ドクターXシリーズ6

ドクターXシリーズ6第6話あらすじ・感想~未知子と博美の致しません!~

米倉涼子さんのカッコいい姿も好評な「ドクターXー外科医・大門未知子ー」。

6話では、最強パートナーの未知子と博美が大ゲンカしてしまいます。

終盤には未知子と博美、W致しませんも披露されますよ♪

「ドクターX」シリーズ6の、6話のあらすじと感想をご紹介します。

 

ドクターXシリーズ6第5話あらすじ・感想・岩下志麻の背中に隠された過去シリーズ6も好調なドラマドクターXー外科医・大門未知子ー。6話では、あの看護師界のドンと言われる三原会長が出演します。久しぶりに見られる米倉涼子さんと岩下志麻さんのやり取りが楽しみです。ドクターX5話のあらすじと感想をご紹介します。...

 

ドクターXシリーズ6第6話のあらすじ


「ドクターX」シリーズ6・6話のあらすじをお伝えしていきます。

未知子とケンカする博美

7歳のむつみという女の子を連れた母親が、神原名医紹介所に訪れます。

すぐ後にキッズビジネスの実業家・六角橋もやってきて、お金はいくらでも払うから未知子にむつみの手術を頼みたいと言います。

むつみは後腹膜原発胚細胞腫瘍で、他の病院では手術適用外だと言われていました。

早速東帝大学病院に入院させ、未知子が手術を行うことになります。

 

六角橋はむつみのことをSNSにアップし好感度を上げますが、売名行為だとも言われていました。

 

むつみの手術は後腹膜の腫瘍摘出と左肺下葉切除を2度に分けて行う予定でした。

ですが当日の手術が予定の半分の時間で済み、予定を変更して一度で行うことになります。

無茶な注文に対応した博美のおかげもあり無事に手術は成功しますが、術後未知子を非難する博美。

子供の受ける負担も考えて欲しいと言うが、真面目に答えない未知子に呆れてしまう博美でした。

六角橋が入院する

六角橋に誘われて食事に行った博美。

子供の頃に貧乏で、母親から貰った500円玉を手に奮起し、今のビジネスを成功させたことを話します。

食事を終えて帰ろうとした時、腹部の痛みを訴えながらその場に倒れ込んでしまう六角橋。

東帝大学病院に搬送し、肝細胞がんのステージⅢの診断を下されます。

 

麻酔医として六角橋に指名された博美は、執刀医として海老名を指名します。

カンファレンスが行われ、六角橋の血液型が「-D-(バー・ディー・バー)」という20万人にひとりの血液型であることが告げられます。

自己血輸血で行うことになり、1週間に一度の貯血をする六角橋。

そんな中、六角橋の病気のことがどこからか漏れてしまい、SNSで拡散されてしまいます。

 

落ち込む六角橋に、むつみがお礼を言いに来ます。

折り紙で作った箱を渡された六角橋が中身を見ると、500円玉が入っていました。

「金で買えない夢があることが分かった」と未知子に言う六角橋。

急変で緊急オペ


容態が急変し、緊急オペすることになります。

貯血はまだ1回分しかできていないため、最小限に出血量を抑える必要がある中、執刀する海老名。

 

焦りながら執刀していた海老名は、血管を傷つけてしまいます。

自己血を輸血するものの、止血はできないまま時が過ぎて慌てる海老名。

 

「執刀医チェンジ!」と博美が言った直後、未知子が現れ執刀を代わります。

「血を抜こう」と未知子が言い、瀉血をする博美。

瀉血したことで出血量も減り、出血部位を特定し止血に成功する未知子でした。

その後、瀉血した血液を希釈式自己血輸血する様子を見た海老名は、危険な状態には変わりないことを指摘し「閉じた方がいいんじゃない?」とつぶやきます。

すると未知子と博美の2人が声を揃えて「致しません!」と答えるのでした。

 

その様子を見た丹下は鮫島に、六角橋ががんを克服したと発表するよう指示し「その前に買いに動け」と耳打ちするのでした。

丹下の策略を見破っていた晶

無事手術は成功し、目を覚ました六角橋は博美に「一緒にいて欲しい」と言います。

ですが博美は気持ちだけ貰っておくと言い「あの名医紹介所が好きなんです」と答えるのでした。

 

蛭間に請求書を渡した帰り、ロビーで丹下に遭遇した晶。

六角橋の会社の株で儲けたことを示唆し「人の命をビジネスに利用することは許されません」と言います。

 

その後副院長室で六角橋の会社の株で、21憶の利益が出たことを報告する鮫島。

ですがもし手術が失敗していたら、六角橋の会社を買収しようと画策していた丹下は、未知子に対しての怒りをあらわにするのでした。

ドクターXシリーズ6第6話の感想


「ドクターX」シリーズ6・5話の感想をご紹介します。

やっぱり、未知子と博美のコンビは最高ですね!

ケンカするほど仲がいいという言葉通り、相手に対しての信頼があるからこそ言いたいことが言えるのだと思います。

無茶が言える関係っていいですね。

 

ケンカしながらも、いつも心の奥では相手のことを思っている未知子と博美。

ビジネスだけではなく、心も繋がっている感じがして感動でした。

 

そして2人ともカッコいいんです♪

信頼する中で行われた手術は、ゾクっとするほど息の合ったコンビネーションでした。

ドクターXシリーズ6第6話あらすじ・感想~未知子と博美の致しません!~


「ドクターX」シリーズ6、6話のあらすじと感想をお伝えしました。

今回は未知子と博美の息の合った「致しません」が観られて、大満足のストーリーでした。

信頼度もますますアップして、今後も最強なコンビネーションを披露してくれそうですね。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村