あらすじ

「大病院占拠」3話あらすじネタバレ・土佐の暴かれた罪と鬼の正体は?

ドラマ「大病院占拠」3話あらすじをネタバレします。

土佐の罪を探るために「クラブ・タンゴ」に向かった武蔵。

罪を暴いていく中で、鬼の正体も判明していき…。

「大病院占拠」3話のあらすじネタバレや感想、動画情報をお伝えしていきます。

「大病院占拠」2話あらすじネタバレ・武蔵の安否と青鬼たちの目的とは?ドラマ「大病院占拠」2話あらすじをネタバレ。犯人とドローンから逃げ回った武蔵でしたが、裕子をおとりにされて青鬼たちと対峙することに。「大病院占拠」あらすじネタバレや感想、動画情報をお伝えしていきます。...

大病院占拠3話のあらすじネタバレ

https://twitter.com/dbs_ntv/status/1619304299967942658?s=20&t=O6JljGTnyU2UeIcjT0sqVQ

「大病院占拠」3話のあらすじを、ご覧ください。

「クラブ・タンゴ」に向かう武蔵

青鬼から交渉人に指名された武蔵(櫻井翔)でしたが、タレント医師の土佐(笠原秀幸)の罪を探るためにヒントにあった「クラブ・タンゴ」に向かいます。

「百鬼夜行ちゃんねる」がバズり始め、視聴者からの県警のSNSに応援メッセージなどのほかタレコミ情報も届くように。

その頃、人質となっていて突然倒れてしまった看護師の安芸(呉城久美)の応急処置を行っていた裕子(比嘉愛未)は、安芸が膵臓がんであることを知り鬼たちに交渉しようとしていました。

重い病気であることを理由に解放するよう要求する裕子でしたが受け入れられず、知事の長門(筒井真理子)がトイレに行かせてほしいと食い下がったことから女性全員でトイレに行く許可が出ます。

一方、配信の視聴者たちは武蔵を応援するコメントのほか、鬼を擁護するコメントや支持者も微増していて、投げ銭を送る視聴者まで現れ…。

そこに、去年のハロウィンの時の「クラブ・タンゴ」内の映像がDMで送られてきます。

それによると「クラブ・タンゴ」が芸能人御用達の場であることや、週末には違法薬物を使ったドラッグパーティーが行われていたこと、さらにそこに土佐も参加していたことが判明。

「クラブ・タンゴ」に到着した武蔵はその事実を和泉(ソニン)から伝え聞いて映像も受け取り、それをもとに支配人を問い詰めます。

すると、土佐がパーティーに参加していた去年のハロウィンのに、女性客2人が薬物の過剰摂取により救急車で搬送される事案が起きていたことが判明。

土佐の罪とは?

駿河(宮本茉由)と志摩(ぐんぴぃ)の調べで、女性2人が界星堂病院で土佐の診察を受けたことが分かります。

しかも、1人はすぐに退院したもののもう1人は急性心筋梗塞で亡くなっていることも判明。

カルテ上に違法ドラッグのことは触れられておらず土佐が故意に隠ぺいしたと思われ、亡くなった女性が3か月前に亡くなったにも関わらず今朝病院に入った記録があった周防あかり(乃中瑞生)であることが明らかになります。

あかりが違法ドラッグの過剰摂取で亡くなった証拠を見つけるため、病院に搬送されたもう1人の女性・信濃めぐみ(中澤実子)に会いに行くことに。

相模(白洲迅)とともにめぐみの部屋に向かった武蔵でしたが姿はなく、何かに怯えていた気配を感じ取ります。

一方、女性たちがトイレから戻り男性たちの番になり、安芸の薬を隠し持った佐渡(坂田マサノブ)がトイレに薬を流してしまいます。

それを見た若狭(稲葉友)が咎めようとすると、逃げ出す計画の一つだと答える佐渡。

薬が無くなったことで3階の薬品庫に薬を取りに行くフリをして、麻酔薬で鬼たちを眠らせようとのこと。

その頃、武蔵はタレコミのDMがめぐみ本人から送られたことに気づき、めぐみとコンタクトを取り待ち合わせすることに成功していました。

青鬼と交渉する武蔵

病院に潜入していた動画配信者・由衣(明日海りお)は犯人の目を逃れながら妨害電波を出す機械を見つけ出し、スイッチを切ることに成功。

それまで撮りためていた動画をスタッフの能登奈々子(益田恵梨菜)に送ります。

制限時間が迫る中なんとか戻った武蔵は、青鬼からの着信に応答するもののなぜか切断してしまいます。

その後も着信拒否や再び切断することを繰り返し、土佐の罪を暴くことができたらもう1人女性を解放するという条件を飲ませることに成功する武蔵。

武蔵は土佐がドラッグパーティーに参加していたことだけでなく、病院に搬送されて助かった女性には口止め料を払い、亡くなった女性のカルテを改ざんして死因を隠ぺいしたことを暴露。

ですが、認めようとしない土佐の言葉に、めぐみから託された口止めされている際の録音データを流す武蔵。

さらに、認めなければ緑鬼に殺されると忠告した武蔵は、緑鬼があかりの父親・周防誠(村上淳)であることを明らかにします。

周防があかりの診察券を使って病院に入ったことや、8時20分の制限時刻はあかりが亡くなった時刻であることを指摘する武蔵。

その言葉に周防は緑鬼のお面をはずして素顔を晒し、改めて土佐に罪を認めなければ殺すと銃を向けるのでした。

土佐が解放されることになったものの、正面玄関から出てきたのは人気女優・日高もなみ(神倉千晶)の違法薬物禁止の啓発ポスターを身体に貼られた土佐のみ。

解放するもう1人の女性だと言い、もなみもパーティーに参加していたことを暴露する青鬼。

大病院占拠3話の結末のあらすじネタバレ

「大病院占拠」3話の結末のあらすじをネタバレしていきます。

鬼たちのアジトに向かう武蔵

結末をチェックする

ホテルで保護されていた娘・えみり(吉田帆乃華)は、SNS上でヒーローのようにもてはやされる武蔵を見て「あいつはママを泣かせた」と投稿したことから武蔵の娘であることが特定されて晒されていました。

さらに、ホテルにいた人質の家族たちが集まる部屋に行ったえみりは、SNSに晒された情報から武蔵の娘だとすぐに気づかれてしまいます。

警察に不信感を持つ家族たちに取り囲まれたえみりは、その場から逃げ出してしまい行方不明に。

周防の足取りから、3年前までサバイバルゲームの舞台として運営されていた廃ビルが特定されます。

その頃、スマホの画面に写る男の子を見つめていた橙鬼(森田甘路)はお面を取り、横にいた茶鬼(大水洋介)に「兄ちゃん、いよいよだな」と話しかけていました。

現場に向かった武蔵は震える手で拳銃を握りながら廃ビルに潜入し、そこが鬼たちのアジトであることを突き止めます。

ですが、その先白衣の人物が倒れているのを見つけて声をかけると、それはマネキンであると同時にセンサー付きの爆弾。

「嘘だろ…」とつぶやきながら咄嗟に逃げると同時に、爆破が起きるのでした。

 

↓「大病院占拠」を今すぐみる↓

大病院占拠3話の感想・視聴率

https://twitter.com/dbs_ntv/status/1619274260941541377?s=20&t=O6JljGTnyU2UeIcjT0sqVQ

「大病院占拠」3話の感想や、視聴率をご紹介します。

大病院占拠3話の感想

感想を見る

緑鬼、橙鬼、茶鬼の正体がようやく明らかになりました。

それぞれの鬼が人質に対して恨みを持っているようで、次回は橙鬼と茶鬼のターゲットの罪を暴くことになるのでしょうかね。

鬼の考察も話題になっていますが、みなさんが予想されている通りだったりして凄いですね~

それとは別に、雑なCGやツッコミどころ満載な演出や展開など、少しずつクセになり始めています。

ラストは再び爆破に巻き込まれた武蔵ですが、きっと無双状態で次に向かうのでしょうね。

大病院占拠3話の視聴率

「大病院占拠」3話の視聴率は、7.4%でした。

  • 1話:7.2%
  • 2話:7.6%
  • 3話:7.4%

大病院占拠3話の見逃し動画配信は?

「大病院占拠」3話を見逃してしまった場合の動画配信についてご紹介。

「大病院占拠」最新話は、huluやTVerで放送後から期間限定で見逃し動画配信されています。

その期間内に見逃してしまったという人も、huluに登録すれば1話~最新話まで観ることができるうえに他のドラマや映画なども楽しめます。

月額1,026円(税込)がかかります。※2023年1月現在

大病院占拠3話のあらすじネタバレ・まとめ

「大病院占拠」3話のあらすじやネタバレ、感想や動画情報をお伝えしました。

鬼の正体が少しずつ明らかになってきました。

人質の罪も着々と暴かれていきますが、やはり裕子の罪が気になります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)