シャーロック

シャーロック【月9】10話あらすじ・考察~江藤が守谷?シリーズ化熱望~

いよいよ最終回目前で、事件も大詰めの月9ドラマ「シャーロック」。

10話では、都知事の息子が誘拐されますが、守谷の影も!

ラストで守谷に心酔して罪を犯した刑事・市川が拘置所脱走というニュースも流れます。

守谷は江藤?との憶測も流れる中、シリーズ化や劇場版を早くも望む声が聞かれます。

月9「シャーロック」10話のあらすじと考察をしていきます。

シャーロック【月9】9話あらすじ・考察~レストラン内を移動する遺体の謎~守谷と獅子雄の対決が待たれる月9ドラマシャーロック。9話では有名イタリアンレストランを舞台に、殺人事件を推理する獅子雄。月9シャーロック9話のあらすじと考察をご紹介します。...

シャーロック10話のあらすじ

月9「シャーロック」10話のあらすじをご紹介していきます。

都知事の息子が誘拐される?

都知事の鵜飼の息子・椋介が誘拐される事件が発生し、獅子雄に捜査協力に来る江藤。

珍しく報酬を貰うことを条件に事件に乗り出す獅子雄は、若宮に世話になったからお金を渡すためだと言います。

 

早速、椋介の聖ルーク高校のライヘンバッハ学生寮に向かった獅子雄たちを、鵜飼の第二秘書である津崎が案内します。

椋介の部屋に行くと、同部屋でバスケ部の武内がいて話しを聞く江藤たち。

23時までは部屋にいたものの、その後の行方は分からず朝には居なくなっていたと言います。

寮の入り口近くの防犯カメラを調査していた小暮が椋介らしき人物を見つけ、津崎が確認します。

その様子と、映像に映った野球部員たちに目をやる獅子雄。

 

体育館に行き、バスケ部コーチの灰田に事情を聞く江藤でしたが、灰田の指導の仕方がパワハラではないかと指摘する若宮。

これは教育だと熱く言い返す灰田でした。

灰田のパワハラ

食堂にいた部員たちに話を聞く若宮は、灰田についても尋ねると、いいコーチだと口を揃えます。

そこに現れた獅子雄が若宮から抜き取った財布を見せ、これを賭けてフリースロー勝負をしようと言い出します。

勝ったら正直に話をする条件を出し、ゴミ箱に丸めた紙を入れて行く部員たちと若宮。

1人目以降はハズした部員たちでしたが、若宮は全て命中させます。

ですが部員の一人が紙を広げると、中から磁石が出て来るのでした。

ズルをしたから自分たちの勝ちだと財布を開けますが、中にお金は無く獅子雄の名刺があるだけでした。

そこには国際バスケットボール連合・スカウトマンとの肩書が記されていました。

 

2年の秋ごろから、椋介へのパワハラが目立っていたものの、鵜飼からのクレームにより椋介以外の部員たちにパワハラをするようになった灰田。

そのことで少なからず、椋介に対しても不満を持っていた部員たちでした。

 

鵜飼が高校を訪ねてきたため、校長室に行く江藤たち。

灰田は土下座をして、自分の厳しい指導で逃げ出したと言い謝罪しますが、鵜飼はそうは考えていませんでした。

都庁に戻り定例会見を開く鵜飼でしたが、その場で息子が誘拐され1億円要求されていることを公表してしまいます。

そこに犯人から「金を持って東京ドームに来い」と書かれた紙と椋介の写真が送られてきます。

すぐに車で東京ドームに向かう鵜飼でしたが、犯人は見あたらず失敗に終わるのでした。

安蘭と鵜飼の繋がり


鵜飼に安蘭が政治献金を渡していた記事が載った週刊誌を見せる若宮。

守谷に辿り着くために誘拐事件の依頼を受けたのだろうと指摘し、危険なことはするなと心配します。

事件は自分が解決するから、ピッキングのやり方を教えてくれと頼む若宮でした。

 

獅子雄がバスケの試合を観ている間、若宮は灰田の部屋にピッキングで忍び込もうとしていました。

上手くいかず道具を落としてしまいますが、下に鍵を見つけあっさりと中に入ります。

PCを開くと、そこには部員たちが厳しい指導を受けて苦しそうな顔をした映像が保存されていました。

体育館に江藤と小暮が来て、灰田を連行していきます。

灰田には加虐性癖があり、部員たちの苦しむ顔に興奮することを繰り返していたのでした。

 

試合後、竹内にお金を渡し「椋介を解放しろ」と言う津崎。

すると竹内は「津崎さんじゃないの?」とお互いに驚いた顔をします。

そこに現れた獅子雄は津崎に、鵜飼を悲劇のヒーローにすることで支持率上げるため、椋介の誘拐を企てたと指摘します。

さらに津崎は鵜飼の愛人の子供であり、椋介に対して嫉妬していたのでした。

竹内もまた、バスケ部で同じポジションながら椋介の影の存在で、嫉妬していました。

お金と試合への出場という報酬で、竹内を利用したのでした。

 

椋介の部屋に行き、発煙筒を焚く獅子雄と若宮。

部屋中に煙が充満したところで、天井裏から椋介が慌てて降りてきます。

津崎と竹内の計画を偶然知った椋介が、鵜飼と灰田への陥れるため自分で誘拐を決行したのでした。

鵜飼のマジシャンズセレクト

獅子雄と若宮は鵜飼を訪ね、事件の真相は鵜飼によるマジシャンズセレクトだと指摘します。

椋介の嫉妬心を利用し、功名心を煽りつつ自分の支持率を上げる方法を考えさせ、誘拐を誘導したのでした。

その時TVでニュースが流れ、獅子雄が釘付けになります。

拘置所から4人が脱走し、その中に地面師事件で守谷と繋がっていた刑事の市川が含まれていたのでした。

 

捜査本部が立てられますが、江藤の姿が無いことに気づく小暮。

その頃江藤は、屋上で君が代を歌っていたのでした。

シャーロック10話の感想・考察

「シャーロック」10話の感想と考察をお届けします。

今回も例に漏れず、前半での伏線を後半一気に回収する展開で、スッキリ感がありました。

明らかに怪しい津崎と竹内でしたが、2人が共謀していたというオチで、しかも実行犯は椋介本人。

そして津崎を影で誘導していたのが鵜飼だったという、三段構えでした。

 

いよいよ次週最終回を迎えますが、やはり一番気になるのは守谷と獅子雄の対決ですよね。

10話のラストで、屋上でなぜか君が代を歌っていた江藤…。

まさかの江藤が守谷なのでしょうか!

確かに守谷に関わる事件は全て江藤が依頼してきたものでした。

ただ、次週11話の予告に下記の内容がありました。

そんな時、新たにすべての脱走犯たちの名前が判明したというニュースが流れ、その中に守谷の名を見た獅子雄の表情が硬くなり…。

https://www.fujitv.co.jp/sherlock/story/story_11.htmlより引用

脱走犯となる守谷が本物だとしたら、江藤は市川と同じく守谷に洗脳された関係性を持っているのでしょうか。

もしくは脱走犯の守谷は替え玉で、やはり江藤が守谷本人。

どちらにしても、関りはありそうですね。

 

10話での都知事の息子が入っていた寮の名前が「ライヘンバッハ学生寮」でした。

ライヘンバッハと言えば、シャーロックの原作でシャーロックが宿敵のモリアーティ教授と対決して落ちてしまったのが「ライヘンバッハの滝」でした。

守谷は聖ルーク高校の関係者?

 

1週間が長く感じてしまいそうです。

シャーロック【月9】10話あらすじ・考察~江藤が守谷?シリーズ化熱望~


「シャーロック」10話のあらすじと考察をお届けしました。

最終回を前に守谷が誰なのか、江藤が守谷なのか、推理を深めていきたいと思います。

獅子雄と若宮のコンビが見られなくなると思うと、既にロス気味ですが、最後までカッコいい最強バデイ姿を見せて欲しいですね。

 

↓シャーロック1話~全話を今すぐ観る↓




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村