あらすじ

打ち上げ花火下から見るか横から見るかネタバレあらすじ・もしも玉で向かった世界とは?

映画「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」のあらすじをネタバレしていきます。

もしも玉によって繰り返される「もしも」の世界に、自然と引き込まれていく作品です。

映画「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」の結末までのあらすじネタバレをご覧ください。

 

↓打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?をU-NEXTの無料トライアルで観る↓

↓打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?のDVDはこちら↓

打ち上げ花火下から見るか横から見るかネタバレあらすじ・不思議な玉の力とは?

ここからは映画「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」のあらすじをネタバレしていきます。

出校日

海辺にある町、茂下町の中学1年生・島田典道は、8月1日の出校日に同級生たちと登校途中に及川なずなを見かけます。

なずなは海で不思議なガラスの玉を拾っていました。

登校後、なずなは担任の三浦に、母親から預かった手紙を手渡します。

母親が再婚することになり、夏休み中に引っ越すことになったなずな。

プールでの50M競争

当番でプール掃除に向かった典道と安曇祐介は、プールサイドで水着姿のなずなを見かけます。

祐介と50M競争をしようとしているとなずなもやりたいと言い出し、3人で競争することに。

1位になったなずな、2位の祐介に一緒に花火大会に行こうと誘い、5時に迎えに行くと約束をします。

足をぶつけてかなり遅れてゴールした典道は、2人の約束は聞こえていませんでした。

祐介の告白

同級生たちと、花火を横から見ると平べったく見えるか丸く見えるかで議論に。

確かめるためにみんなで5時に神社に集合して、茂下灯台から見ることになります。

帰宅すると、既に祐介が典道の部屋に上がりこんでゲームをしていました。

集合時間間近になったものの、典道の足のケガを見た祐介は自分の父親に診てもらうようすすめます。

家になずなが来ていたら、自分は行けなくなったと伝えて欲しいと言う祐介。

典道が要領を得ないでいると、プールでなずなから花火大会に誘われたことを打ち明けます。

典道の前では冗談半分になずなに告りたいと言っていた祐介でしたが、いざとなると怖気づいてしまったのでした。

連れ戻されるなずな

祐介の父親の病院を訪れた典道は待合室で待つ浴衣姿のなずなと遭遇し祐介が来ないことを伝えます。

思わず追いかけて行くと、プールで勝った方を花火に誘おうと思っていたことや、典道が勝と思っていたことを打ち明けます。

スーツケースについて尋ねると「家出してきたの」と答えますが、そこになずなの母親が現れて嫌がるなずなを連れて行ってしまいます。

そこに駆けつけた祐介たちはなずなの様子に驚きますが、ヘラヘラと笑っている祐介を見てカッとなり、殴る典道。

「もしも自分が競争で勝っていたら」と思いながらスーツケースからこぼれた玉を投げると、不思議な光に包まれます。

 

↓打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?をU-NEXTの無料トライアルで観る↓

打ち上げ花火下から見るか横から見るかネタバレあらすじ・もしも玉で時間が戻る?

映画「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」のあらすじを、引き続きネタバレしていきます。

花火に誘われる典道

時間が巻き戻り、プールでの競争に典道が勝ち花火に誘うなずな。

最初と同じように祐介たちと5時に約束した典道は、家に来た祐介を置き去りにしてなずなを乗せて自転車を走らせます。

2人は駅に向かい、駆け落ちをしようと言い出すなずな。

ですが、電車の到着と同時になずなの母親と再婚相手が現れて、結局連れ戻されてしまうのでした。

もしも玉

なずなが落としていった玉を持ったまま「もし俺がなずなと電車に乗っていたら」と考えていると、祐介たちが現れます。

一緒に灯台に花火を見に行くことに。

打ちあがった花火が平べったいのを見た典道は、この世界が普通の世界ではないと感じます。

「もしも俺がなずなと電車に乗ったら!」と叫びながら、「もしも玉」を力いっぱい投げます。

なずなの生い立ち

思った通り時間が再び巻き戻り、典道は駅のホームにいました。

なずなを連れ戻そうとする再婚相手の腕を掴んで止めようとした典道は、殴られるのを避けてなずなの手を取って電車に飛び乗ります。

電車の中でなずなは、自分の生い立ちを典道に告白。

なずなは母親と浮気相手との間にできた子どもで、駆け落ちして茂下町にやってきたものの父親は海の事故で亡くなってしまいます。

それから1年足らずで再婚相手を見つけた母親に対し、嫌悪感を抱くなずな。

駆け落ち?

これからどうするのかと尋ねる典道に、東京で2人で暮らそうと言うなずな。

「アイドルにでもなろうかな」と言い、母親がよくカラオケで歌っていた『瑠璃色の地球』を歌い出します。

途中、踏切で祐介たちになずなと一緒のところを見られてしまいます。

なずなのことが好きな祐介は怒って電車を追いかけてきて、なずなの母親たちも車で追いかけてきていました。

慌てた典道は電車を降り、なずなの手を取って逃げ出すのでした。

 

↓打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?をU-NEXTの無料トライアルで観る↓

打ち上げ花火下から見るか横から見るか結末のネタバレあらすじ

映画「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」の結末のあらすじをネタバレしていきます。

不思議な花火

灯台の上に上がった途端、打ちあがった花火を見て驚く典道となずな。

花びらのような不思議な形を見た典道は、この世界も普通の世界ではないと感じます。

そこに、祐介たちやなずなの母親たちの声が。

「もしも見つからなかったら2人でいられたのかな」と言い「もしも玉」を投げようとしますが、駆けつけた祐介に突き飛ばされて海に落ちてしまう典道となずな。

気づくと再び、電車の中に戻されていました。

もしもの世界

今度は祐介たちに見つからないように隠れた典道。

すると電車は、海の上を走り始めます。

典道はなずなに、不思議な「もしも玉」について話し始めます。

「もしも願いがかなう玉だったら」と言い、なずなが家に連れ戻された時に玉を投げたことを打ち明けますが、覚えていないなずな。

一日に何度も玉を投げて時間を戻したのだと告げると、信じると答えるなずなでした。

打ち上げられたもしも玉

駅に戻ると、そこはガラス玉の中のような不思議な光景が広がっていました。

海に飛び込んだなずなに「俺、なずなのことが…」と言いかけていると、海岸に落ちていた「もしも玉」を酔っぱらいの花火師が尺玉だと勘違いして打ち上げます。

打ち上がったかと思うとガラスの破片が花火のように散らばり、その中に「もしも」の世界を見るなずなたち。

飛んで来た破片を掴んだ典道は、その破片の中になずなと向き合いキスをする自分の姿を見てなずなの居る海に飛び込みます。

海の中でキスを交わすと、なずなは「次会えるのどんな世界かな」と言うのでした。

新学期が始まり、出欠が取られて典道の名前も呼ばれます。

「島田くん?」と何度も呼ばれますが、返事はありませんでした。

 

↓打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?をU-NEXTの無料トライアルで観る↓



↓打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?のDVDはこちら↓

打ち上げ花火下から見るか横から見るかネタバレあらすじ・まとめ

映画「打ち上げ花火下から見るか横から見るか」の結末までのあらすじネタバレをお届けしました。

何度もやり直してもしもの世界に行く典道となずなでしたが、結局は現実の世界が待っていたのですね。

それも分かった上で、典道はなずなと過ごしたかったのでしょう。

新学期が始まっても典道はなずなの余韻から抜け出せないのか、なずなの居ない教室に足が向かなかったのか…。

本当のところは分かりませんが、今度は現実の世界でなずなに会いに行けるといいですね。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)