おっさんずラブ

おっさんずラブ-in the sky-最終回8話あらすじ・感想ラストでカップル2組誕生?

「おっさんずラブ-in the sky-」が、あっという間に最終回を迎えます!

それぞれの思いは一方通行でこじれたままですが、一体どうなるのでしょう?

黒澤が機長を引退するという話も気になります。

「おっさんずラブ」最終回8話のあらすじと、感想をお伝えします。

 

おっさんずラブ1話~最終回まで観るにはU-NEXTの無料トライアルもオススメ



おっさんずラブ最終回8話のあらすじ

「おっさんずラブ」最終回8話のあらすじを、まとめます。

黒澤の引退に動揺する春田たち

黒澤が機長を辞めると言い出し、困惑する春田たち。

春田は怜二に、黒澤がなぜ辞めるのかを問い詰めます。

改革の一つなのかと疑っていた春田でしたが、パイロットとしての限界を感じたため、自分から辞めると言い出したのだと聞かされます。

 

寮に居づらくなって出て行った四宮は、黒澤の家に泊めてもらっていました。

緋夏と3人で「3人とも春ちゃんにフラれた同士だ」と笑います。

 

翌日、成瀬と話す黒澤。

悪天候で福岡にフライトをした際、過去のフライト経験から決断してしまったことを悔いていることを話します。

結果論だとフォローする成瀬でしたが、理想の機長ではないと言う黒澤でした。

春田もまた、黒澤の引退について諦めきれない気持ちを伝えます。

くしゃみをする春田に、自分のマフラーを一緒に巻く黒澤。

春田は思わず「キャプテン~」と抱きつくのでした。

 

黒澤のラストフライトをどうするかと相談する春田たち。

するとそこに現れた怜二は「普通にするのが一番だよ」と言います。

キャプテンが通常通り運航して終われるようにしてあげようと言い、アルバムも作って渡そうと言う怜二。

 

四宮になぜ寮を出てしまったのかと文句を言う成瀬。

四宮は、春田とはうまく言っているのかと聞き、その言葉に成瀬は「は?」とキレかけます。

黒澤杯・相撲大会!

黒澤からのメモを受け取り、土手に集合した春田と成瀬、そして四宮。

少し遅れてやって黒澤は、それぞれが思い残すことがないようにと「黒澤杯・相撲大会」を開催します。

始めに四宮が黒澤に向かって行き、人を好きになった自分の気持ちを恥じるなと怒りながら投げ飛ばします。

その直後、後ろから不意に成瀬がしがみつきます。

春田と付き合うのかと聞く黒澤に、好きだけどそういう感情ではないと答える成瀬。

「自己完結型ベビーフェイスめ」と言いながら、もっと周りに心を開くように言うのでした。

そして春田が掴みかかって行くと「甘えん坊将軍め」と言いながら「お前に言う事は・・・何もない」と言います。

不満をあらわにする春田に、自分で考えるように言う黒澤。

最後は3人同時に黒澤に挑んでいき、みんなで黒澤に甘えるのでした。

 

久々に寮に戻り、料理を作ってくれた四宮。

成瀬も春田も嬉しそうに食べるのでした。

夜、春田を呼び出した成瀬は、黒澤のラストフライトをいつも通り頑張ろうと言います。

その後、今までの自分なら春田と軽い気持ちで付き合っていたと言う成瀬。

でも自分にとって春田は大切な人であり、大事なことをたくさん教えてくれた人だから付き合うことはできないと言います。

尊敬していると言われた春田は四宮を抱きしめ、2人で涙ぐむのでした。

黒澤のラストフライト


ラストフライト前のミーティングで、泣き出してしまう根古たち。

そんな中春田は、機内アナウンスを自分にやらせて欲しいと言い出すのでした。

 

機内アナウンスで、黒澤がラストフライトだと言うことを伝え、黒澤について語り始める春田。

黒澤と相撲をした話を交えながらも、黒澤の「誰かを幸せにしたい」という思いを受け継いで自分たちクルーはここにいると話します。

そしてその後、黒澤からもコックピットから挨拶があり「最後のフライトでの景色は一生忘れられない物になる」と言うと、お客様から拍手がおきるのでした。

 

フライトから戻った黒澤に、花束を渡す怜二。

その後一人ずつ、黒澤に感謝の気持ちを伝えたり、プレゼントのアルバムを渡したりします。

成瀬が「俺が機長になった時、お客さんとして一番に乗っていただけますか」と聞くと「もちろん」と答える黒澤。

そして自分の肩章を成瀬に渡します。

春田が居ないことに気づいた黒澤が辺りを見回していると、道端が春田からの伝言を差し出します。

動き出す4人の気持ち

寮で四宮が作ったグラタンに、成瀬が砂糖をかけます。

甘いものは好きだがさすがに無いと文句を言いますが、無理やり口に入れて食べさせる成瀬。

成瀬から口についたソースを拭われた四宮は、思わず成瀬に顔を近づけていきますが思いとどまります。

その直後、成瀬は四宮にキスをするのでした。

 

黒澤が指導教官として残ってくれることが決まったと伝える怜二。

その知らせに大喜びする根古たち。

 

黒澤を呼び出した春田は、黒澤に「好きです」と伝えます。

自分はもう前を向いていると言い、春田は優しいから困らせて無理に言わせているんだと言う黒澤。

ですが春田は、キャプテンの居ない生活は考えられないと言い、自分でもこの気持ちが何なのか分からないと答えます。

それでも一生キャプテンの隣で幸せ見つけられたらいい思ったと言い「キャプテンのこと、好きになってもいいですか?」と聞きます。

動揺し「嘘だ~、絶対に嘘だ~」と信じられない黒澤に、もう一度「キャプテンのこと、好きになってもいいですか」と尋ねる春田。

すると両手で大きく丸を作り「まる~~~~!」と答え、抱きしめ合う2人でした。

↓おっさんずラブシリーズを今すぐ観る↓


↓おっさんずラブ-in the sky-のDVD↓

おっさんずラブ最終回8話の感想

「おっさんずラブ」最終回8話の感想をご紹介します。

こじらせまくりだった4人ですが、最後の最後に、意外な展開が待っていました!

成瀬の気持ちに揺れてしまうシノさん、なんだか分かりますね~。

子犬のように自分を慕ってくれる存在を前にして、理屈抜きにかわいいと思ってしまったのでしょうね。

理性よりも本能が動いてしまったという感じでした。

そんなシノさんに、嬉しそうな笑みを浮かべるナル様。

女子力全開でした♪

 

そして!

まさかの春田からの告白。

もちろん春田が言ったように、自分でも分からない感情や尊敬の気持ちが大きいのだと思います。

でも、男女の恋愛でも尊敬から始まる愛はありますし、相手を尊敬できる方が長続きもしますよね。

思わぬ春田からの告白に戸惑う黒澤が、乙女でした。

 

正直、無理やりくっつけた感は否めませんし、春田と成瀬が結ばれるのを期待していた人には衝撃の結末でしょうね。

最後の告白での「正直この気持ちがなんなのか分からない」のセリフが無ければ、なぜ急に黒澤に心変わり?どのくだりで?と思ってしまいます。

前作では思いが届かなかった展開を考えると、前作とは異なるラストが用意されたのかもですね。

 

それにしても、黒澤杯…。

もう吉田鋼太郎さんの独壇場という感じでしたね。

なぜか途中から悪代官口調で、やりたい放題やり切ってくれました。

本当に愉快な仲間たちという感じで、最終回を迎えてしまったのが寂しいです。

↓おっさんずラブ-in the sky-のDVD↓

おっさんずラブ-in the sky-最終回8話あらすじ・感想~ラストでカップル2組誕生?~まとめ


「おっさんずラブ-in the sky-」最終回8話のあらすじと感想をお伝えしました。

成瀬とシノさんのカップルは予想していましたが、まさかの春田の告白は想定外でした。

4人とも、幸せになって欲しいですね。

 

おっさんずラブ1話~最終回まで観るにはU-NEXTの無料トライアルもオススメ



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA