あらすじ

映画るろうに剣心 京都大火編あらすじネタバレ・志々雄の本当の目的は?

佐藤健さん主演の映画「るろうに剣心 京都大火編」。

シリーズとしては2作目となる今作では、さらに豪華なキャストが揃い踏み。

圧倒的な存在感を放つキャラクター・志々雄の登場で、物語も凄みを増しています。

映画「るろうに剣心 京都大火編」の簡単なあらすじと、結末までのあらすじネタバレをしていきます。

映画るろうに剣心あらすじネタバレ・結末で剣心は薫を助けるため人斬りに戻る?和月伸宏さんのコミックが原作の映画「映画るろうに剣心」。佐藤健さん主演で好評を博しシリーズ化されている人気作品です。映画「るろうに剣心」の簡単なあらすじと、結末までのあらすじネタバレをしていきます。...

るろうに剣心をU-NEXTの無料トライアルで観る

↓るろうに剣心京都大火編 のDVDはこちら↓

るろうに剣心 京都大火編の簡単なあらすじ

「るろうに剣心 京都大火編」の簡単なあらすじをご紹介します。

かつては「人切り抜刀斎」との異名を持つ緋村剣心は、明治という新しい時代に入り、薫らと穏やかな日々を過ごしていました。

そんな中、新政府から獅子雄真実という男を討つよう命を受ける剣心。志々雄は剣心の後継者として「人斬り」を務めたものの、その後政府の裏切りによって焼き殺されたと思われていた男でした。

新政府への復讐のため、自ら戦闘集団を作り活動する志々雄。
さらに、剣心との戦いを目論む元お庭番衆・四乃森蒼紫も現れ…。

薫たちと楽しく暮らしていた剣心ですが、政府からの要請を受けてしまいます。

自分が「人斬り」を止めたため、新たな「人斬り」を生んでしまうことになったのだと、責任を感じてしまった剣心。

志々雄を止めることはできるのでしょうか。

るろうに剣心 京都大火編あらすじネタバレ・志々雄を止める決意をする剣心

ここからは「るろうに剣心 京都大火編」のあらすじをネタバレしていきます。

明治政府から、志々雄の国盗りを阻止するよう依頼される剣心。

志々雄を止めるべく京都に向かう決意をした剣心は、薫に別れを告げます。

志々雄討伐を依頼される剣心

元新選組の三番隊組長・斎藤一(江口洋介)が警官らとともに廃墟の中を進んで行くと、奥には全身を包帯に包まれた志々雄真実(藤原竜也)の姿がありました。

警官たちが炎の海へ落とされて行くのを見た斎藤は、志々雄に近づこうとしますが、その道を閉ざして姿を消してしまうのでした。

 

薫(武井咲)の道場で、恵(蒼井優)や左之助(青木崇高)らとともに穏やかな日々を過ごしていた剣心(佐藤健)。

そこに、明治政府の使いがやってきて、大久保利通(宮沢和史)の元へ連れていかれます。

剣心が「人斬り」を止めた後「影の人斬り」として政府の命で動いていた志々雄が、京都で戦闘集団を作り暗躍していることを告げる大久保。

志々雄は、新政府による裏切りで斬殺され、さらに身体を焼かれ死んだと思われていましたが、奇跡的に命を繋いでいたのでした。

報酬の他、恵のアヘン密造の罪も問わないなどの条件が出され、1週間後の5月14日まで考えて答えを出して欲しいと言われた剣心。

薫との別れ

https://www.instagram.com/p/B_WPcskAslD/?utm_source=ig_web_copy_link

5月14日、馬車で移動する大久保でしたが、突如馬車に乗り込んでくる人物が。

男は大久保の口を塞ぐと「この国は俺がいただく」という志々雄の伝言を口にした後、一撃で剣を突き立てて暗殺。

男の名は瀬田宗次郎(神木隆之介)と言い、志々雄の一派「十本刀」の中でも最強と言われる男でした。

その頃、志々雄の討伐を決意した剣心は、大久保の元に向かっていました。

道中、大久保の遺体を見た剣心は、内務省の川路(小市慢太郎)の元へ。

そこで、志々雄一派に惨殺されて運ばれた、多くの警官の遺体を見せられた剣心。

斎藤も現れ「これは戦争だ、京都で待ってるぞ」と言い残して行きます。

引き止める薫でしたが、志々雄を止めるのは自分の役目だと言い、薫を抱きしめ「今までありがとう、そして…さよなら」と伝える剣心でした。

操と出会う剣心

剣心に置いていかれて腹を立てる左之助が道場の外を歩いていると、抜刀斎を探しているという男が現れ闘いになります。

危うく殺されそうになる左之助でしたが、恵が止めて何とか無事でした。

京都に向かう途中、河原で少女・巻町操(土屋太鳳)に逆刃刀を盗まれてしまう剣心。

すぐさま追いかけて行った剣心に挑んできますが、逆刃刀であることを伝えると拍子抜けする操。

そこに「兄ちゃんを助けて」と懇願する血まみれの少年が現れ、案内された場所に行くと少年の兄は「志々雄に村が襲われた」と言い残し死んでしまいます。

村へ行ってみると、そこには倒壊された家屋とともに、少年の両親が吊るされて死んでいました。

突然鐘が鳴ったかと思うと、志々雄の手下たちが大勢現れます。

戦おうとする少年を止め手下たちを次々となぎ倒すと、宗次郎が現れて志々雄の元に剣心を案内するのでした。

 

るろうに剣心をU-NEXTの無料トライアルで観る

るろうに剣心 京都大火編あらすじネタバレ・逆刃刀・真打を手にする剣心

「るろうに剣心京都大火編 」のあらすじを、引き続きネタバレしていきます。

宗次郎との戦いで刀を折られてしまった剣心。

その後、赤井赤空の息子・青空から逆刃刀・真打を託されることに。

宗次郎との戦い

志々雄と対峙した剣心は、数々の所業が政府への復讐なのかと尋ねます。

ですが、志々雄は信じれば裏切られ、油断すれば殺されるという真実を前にして「俺がこの国を強くする。それが俺の正義だ」と語ります。

その言葉に怒りを覚えた剣心は「刀を取れ!」と挑みますが、剣心の刀を見た志々雄は「人斬りに戻って出直してきな」と宗次郎に相手をさせるのでした。

同じく抜刀術の構えで応戦した宗次郎のスピードは速く、剣心と互角かに見えました。

ですが、人を殺めることに迷いのない宗次郎のキレが勝り、剣心は逆刃刀を折られてしまうのでした。

その後、隠れ家に辿り着いた志々雄は、佐渡島(滝藤賢一)に「十本刀」を招集するように指示。

その頃、東京の道場では左之助が京都に向かおうとしていました。

恵から薬を渡された左之助は「あいつの傷を癒すのは俺じゃない」と、薬の半分を薫に渡すのでした。

修羅に堕ちた蒼紫

https://www.instagram.com/p/B-I0ZN2AmFp/?utm_source=ig_web_copy_link

操に葵屋に連れて行かれた剣心は、そこで柏崎念至(から四乃森蒼紫(伊勢谷友介)についての話を聞かされます。

柏崎らは旧幕府の隠密御庭番でした。

中でも、江戸城を影で守った一党の御頭・蒼紫は、幕府によって仲間たちの命を奪われ、守るものを失い修羅に堕ちてしまったのです。

その怒りはただ一人、緋村抜刀斎に向かったのものの、操はそのことは知らず今でも蒼紫を慕っているのでした。

剣心は柏崎に、折れた逆刃刀の生みの親である新井赤空(中村達也)の居場所を探し出して貰い会いに行きます。

ですが赤空は既に他界し、息子の青空(渡辺大)は包丁などの生活品しか作っていないと言い刀を打つことは断ります。

その直後、十本刀の一人である沢下条張(三浦涼介)が現れ、赤空が最後に打ったと言われる刀を差しだすよう言い赤ん坊の伊織を人質に。

逆刃刀・真打

伊織をさらった張を神社で見つけた剣心は、刀が折れているため鞘で応戦。

張は赤空の後期型殺人剣で挑みかかり、伊織を命に代えても守るという剣心の言葉を聞いた青空は社に向かいます。

激戦の中、神社に戻り剣心に「父の最後の一振りです」と刀を投げた青空。

そこに薫と弥彦(大八木凱斗)も駆けつけます。

中々剣を抜こうとしない剣心を見かねた張が伊織を斬ろうとした瞬間、刀を一振りする剣心。

すると張はその場に倒れてしまいますが、弥彦が確認するとそれは逆刃刀でした。

青空から託された剣は殺人剣ばかり打ってきた悔恨を込めた御神刀で、2本打ったうちの出来のいい刀・真打でした。

かつて剣心が赤空から渡された逆刃刀は、その影打だったのです。

 

るろうに剣心をU-NEXTの無料トライアルで観る


るろうに剣心 京都大火編結末のあらすじネタバレ・京都大火決行で志々雄の目的は果たされる?

View this post on Instagram

鳥肌。 #るろうに剣心京都大火編

A post shared by Mackey (@t_mksk) on

「るろうに剣心 京都大火編」の結末のあらすじネタバレをご紹介します。

京都大火決行

志々雄の隠れ家では十本刀が集められ、京都大火が宣言されます。

捕らえた張から、志々雄の計画を聞き出す斎藤。

利害関係で繋がっているだけで忠誠心はないため、アッサリと京都大火の日時について白状します。

操たちも柏崎の指示の元、京都を守る準備を始め、薫や弥彦も共に行動することに。

花火が打ちあがった直後、志々雄の手下たちが巨大なたいまつとともに現れ、待ち構える警官たちに向かってきます。

その頃、葵屋の柏崎の元には抜刀斎を探す蒼紫が姿を現していました。

「目を覚ませ」と言う柏崎の言葉には耳を貸さず「俺の幕末は終わってはいない」と切りかかる蒼紫。

志々雄の本当の目的は?

炎の中、志々雄の影武者が多数現れ、戦いは激しくなります。

一方、蒼紫が戻ったとの知らせを受けて向かった操は、蒼紫が柏崎にトドメを刺す瞬間を目撃。

斎藤や左之助らとともに志々雄の影武者を倒した剣心は、あまりに簡単に片がついたことや、志々雄や十本刀の姿がないことを不審に思います。

幕末に維新側が勝利した歴史をなぞると考えた剣心は、志々雄の本当の目的は東京だと気づきます。

さらに薫の安否を心配した剣心は、薫が宗次郎に拉致され馬で走り去るのを見て追跡。

追いかけた先には巨大な船があり、志々雄と対峙し「どっちが最強の人斬りか決着をつけよう」と言われます。

怒りに任せて斬り合いになるものの、佐渡島が薫を海に突き落とすのを見て剣心も海へ。

 

島に打ち上げられ気を失っている剣心を、抱えて運ぶ男がいました。

 

るろうに剣心をU-NEXTの無料トライアルで観る



るろうに剣心京都大火編 のDVDはこちら↓

映画るろうに剣心 京都大火編あらすじネタバレ・まとめ

映画「るろうに剣心 京都大火編」の簡単なあらすじと、結末までのあらすじネタバレをお届けしました。

自分を裏切った政府への恨みが志々雄を生かしているのでしょう。

さらに、生きる意味を失い蒼紫を修羅に堕としたのも幕末の動乱です。

戦うことでしか生きる意味を見出せない哀しさを感じる反面、その中にあってもその先にある新時代を生きる者たちを守ろうとする剣心に救いも。

3作目となる「伝説の最期編」では、どんな最期が待っているのでしょうか。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA