露してくれる月9「シャーロック」。

8話には守谷の名前が再登場するとともに、関りの深い人物も現れます。

さらに獅子雄の異母兄も登場し、見ごたえのあるストーリーです。

月9「シャーロック」7話のあらすじと考察をご覧ください。

シャーロック【月9】7話あらすじ・感想~少年獅子雄役は山城琉飛~6話で再び登場した守谷の存在が気になる月9「シャーロック」。ディーンフジオカさん演じる獅子雄との対決が楽しみですよね。7話では少年時代の獅子雄を山城琉飛くんが演じています。月9「シャーロック」7話のあらすじと感想をお伝えします。...

シャーロック8話のあらすじ

「シャーロック」8話のあらすじをご覧ください。

心中事件現場に残された暗号

男性2人の心中事件の捜査協力を依頼しに来た江藤。

1人は経産省のエリートで1人は永田町のテーラーだと言い、胃の中からはチョコレートとコーヒー、青酸化合物が検出されたと話します。

気乗りがしない獅子雄でしたが、吠えているライオンと死んでいるライオンの2枚の写真が現場に残されていたと説明する江藤。

 

死亡推定時刻には2時間の差があること聞いた獅子雄は、自殺した1人をもう1人が後追いしただけだと言います。

ですが、死んだライオンの写真の裏には遺書のような物が書かれていて、興味を持ち始める獅子雄。

「僕は日本のリーダーになれなかった 先に旅立つ あちらで待っている 赤い蛭が空から繰り返し降って来る setbvvrlaxsmjzvwy」と書かれていました。

「これは遺書ではない」と言い、ヴィジュネルの暗号だと説明する獅子雄。

「赤い蛭」を鍵として解読すると「SUTTON ARAN SECRECY」の3語が出てきます。

SUTTONは死んだ2人がサットンビジネススクールの卒業生だったこと、ARANはサットンビジネススクール校長が安蘭世津子。

そこにSECRECY(秘密)があることを示していたのでした。

なぜ死んだライオンの裏に書かれているのかが気になる獅子雄でした。

安蘭世津子に会う獅子雄

サットンビジネススクールを訪れた獅子雄と若宮を出迎えたのは、世津子の秘書の北山でした。

世津子の部屋に通された獅子雄は、柴田と三崎のことについて尋ねます。

ですがプライベートは分からないと答える世津子。

その後北山にも話を聞きますが、柴田が経産省に勤めていることを伏せていたと打ち明けます。

三崎の勤務先を訪れた若宮は、店長から柴田が三崎の友達でかなり親しかったことや、柴田の彼女らしき女性と3人で出掛けて行ったことがあることも聞き出します。

 

一方、獅子雄は柴田の葬儀に訪れ、そこで異母兄の万亀雄に会います。

バーに連れて行かれた獅子雄は、柴田やサットンビジネススクールのことを尋ねますが、危険だからやめておけと忠告されます。

教える代わりに聞くだけで近づかないという条件を出す万亀雄。

 

サットンビジネススクールはイギリスのエリート養成塾で、リーダーを育てるために日本に持ち込まれました。

卒業生からの紹介でしか入塾できず、1人しか紹介できないというルールのおかげで20人という人数が保持されていたのでした。

少数精鋭の環境が功を奏し、総理や大臣の他多くの財界人を排出したと言います。

ですが2010年に世津子が買い取り、2人紹介できるルールに変更したため、ネズミ講式に生徒が増えていきました。

結局金儲けの施設に成り下がったサットンに対して、経産省は調査を進めていたという万亀雄。

その言葉で、柴田が経産省からサットンに送り込まれたスパイであることを察する獅子雄でした。

再び獅子雄を迎える世津子


江藤にも柴田がスパイであることを伝えると、そのために消されたと考えます。

世津子に指示されて、秘書の北山が手を下したと推測する獅子雄でした。

 

北山たちと食事していた世津子を、レオが見張っていました。

帰ろうとした時、レオは世津子に伝言を預かってきたと吠えているライオンの写真を渡します。

裏には「クレタ人は嘘つきだ」と書かれ、問題と答えの選択肢も書かれていました。

 

獅子雄がサットンを訪れると、北山がセミナーハウスで世津子が待っていると言います。

車で向かう獅子雄たちを江藤たちの車が尾行し、セミナーハウスの前で待機します。

 

その頃若宮は、獅子雄が何度も見返している20年前の殺人を告白する女性のカウンセリングDVDを観ます。

そこに出て来るS.Aという女性が、世津子であることに気づく若宮。

その直後、万亀雄がやってきて獅子雄への伝言を若宮に言い残します。

 

世津子の元を訪れると、クレタ人は嘘つきだからどちらの答えも不正解だと答える世津子。

獅子雄は世津子のこれまでの事を話し始めます。

 

高校生の頃からある人物から政治や経済について学んでいた世津子は、その人物からサットンの経営を任されます。

マルチ商法の学校にし、エリートたちを食い物にすることで至福を肥やしていきます。

2年前に入学した柴田の優秀さに目をつけた世津子は運営を手伝わせていたが、経産省のスパイであることに気づきます。

サットンを守るために北山を利用して、柴田を殺害したのだと指摘する獅子雄。

自らチョコレートを食べる世津子

そこで世津子は「休憩時間です」と言い、北山にコーヒーとチョコレートを持って来させます。

白と黒の2つのチョコレートを前にし「どちらかに毒が入っているとか?」と聞く獅子雄。

「クレタ人は嘘をつく」と言った後で、どちらにも入っていないから好きな方を選ぶように言います。

獅子雄が北山に選ぶように促すと、白を差し出す北山。

 

死んだライオンの裏に書かれた暗号は世津子が作ったもので、獅子雄をおびき出すための物だと言う獅子雄。

前世殺人事件の際にビデオの中で殺人を告白していた女性が世津子であり、獅子雄が調べている事を知りおびき寄せようとしたのでした。

そして、サットンの影の支配者であり、1980年代以降の経済犯罪で多額の資金を得ている守谷壬三について話してもらうと言う獅子雄。

世津子の悪事を暴いた上で、白いチョコレートを持って近づきながら北山に「目を覚ませ」と言う獅子雄。

その合図を聞いた江藤たちが、部屋に乗り込んできます。

 

それを見て残った黒のチョコレートを手にし、毒は入っていないと言いながら口に入れる世津子。

獅子雄の目の前で、苦しみながら死んでしまうのでした。

 

柴谷に好意を持っていた北山は柴田がスパイであったことや三崎との関係にショックを受け、世津子からの指示通りに動いてしまったことを打ち明けます。

チョコを食べ死んだ柴田を、帰ってきた三崎が見つけて後を追うために残りのチョコを自分で食べたのでした。

 

世津子が死んでしまい、全てが分からないままの状態に落ち込む獅子雄。

世津子は始めから死ぬつもりで自分を呼び出したのだと言います。

万亀雄からの「約束を破ったら探偵ごっこは終わりだ」という伝言を伝えると、破ることを分かっていて利用されたのだと言う獅子雄でした。

シャーロック8話の感想・考察

「シャーロック」8話の感想と考察をしていきたいと思います。

ここに来て、6話での前世殺人の際のS.Aが安蘭世津子だと判明しました!

回収されてスッキリしました。

しかもやはり、守谷が関わっていたんですね。

洗脳させるやり方からも、かなりカリスマ性があり影響力もある人物なのでしょう。

10話あたりから守谷回になりそうですが、誰が守谷を演じることになるのか、今からワクワクですね。

個人的なイメージとしては、大沢たかおさんや仲村トオルさん、堤真一さん。

もう少し年配だと、役所広司さんや石橋凌さんでしょうか。

気になりますね~。

 

ラストでの獅子雄と世津子のやり取りも、見ごたえがありましたね。

初めてサットンを訪れた時に「呼ばれてやってきた」と言っていた獅子雄。

既に世津子の意図を見抜いていたような気もしますね。

さすがに自殺つもりだったとは思っていなかったのでしょうが、世津子の正体も分かっていたのでしょう。

 

異母兄の万亀雄さん・・・2人の息の合ったやり取りは、思わず見入ってしまいました。

お互いの腹の探り合いや、心を見透かしたような絡みが絶妙でしたね。

シャーロック【月9】8話あらすじ・考察~S.Aは安蘭世津子・守谷との関りは?~


月9「シャーロック」8話のあらすじや考察をお伝えしました。

安蘭世津子がS.Aだと分かったものの、自殺してしまい守谷のことも分からずじまいです。

今後の展開がますます気になりますね。

そして次回はディーン様のスーツ姿が見られるようなので、楽しみです。

 

↓シャーロック1話~全話を今すぐ観る↓




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村