あらすじ

グランメゾン東京10話あらすじ・感想~祥平考案の新メニューにリンダは?

9話のラストで「グランメゾン東京に来い」と祥平を誘った尾花。

10話でいよいよ、祥平が仲間に加わるのでしょうか!

ミシュランの審査も近づく中、リンダの動きも気になりますね。

「グランメゾン東京」10話のあらすじや感想をお伝えしていきます。

 

グランメゾン東京9話あらすじ・感想キムタクの祥平!グランメゾンに来いグランメゾン東京8話で改めて初心を思い出した尾花。9話ではミシュラン審査も迫る中萌絵がノロウィルスで倒れます。gakuを辞めた祥平を尾花がグランメゾンに来るように言います。グランメゾン東京9話のあらすじと感想をご覧ください。...

 グランメゾン東京1話~最終話を2週間無料体験で観る

グランメゾン東京10話のあらすじ

「グランメゾン東京」10話のあらすじをお伝えします。

祥平に料理を振る舞う京野の思い

祥平をグランメゾンに来るように誘った尾花でしたが、迷惑がかかると断ります。

リンダに話したことで、記事がすぐに出回るから京野たちに謝るなら今だと言う尾花。

グランメゾン東京に出向いた祥平は、倫子たちみんなの前で、3年前ミスしたのは自分だと告白して謝罪します。

驚く倫子たちでしたが、中でも相沢は料理人として許せないと言います。

グランメゾン東京が三つ星を獲ることを祈っていると言い残し、店を後にしようとする祥平を、尾花が引き止めます。

それを見た京野は、フレンチを辞めるなら卒業祝いに俺が料理を作るから食べて行けと言い、厨房に立つ京野。

 

「本州鹿ロースのパイ包み」を作り、祥平たちに振る舞います。

味はどうかと尋ねる京野にうまいですと答える祥平でしたが、京野は掴みかかり怒りをぶつけます。

自分が全力で作った料理よりも祥平のまかないの方が何百倍もうまいと言い、祥平の料理は人の心を動かす力があるのだと言う京野。

才能のある祥平が料理から逃げるのは、料理を諦めた人間に対して失礼だと声を荒げます。

それを黙って泣きながら聞く祥平でした。

 

京野と尾花は、祥平をグランメゾン東京に必要だと言いますが、倫子と相沢は反対します。

ですが「京野さんがぼんやりした料理を作ってまで祥平を引き止めようとした」と言い、仮採用するのでした。

メインの新メニューを任される祥平

新メニューを考案する柿谷でしたが、丹後から厳しくダメ出しをされます。

逆ギレした柿谷は、一人では何もできないくせにと言い返し、更に怒らせてしまうのでした。

 

尾花たちも新メニューをそれぞれに考案していましたが、そこに峰岸が肉を持ってやってきます。

メインの新メニューは尾花と祥平で考えるようにと倫子が指示すると、やる気になる祥平でした。

 

京野の家に、マンションを引き払ってしまった祥平がやってきます。

ダンボールでいっぱいになった部屋を見て、ジャンケンをした3人。

負けた尾花は、倫子の家に再び転がり込むのでした。

 

翌日、相沢の考えた前菜の試作品を試食する尾花。

心配そうに見つめる相沢でしたが、いつものように上を向いて美味しそうにする尾花を見て、相沢はガッツポーズをして倫子と喜び合います。

祥平にも試食品を持っていき、食べるように勧める倫子。

一口食べ「すっげー」と言う祥平に、相沢が今までで一番嬉しそうだと倫子が言うと、尾花に認められたからだと話します。

改めて仲間に恵まれていると感じる倫子でした。

gakuを去る丹後


湯葉を使った新メニューを、江藤に試食してもらう丹後。

そこに、結月という男がやってきます。

gakuのコックコートを着ているのを見た丹後は、新しいスー・シェフだと思い挨拶をするように言いますが、来月から契約したシェフだと告げる江藤。

コックスーツを脱ぎ店を去ろうとする丹後に江藤は、祥平が居なくなって自信を無くした丹後には三つ星は獲れないと感じたのだと言うのでした。

 

美優がグランメゾン東京に訪れます。

祥平を心配していて探していると言う美優に、料理をごちそうするという尾花。

美味しそうに味わいながらデザートのモンブラを食べた美優は、父のことはどうでもいいから、祥平にグランメゾンで働くべきだと伝えて欲しいと言います。

すると尾花は、もう伝わっていると思うと答えるのでした。

 

美優が帰った直後、リンダがやってきて祥平がここに居るのだろうと店の奥まで入ってきます。

咄嗟に冷凍室に隠れた祥平は見つからずに済みますが、3日後にメイン料理の新メニューの試作品を食べに来て欲しいと言う尾花。

祥平が新メニューを考案する

改めて、自分が店に迷惑をかけていることを感じた祥平は、辞めると言い出します。

辞めてもいいけど迷惑をかけた分、料理で返せと言う尾花。

キジバトの火入れについて考える尾花と同時に、炭火で火入れすることを提案する祥平。

付け合わせを作ると言う倫子が、相沢にも声をかけると「ソースを作る」と答える相沢でした。

祥平がキジバトに熱を残して出したらどうかと提案し、片面だけパイ生地で包んだらどうかと言います。

京野が作ったパイ包みからヒントを得ていたのでした。

 

翌日、料理の準備を終えた祥平は、リンダが来る前に出て行こうとしますが、既にリンダがやってきていました。

尾花たちが時間をわざと遅めに伝えていたのでした。

祥平に料理を運ばせ、その料理に三つ星の価値はあるかと聞く尾花に「無い」と答え、帰って行くリンダ。

やはり迷惑をかけると店を去ろうとする祥平に、リンダを満足させられなくて悔しくないのかと聞きます。

自分たち全員が力を合わせれば三つ星を獲れると言う尾花の言葉を聞き、「グランメゾン東京で、みんなと一緒に料理を作りたいです!」と叫ぶ祥平。

 

祥平の言葉に安心した尾花に「できたな、最高のチームが」と声をかける京野。

その後尾花はミシュランの調査員が動き出したと聞き、マグロを使ったメニューで三つ星を獲ると言い出すのでした。

グランメゾン東京を動画配信で観るには?

グランメゾン東京はParaviで独占配信中です。

登録することで、2週間無料で視聴することができます。

引き続き視聴したい場合も、解約しなければ継続できるのでお手軽です。

継続する際は、2週間の無料体験終了日の翌日から、月額1,017円(税込)の料金が発生します。

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

まずは、2週間無料体験してみてはいかがでしょうか。

 グランメゾン東京1話~最終話を2週間無料体験で観る

※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

グランメゾン東京10話の感想

「グランメゾン東京」10話の感想を、ご紹介します。

この10話の中で、何度店を辞めると言ったか分からずじれったい思いをしましたが、最後の最後に本音を吐き出した祥平。

料理人を辞めることはもちろんですが、尾花のそばにいたいと言う気持ちやグランメゾン東京で料理を作りたいという気持ちはずっとあったのでしょうね。

尾花や京野も、ようやく祥平を仲間にすることができて、ホッとしたと思います。

 

京野が料理を作り、祥平に料理から逃げないように説得したシーンには、感動でした。

祥平を引き止めるためとは言え、覚悟を決めて諦めた料理を再びすることは、相当の思いが無いとできないですよね。

倫子に「ぼんやりした料理」と酷評されたのには笑いましたが、そのくだりも祥平のキジバトメニューでしっかり回収されていました♪

 

リンダは相変わらず横暴ですが、栞奈を使ってまでグランメゾン東京や祥平を潰そうとすることは、料理に対して冒とくのような気もしますよね。

迷惑を被った気持ちは分かりますが、信頼を失ったのなら今の仕事で返せばいいと思うのですが…。

私情を挟んで料理を評価する人の記事を、信用する人はいないですよね。

 

いよいよ次週最終回で、まだひと波乱ありそうですが、素敵な仲間たちが離れ離れになるラストだけはないように、祈りたいと思います。

 グランメゾン東京1話~最終話を2週間無料体験で観る

グランメゾン東京10話あらすじ・感想~祥平考案の新メニューにリンダは?~まとめ


「グランメゾン東京」10話のあらすじと感想をご紹介しました。

念願の祥平のグランメゾン東京加入で、満足感のある10話でした。

あとは三つ星の行方ですね。

新メニューも完成するのか、マグロ料理はどうなるのか、最後まで見守りたいと思います。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)