TOKYO MER

「TOKYO MER」1話あらすじネタバレ・工場爆発で現場内でオペ?

ドラマ「TOKYO MER」1話のあらすじネタバレです。

発足記念式典の最中に早速要請が入り出動するTOKYO MERの喜多見たち。

一方、MERの解体をもくろむ厚生労働大臣たちからは、喜多見の行動に非難の声も?

「TOKYO MER」1話のあらすじネタバレ、感想や動画配信についてお伝えします。

「TOKYO MER」放送日・キャスト・相関図・原作あらすじ・主題歌日曜劇場「TOKYO MER」の放送日やキャスト、相関図、原作あらすじや主題歌など気になる情報。人気上昇中の鈴木亮平さんが日曜劇場初主演。「TOKYO MER」のキャスト・相関図・原作あらすじ・主題歌・放送日をご覧ください。...

TOKYO MER・1話のあらすじネタバレ

「TOKYO MER」1話のあらすじネタバレを、ご紹介します。

TOKYO MER始動

救命救急チーム・TOKYO MERの発足記念式典が行われる中、バスとトラックの衝突事故が発生したとの緊急要請が入ります。

早速、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)を始めとするMERのメンバーが、特殊緊急車両のERカーで出動。

現場には何人もの負傷者がいて、ハイパーレスキュー隊隊長・千住幹生(要潤)の制止も聞かずケガ人たちをトリアージしていく喜多見。

車体に挟まれた患者を救助と並行して手術する喜多見の前に、厚生労働省から派遣された医系技官の音羽尚(賀来賢人)も現れます。

喜多見たちの活躍で死者はゼロでしたが、その一方で行き過ぎた行動を問題視する声も。

さらに、事故の原因となった居眠り運転をしていたトラック運転手の処置を優先したことで、一般市民からも非難の声が上がります。

活動内容を縮小もしくは解体するべきだとの意見もあり、審査会が開かれることも判明。

本当の事故原因とは?

MERのメンバーで循環器外科の研修と兼務する弦巻比奈(中条あやみ)から、本当は循環器外科の仕事に専念したいという本心を聞き出す音羽。

事故の際にトラック運転手の処置を優先した喜多見の行動にも疑問を持っていたことを知り、審査会でそのことを証言するように依頼します。

その後、事故は現場付近に住む小学生の飛び出しが原因だったことが判明します。

ですが、トラック運転手は子どもを庇い、自分の責任だということにしたのでした。

審査会直前、モニターを見ていた喜多見は突然ある工場に向かうと言い出し、審査会を欠席してメンバーで臨床工学技士の徳丸元一(佐野勇斗)と出動してしまいます。

喜多見の過去

審査会では厚生労働省大臣の白金眞理子(渡辺真起子)や医政局長の久我山秋晴(鶴見辰吾)が、MERの解体を主張。

行き過ぎた行動を非難された喜多見をチーフに任命した赤塚梓(石田ゆり子)にも任命責任を問い、その任命理由を尋ねる白金。

それに対し、喜多見が子どもの頃にアメリカで起こった銃乱射事件に両親とともに巻き込まれ、その際に喜多見の両親が搬送されず亡くなってしまったことを説明します。

そのために医師となった喜多見はMERの理念そのものだと語る赤塚。

二度目の爆発?

工場でケガ人の処置に当たっていた喜多見でしたが、その最中に漏れ出たガスに引火して爆発が起こり建物が崩落。

工場関係者だけでなくがれきに挟まれて救助隊員や医療関係者までが巻き込まれ、MERに出動要請が入ります。

音羽たちも駆けつけ赤タグの患者たちを搬送し終えたところで、再び大爆発が起こり生存者を確認していた救助隊員が取り残されてしまいます。

ガスが止まるまでは待機するとの千住の指示に反し、一人で現場に向かおうとする喜多見。

音羽も引き止めますが「俺は諦めたくない」と言い、建物の中に入っていってしまいます。

TOKYO MER・1話の結末のあらすじネタバレ

「TOKYO MER」1話の結末のあらすじをネタバレしていきます。

救急隊員や喜多見の運命は?

結末をチェックする

内部で救助隊員の根津を発見しますが、鉄筋が太ももの動脈に突き刺さっていたためその場でオペを始める喜多見。

ですが、ガスが漏れる中で根津のオペをしていたため、意識がもうろうとしてきてメスを握れなくなってしまいます。

そこに、音羽が駆けつけてオペを代わり、間一髪で救出することができるのでした。

今回も死者はゼロとのことで、赤塚を始め現場のMERメンバーたちも安堵して大喜び。

ですが、千住は自分の指示を無視して危険をおかした喜多見に苦言を呈します。

その後、白金に呼び出された音羽は、MERを解体することが使命なのだと釘を刺されるのでした。

 

TOKYO MERを2週間無料体験で観る

TOKYO MER・1話の感想と視聴率

「TOKYO MER」1話の感想や視聴率をご紹介します。

TOKYO MER・1話の感想

通常の医療ものとは違い患者や現場が事故や災害関連なので、かなり大がかりなシーンが満載でした。

ハイパーレスキュー隊が活動する中で治療やオペを行うので、緊迫感も相当あります。

血には弱いので目をそむけたくなるシーンも続出でしたが、それでもついつい気になって観てしまうんですよね。

ラストでの救出シーンで主題歌『アカリ』が流れ、まさにヒーローそのもののような喜多見と音羽。

単純に「カッコいい~」と声が漏れるような、そんなドラマでした。

緊急車両なども惜しげもなく登場するので、好きな人は必見ですね。

TOKYO MER・1話の視聴率

「TOKYO MER」1話の視聴率は、14.1%でした。

  • 1話:14.1%

1話から見ごたえ満載の内容でした。

かなり本格的なオペシーンや緊急医療の車両は必見です。

 

TOKYO MER・1話の見逃し動画配信は?

「TOKYO MER」の1話を見逃した場合の、動画配信についてご紹介します。

「TOKYO MER」1話はTVerやTBSFREEで1週間限定で見逃し配信されます。

Paraviでは見逃し配信の他、2週間の無料体験なら無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

登録すれば2週間無料で視聴が可能なので、イッキ見できます。

その後も引き続き視聴したいという場合や、他にも観たい作品があり継続したいという人は、そのまま継続することもできます。

その場合、無料体験終了日の翌日から、月額1,017円(税込)の料金がかかります。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

まずは2週間無料体験してみてはいかがでしょうか?

※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

TOKYO MER・1話のあらすじネタバレまとめ

「TOKYO MER」1話のあらすじネタバレ、感想や動画配信についてご紹介しました。

発足して早々に存続を問題視されるMERですが、今後も白金たちの妨害に遭いそうです。

そんな中でもマイペースな喜多見が、メンバーたちを感化していくのでしょう。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)