100万回言えばよかった

100万回言えばよかった2話あらすじネタバレ・直木が会う約束をした女性とは?

ドラマ「100万回言えばよかった」2話のあらすじネタバレです。

直木に何があったのか調べて欲しいと譲に頼む悠依。

そんな中、直木が会う約束をしていた女性の存在が浮かび上がり…。

「100万回言えばよかった」2話のあらすじネタバレ、感想や動画配信についてお伝えします。

100万回言えばよかった1話あらすじネタバレ・自分の存在を悠依に知らせる直木ドラマ「100万回言えばよかった」1話あらすじネタバレ。悠依にプロポーズしようとしていたのに突然幽霊となった直木。そのことを知らずに悠依は必死に直木を探しますが…。「100万回言えばよかった」あらすじネタバレ、感想や動画配信についてお伝えします。...

100万回言えばよかった・2話のあらすじネタバレ

「100万回言えばよかった」2話のあらすじネタバレを、ご紹介します。

行方不明になった日の直木の行動は?

刑事の譲(松山ケンイチ)を介して話を聞き、直木(佐藤健)がそばにいることを信じた悠依(井上真央)。

2023年1月20日、高原涼香(近藤千尋)が殺害されたマンションの防犯カメラに直木の姿を見つけた譲は、そのことを先輩刑事の田島宏一(少路勇介)に報告。

一方、勤め先の美容室で、客として訪れた夏英(シム・ウンギョン)と偶然再会した悠依。

その後、悠依から呼び出された譲が直木とともに待ち合わせのファミレスに向かうと、直木に何があったのか調べて欲しいと頼まれます。

殺人事件事件と何らかの関わりがあるかもしれないことがよぎった譲は、直木が恐らく既に亡くなっていることや調査することで辛いことが判明するかもしれないことを確認。

それでも調べて欲しいという直木や悠依の答えを聞いて、覚悟を決める譲。

ファミレスが閉店時間となったため直木の部屋で続きの話をすることになり、早速1月13日のできごとを話し始める直木。

1月13日の昼は、勤め先の洋食屋「ハチドリ」は臨時休業にしていましたが、昼だけ子ども食堂のために開店。

2時ごろには子供たちは帰ったものの自分が帰った記憶はなく、気づいたら部屋で寝ていて悠依の姿があったと話します。

すると「いたの?あの時」と驚く悠依でしたが、自分の状況が分かっていなかった直木は普通に会話しているつもりだったとのこと。

直木が会おうとしていた人物とは?

直木のPCでスマホの場所を探そうとしますが電源は入っていないかバッテリー切れで特定できず、代わりに同期されたショートメールから「待っています。何かありましたか?」との履歴を発見。

直木は「尾崎莉桜、覚えてる?」と名前を出します。

莉桜は里親施設で一時期一緒に暮らしていた2つ年上の女の子でしたが、ある日突然いなくなってしまい勝(春風亭昇太)も美貴子(桜一花)も探しましたが見つからず、18歳になる年に委託終了になってしまいました。

6年前の美貴子のお葬式では直木と悠依は入れ違いだったもののそれ以降直木は勝の家に顔を出すようになり、調理師になって独立を考えていた直木に、池澤英介(荒川良々)を紹介してくれたのも勝でした。

その勝も少し前に亡くなりましたが、莉桜を探して家に置いていった物を返してやって欲しいと生前に頼まれたとのこと。

ショートメールはその莉桜からだと思われましたが、待ち合わせ場所に行かなかったのか直木も思い出せず…。

譲と別れて悠依の部屋への帰り道、謎の男・樋口(板倉俊之)が近づいてくるのに気づいた直木は咄嗟に悠依を守ろうと飛びつきます。

すると、何度もすれ違っていたのに直木が気づいてくれないから自分から驚かせてみたと嬉しそうに話す樋口。

さらに、自分が直木と同類だと言いいい加減自分が死んでいることを認めようと伝えますが、認めたくない直木はその場から黙って立ち去ってしまうのでした。

身元不明の遺体確認をする悠依

翌日、譲が莉桜についてデータベースを調べると、傷害罪での逮捕歴が2度もあることが判明。

同じ頃、悠依は莉桜に会いたいとメールを送信しますが、その直後に神奈川県警の山北警察署・篠原という人物から電話があり、身元不明の遺体が直木かどうか確認して欲しいと言われ動揺。

涼香の事件についての捜査会議に出席していた譲のもとに直木が現れ、ためらいながらも防犯カメラに映った直木の映像について報告する譲。

譲が協力してくれていた訳を察した直木は、涼香が莉桜の中学時代の友人で連絡先を知っていたため会いに行っただけだと説明。

ですが、応答がなかったため会えなかったと答えていると、直木に似た身元不明遺体の件を譲に知らせに来る田島。

その頃山北警察署では悠依が次々と出される所持品を確認していましたが、見覚えのないものばかりで別人だと判明。

直木ではなかったと譲に報告の電話をしていた悠依でしたが、気を張っていたあまり過呼吸になってしまい…。

夏英に助けを求めた悠依は過換気症候群の診断を受け、検査をして帰ろうとしたところに直木と譲が駆けつけます。

少し話そうという直木の言葉で一緒に帰ろうとしますが、その様子を見ていた夏英は譲の姿を見て「ウソでしょ」と困惑。

100万回言えばよかった・2話の結末のあらすじネタバレ

「100万回言えばよかった」2話の結末のあらすじをネタバレしていきます。

直木が隠していたこととは?

結末をチェックする

直木の部屋に行き、身元確認をした時の怖さやそばにいるのに実感できないことの辛さを泣きながら吐き出す悠依。

それを聞いた直木は涙を拭おうとするものの触れることができず、訳が分からないまま辛い思いをさせたくないからきちんと調べたいと告げます。

さらに、自分がもし死んでいたとしても前に進もうと譲に伝えてもらう直木。

その後、警察署を訪れた直木は、黙っていたことがあると言い莉桜に返すために勝から預かった物の中に現金500万円が含まれていたことを打ち明けます。

話を聞いた譲は500万円のことを涼香が知っていると仮定し、お金のことで涼香と揉めた莉桜が涼香を殺害したのでは?と推測。

涼香の部屋を訪ねた12日の夜に莉桜から電話があったため、お金のことを知っていると思った直木に連絡をしてきた莉桜が直木を殺害したとも考える2人。

その頃、悠依のスマホに莉桜から「尾崎莉桜です。悠依ちゃんですか?」と返信がきていました。

莉桜とすぐに会う約束をした悠依がそのことを譲に知らせたため、悠依に危険が及ぶと考えた2人はすぐに悠依のもとに向かうのでした。

 

100万回言えばよかったを観る

100万回言えばよかった・2話の感想と視聴率

「100万回言えばよかった」2話の感想や視聴率をご紹介します。

100万回言えばよかった・2話の感想

感想を見る

行方不明になった際の直木の行動が少しずつ明らかになってきました。

莉桜の存在がカギを握っていそうですが、真犯人は本当に莉桜なのでしょうか。

一方で、夏英が譲を見て驚いていたのが凄く気になります。

涼香の事件とも関わってくるのか、それとも全く別の関わりなのか…。

ただのラブストーリー要素だけではないので、突如引き込まれます。

100万回言えばよかった・2話の視聴率

「100万回言えばよかった」2話の視聴率は、7.6%でした。

  • 1話:7.4%
  • 2話:7.6%

 

100万回言えばよかった・2話の見逃し動画配信は?

「100万回言えばよかった」の2話を見逃した場合の、動画配信についてご紹介します。

「100万回言えばよかった」2話はTVerやTBSFREEで1週間限定で見逃し配信されます。

中でもParaviでは見逃し配信の他、登録すれば1話~最新話までイッキ見できちゃいます。

その場合、月額1,017円(税込)の料金がかかります。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

まずは登録してみてはいかがでしょうか?

※本ページの情報は2023年1月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

100万回言えばよかった・2話のあらすじネタバレまとめ

「100万回言えばよかった」2話のあらすじネタバレ、感想や動画配信についてご紹介しました。

3人のやりとりが不思議な感じですが、やはり核心につく部分では切なくなってしまいます。

直木の身に何が起きたのか、知るのが怖い反面早く知りたいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)