シャーロック

シャーロック【月9】6話あらすじ・感想・考察~前世殺人の裏に潜む守谷の影?~

ディーンフジオカさんの探偵ぶりが好評の、月9「シャーロック」。

6話では高校生の前世殺人という不可解な事件が起こります。

ラストでは、気になっている守谷の名前も登場します。

月9「シャーロック」6話のあらすじと感想、考察をお届けします。

 

シャーロック【月9】5話あらすじ・感想・考察~パワハラか母の愛か?モヤモヤが止まらない~ディーンフジオカさんと岩田剛典さんの息の合ったコンビネーションが魅力の、月9シャーロック。5話の今回は、行方不明の遺体の謎を暴いていきます。遺体はどこにあるのか?誰が殺したのか?月9シャーロック5話のあらすじネタバレ、感想と考察をしていきます。...

シャーロック6話のあらすじ


「シャーロック」6話のあらすじをご紹介します。

前世殺人の謎

17歳の女子高生の綾香は、誕生日に家族の前で意味不明な言葉をつぶやき、前世で殺人したと言い出します。

綾香がつぶやいた場所から遺体が発見され、しかもその遺体は亡くなってから20年以上経っていました。

正に前世殺人だとマスコミも騒ぎ立てる中、獅子雄は江藤や若宮とともに綾香の家を訪れます。

綾香の部屋を見て不眠だと気づいた獅子雄は、以前塾の帰りに襲われそうになったことからPTSDになり、大学病院でカウンセリングを受けていることを聞き出します。

PTSDの権威である平田教授にカウンセリングを受けていると聞いた若宮でしたが、平田教授は3ヶ月前に退官していました。

鳴かないカナリヤ

平田教授の助手も務めていた宇井准教授に会いに行く獅子雄と若宮。

平田教授の患者は全て、宇井が引き継いだと言います。

綾香のことを聞き出そうとする獅子雄たちでしたが、守秘義務があると言い話してもらえません。

宇井が部屋で飼っているカナリヤが、宇井が近づいても鳴かないことに違和感を持つ獅子雄。

 

そこに江藤から、遺体の身元が判明したと報告が来ます。

田島純子は高校の英語教師をしていて、行方不明になった当時家族から捜索願が出されていたのでした。

遺体からはアラビアゴムが検出されていて、陶芸をしている美樹を疑う江藤。

アラビアゴムは水彩絵の具の原料でもあり、陶芸では仕上げに絵の具を使うからだと説明するのでした。

家に帰った獅子雄は、カナリヤを買ってきていました。

そこに江藤も訪れ、陶芸に使う絵の具にはアラビアゴムは含まれていなかったと報告します。

若宮が綾香をカウンセリング?


一酸化炭素を嗅ぎ取って落盤を知らせる炭鉱のカナリヤを知っているかと尋ねる獅子雄に、祖父が炭鉱で働いていたことを話す宇井。

島根出身の宇井は、高校を中退した後25歳で医大に入ったという経歴を持っていました。

綾香への治療方法を聞く獅子雄でしたが、カウンセリングだとしか答えません。

再び綾香の家を訪れた獅子雄は美樹に若宮を精神科医だと紹介し、セカンドオピニオンを勧めます。

綾香の部屋に行き話を聞くと「女の人の顔、倉庫、鉄塔、黄色、タマセメント、シャベル、純ちゃんて名前」の順に浮かんだと説明する綾香。

話を聞きながら違和感を覚える獅子雄でした。

さらに、母親の美樹が高校の時だけ島根に住んでいたことを聞き出す獅子雄でした。

遺体で発見される平田教授

カナリヤを持って平田教授の家を訪れた獅子雄は、ポストにたまったままの新聞を確認します。

玄関や庭の方まで、カナリヤを近づけながら移動する獅子雄。庭の掃き出し窓にカナリヤを近づけた途端、それまで鳴いていたカナリヤがピタッと鳴きやむのでした。

獅子雄は江藤に美樹が島根にいた時のことと、平田教授の家を調べるように指示します。

平田教授は家の中で遺体で発見されます。

練炭が焚かれた跡があり遺書もありましたが、その最中に心筋梗塞で亡くなったものと判明します。

 

遺書にはビデオテープが添えられていました。

平田教授はカウンセリングの際に、患者の了承の元映像を残していたのです。

遺書に添えられたテープは1999年12月13日に撮られたもので、S.Aと書かれていました。

「あの方の命令で純ちゃんを殺した」と告白し「あの方の言うことならなんでも聞くんです」と話す女性。

残された遺書にはその告白を黙っていたことや、退任前に綾香に映像を植え記憶操作したことを告白していました。

守谷再び

宇井の元を訪れた獅子雄は、美樹が島根にいた時に恋心を抱いた宇井が、ストーカー呼ばわりされたために高校を中退になっていたことを話します。

その後綾香のカウンセリングで美樹と偶然再会しましたが、忘れられていたことに腹を立てた宇井は、綾香に映像をみせて記憶操作をすることで復讐します。

それに気づいた平田教授は宇井を咎められている最中に発作を起こしてしまいましたが、宇井は自殺に見せかけたのでした。

医学のために見逃してくれと言う宇井に「あの子の方が一枚上手だ」と告げる獅子雄。

綾香が家族に注目して欲しくて、記憶操作されたフリをしていたのでした。

愕然とする宇井。

カナリヤを気にする宇井に「引き取る代わりに、S.Aに殺しを命じた人物の名前を教えろ」と取引する獅子雄でした。

家に戻った獅子雄は若宮に殺しを命じた人物の名前を口にします。

その名前は「守谷壬三」でした。

シャーロック6話の感想・考察


シャーロック6話の感想と考察をご紹介します。

守谷という名前が出てきて、テンションが上がってしまいました。

また出て来るとは思いましたが、最終話ではなくここでも出て来るとは…。

小出しにして焦らされている気がしますが、正体が早く知りたいですね。

 

前世殺人はいかにもミステリーという感じでしたが、結局綾香のフリだったというオチでした。

まさかの母親の美樹との繋がりもが想定内だっただけに、女子高校生の方が一枚上手だったというラストは面白かったです。

若宮の久々の精神科医としての姿も見られ、満足な回でした。

シャーロック【月9】6話あらすじ・感想・考察~前世殺人の裏に潜む守谷の影?~まとめ


「シャーロック」6話で再登場した守谷ですが、まだその正体は全く分かっていません。

ラストで獅子雄との直接対決が見られそうです。

6話のあらすじや感想、考察をお届けしましたが、7話もますます楽しみですね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村